文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

なかじきり:森 鴎外(1-68)/68

なかじきり Nakajikiri 森鴎外 Ogai Mori 老いはようやく身に迫ってくる。 Aging is finally approaching. 前途に希望の光が薄らぐとともに、みずから背後の影をかえりみるは人の常情である。 As the light of hope diminished ahead, it was a normal human…

独身:森 鴎外(308-344)/344

大野はその時の事を思い出して、また覚えず微笑した。 Ohno remembered that time and smiled without remembering it again. 大野は今年四十になる。 Ohno will be forty this year. 一度持った妻に別れたのは、久しい前の事である。 It was a long time ag…

独身:森 鴎外(246-307)/344

入院している子供は皆|懐いている。 All the children in the hospital | I miss them. 好く世話をして遣るそうだ。 He seems to take good care of him. ただおりおり御託宣があるのだ。」 However, there is a decree. " 寧国寺さんは、主人と顔を見合せ…

独身:森 鴎外(172-245)/344

跡に残っている本のうちには、何か御覧になるようなものもあろうかと思いましたので一寸お知らせに参りました。」 I was wondering if some of the books left in the trace would be something to see, so I came to the news. " 「それは難有う。 "It's di…

独身:森 鴎外(112-171)/344

跡は端折って話すよ。 I'll break the traces and talk. しかしも一つ具体的に話したい事がある。 However, there is one specific thing I would like to talk about. それはこうなのだ。 It's like this. 下女がある晩、お休なさいと云って、隣の間へ引き…

独身:森 鴎外(53-111)/344

酒は自分では飲まないが、心易い友達に飲ませるときは、好な饂飩を買わせる。 I don't drink alcohol myself, but when I want my friendly friends to drink it, I ask them to buy their favorite udon noodles. これも焼芋の釜の据えてある角から二三軒目…

独身:森 鴎外(1-52)/344

独身 Single 森鴎外 Ogai Mori 壱 one 小倉の冬は冬という程の事はない。 The winter in Kokura is not so much as winter. 西北の海から長門の一角を掠めて、寒い風が吹いて来て、蜜柑の木の枯葉を庭の砂の上に吹き落して、からからと音をさせて、庭のあち…

津下四郎左衛門:森 鴎外(633-669)/669

「皇后陛下御|入輿の儀に付ては、維新前年より二条殿、中山殿等|特の外心配致され、両卿より忠至に心懸御依頼に付奔走の折柄、兼て山陵の事に付懇意たりし若江修理大夫娘薫儀、一条殿姫君御姉妹へ和歌其外の御教授申上居事を心付き、同人へ皇后宮の御事相…

津下四郎左衛門:森 鴎外(581-632)/669

旧臘幕府暴政之節|被戮候者祭祀迄|被仰出候由、既に死候者は被為祭、生きたる者は被戮候|而者、御政体|不相立御儀と奉存候。 Former Shogunate Tyranny Bushi | Until the ritual of the victims | The reason for the appearance, the dead people ar…

津下四郎左衛門:森 鴎外(542-580)/669

そしてこれを横井の手に成れりとせむには、余りに拙である。 And it is too poor to put this in Yokoi's hands. 四郎左衛門等はこれを読んで、その横井の文なることを疑はなかつた。 Shirozaemon and others read this, and there was no doubt that it was…

津下四郎左衛門:森 鴎外(490-541)/669

堂上家の某が家を脱して、浪人等を募集し、皇室を守護せむことを謀つた。 A certain member of the Dojo family left the house, recruited ronin, etc., and attempted to protect the imperial family. その浪人を以て員に充てむと欲したのは、諸藩の士に…

津下四郎左衛門:森 鴎外(442-489)/669

私が老成人になつてゐたためかも知れぬが或は私の神経が鈍くなつたためだとも思へば思はれる。 Maybe it's because I'm an old adult, or maybe it's because my nerves are dull. 私はもうあきらめた。 I have already given up. 譲歩に譲歩を重ねて、次第…

津下四郎左衛門:森 鴎外(385-441)/669

愛国者である。 Patriot. 生命財産より貴きものを有してゐた入である。 It is an entry that has something more precious than life property. 理想家である。 An idealist. 私はかう信ずると共に、聊自ら慰めた。 I believed in it and comforted myself. …

津下四郎左衛門:森 鴎外(333-384)/669

私は今は記えてゐぬが、父の訃音が聞えた時、私はどうして死んだのかと尋ねたさうである。 I can't remember now, but when I heard my father's noise, I asked him why he died. 母が私に斬られて死んだと答へた。 I answered that my mother was killed b…

津下四郎左衛門:森 鴎外(292-332)/669

且憂国之正士を構陥讒戮し、此頃|外夷に内通し、耶蘇教を皇国に蔓布することを約す。 In addition, he defeated Masashi Kuniyuki, and at this time, he promised to spread Yaso religion to the empire by going inside the vine. 又朝廷の急務とする所…