文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19964-20091)/22132

「十八日。 "Eighteenth day. 陰。 shadow. 風。 Wind. 小雨。 light rain. 近日軽寒、稍与二月気候相似。」 Slight cold in the near future, similar to Yoyo-February climate. " 一戸の記に拠れば、武揚は是日松平太郎、荒井郁之助、大鳥圭介等と与に出…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19811-19963)/22132

伊庭も亦兵を出した。 Iba also sent a mercenary. 「十五日。 "Fifteenth. 晴。 Sunny. 諸藩出張之兵大半青森より乗船渡海之事。 Morohon business trip soldier from the Aomori boarding ship seafaring. 御薬用に而青森行。」 I went to Metaomori for m…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19659-19810)/22132

「十一日。 "Ten days. 晴。 Sunny. 中野村逗留。」 Nakanomura Shiodome. " 「十二日。 "twelve days. 晴。 Sunny. 午刻より中野出立。 Established Nakano from noon. 黒石城下通りより浅瀬石村大病院へ立寄一宿。 A stopover from Kuroishi Castle Street…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19470-19658)/22132

是は良子刀自所蔵の駿藩留守居より辨官に呈した文書に徴して知るべきである。 It should be known from the document presented to the eunuch from the Shiodome residence of Ryoko Katana. 此年棠軒三十五、妻柏三十四、子平安十、紋次郎二つ、女長十五、…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19301-19469)/22132

「七日。 "seven days. 陰。 shadow. 朝青森湊へ賊艦二艘来著、無程退帆、夜六時頃津軽領平館(八里)へ右賊艦相廻、十四五人上陸いたし候由風聞有之。」 Abandoned by a bandit ship to Aso Aomori, unfortunately withdrawn, around 6 o'clock Tsugaru Ryo…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19182-19300)/22132

「十四日。 "14th. 雪。 snow. 逗留。」 Shiodome. " 「十五日。 "Fifteenth. 晴。 Sunny. 夕雨。 Evening rain. 同断。」 I agree. " 「十六日。 "Sixteenth day. 晴。 Sunny. 後雨。 After rain. 船|直。」 Ship | " 「十七日。 “Seventeenth day. 雨巳刻…

伊沢蘭軒:森 鴎外(19082-19181)/22132

伊沢分家の交際の範囲を徴すべきがためである。 This is because the range of dating with the Izawa branch should be taken. 「福山出立前見立人伊藤誠斎、安石、玄高、全八郎、洞谷、金八郎、乙平。 “Shinsai Ito, Fukuyama ’s founders, Yasushi, Genta…

伊沢蘭軒:森 鴎外(18993-19081)/22132

棠軒等の往反は、福山にあつた諸老臣が喪を秘して使を派し、継嗣の事を江戸邸の人々に謀つたのではなからうか。 Isn't it because the vassals of Fukuyama secretly mourned and sent messengers to the people of the Edo residence? 手島七兵衛は明治二年…

伊沢蘭軒:森 鴎外(18926-18992)/22132

「十一月朔日、御前髪被為執候為御祝、金二百疋被成下。 "November eve, celebration of the bangs and the congratulations for the bangs. 十一月三日、征長御出馬御供被仰付、出立す。」 On November 3rd, the supremacy of the supremacy of the quest i…

伊沢蘭軒:森 鴎外(18867-18925)/22132

「貴著伊沢蘭軒中松田道夫君の事を記載有之、始て同君の前生活を知ることを得、一驚を喫候。 “Your work describes Mr. Izawa Ranken Nakamichi Michio Matsuda, getting to know his previous life for the first time. 判事松田道夫君は昔年津山の昌谷千里…

伊沢蘭軒:森 鴎外(18811-18866)/22132

当時わたくしは青山の水野邸にゐたが、後土地家屋を買つて遷つた。 At that time, I went to the Mizuno residence in Aoyama, but later bought a land house. それが此家である。」 That is this house. " 志村良※さんの談話は此に終る。 This is the end …

伊沢蘭軒:森 鴎外(18758-18810)/22132

お春さんの弟は浅草の穀屋であつた。」 Her younger brother was an Asakusa grain shop. " 「文久三年将軍家茂上洛の時、柏軒先生が随員の命を受けて、※船に乗ることを嫌つたのは、当時の人の皆知る所であつた。 “At the time of the Bunkyu 3rd year Shogu…

伊沢蘭軒:森 鴎外(18707-18757)/22132

文久三年柏軒に随つて京都に赴き、その病を得るに及んで、同行の塩田、踵いで至つた清川即当蒔の多峰と倶に看護に力を竭し、易簀の日に至るまで牀辺を離れなかつたことも亦同じである。 Bunkyu Sannen went to Kyoto following the Eiken and got the diseas…

伊沢蘭軒:森 鴎外(18644-18706)/22132

尋で廃藩の日に至つて、禄十二石を給せられ、幾もなくこれを奉還した。 On the day of the ruins, he was given a twelve stones and soon returned. 六年二月孫の家が火け、悉く資財を失ひ、塩田真に救はれて僅に口を糊した。 In February of 6 years, the …

伊沢蘭軒:森 鴎外(18585-18643)/22132

嘉永元年孫十一歳にして榛軒の門に入つた。 】 I entered the gate of the Eiken at the age of 11 years old. 五年榛軒が歿して、孫は十五歳にして柏軒の門に転じた。 Five years later, the grandson died, and the grandson turned to the gate at the ag…