文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

百物語:森 鴎外(36-76)/294

依田さんの前には、大層身綺麗にしている、少し太った青年が恭しげに据わって、話をしている。 In front of Yoda, a little fat young man who is clean and thick is standing and talking. 僕は依田さんに挨拶をして、少し隔たった所に割り込んだ。 I gree…

百物語:森 鴎外(1-35)/294

百物語 Hundred stories 森鴎外 Mori Ogai 何か事情があって、川開きが暑中を過ぎた後に延びた年の当日であったかと思う。 I think that it was the day of the year that the river opening was extended after the summer due to some circumstances. 余程…

文づかい:森 鴎外(194-214)/214

われよりの願いと人に知られで宮づかえする手だてもがなとおもい悩むほどに、この国をしばしの宿にして、われらを路傍の岩木などのように見もすべきおん身が、心の底にゆるぎなき誠をつつみたもうと知りて、かねてわが身いとおしみたもうファブリイス夫人へ…

文づかい:森 鴎外(164-193)/214

されどこの宮居に慣れたるまろうどたちは、こよいこれに心とどむべくもあらねば、前座敷にゆきかう人のおりおり見ゆるのみにて、足をとどむるものほとほとなかりき。 However, if the children who are used to the shrine no matter what they are looking …

文づかい:森 鴎外(146-163)/214

階の両側のところどころには、黄羅紗にみどりと白との縁取りたる「リフレエ」を着て、濃紫の袴をはいたる男、項をかがめて瞬きもせず立ちたり。 In the places on both sides of the floor, a man who wears a “refleet” bordered by green and white, and w…

文づかい:森 鴎外(129-145)/214

大臣の夫人はこの君の伯母御にあたりて、姉君さえかの家にゆきておわすというに、はじめてあえること国人の助けを借らでものことなるべく、またこの城の人に知らせじとならば、ひそかに郵便に附してもよからんに、かく気をかねて希有なる振舞いしたまうを見…

文づかい:森 鴎外(106-128)/214

ここにつどえる将校百三十余人のうちにて、騎兵の服着たる老将官の貌きわめて魁偉なるは、国務大臣ファブリイス伯なりき。 Among the more than 130 officers that can be found here, the appearance of an old general dressed as a cavalry is the county…

文づかい:森 鴎外(80-105)/214

「十年ばかり前のことなるべし、ここより遠からぬブリョオゼンという村にあわれなる孤ありけり。 “It should be 10 years ago, and there will be a loneliness in a village called Bryozen, not far from here. 六つ七つのときはやりの時疫にふた親みなな…

文づかい:森 鴎外(56-79)/214

給仕のおとこ小盞に焼酎のたぐいいくつかついだるを持てく。 You can bring some shochu shochu to your serving man. あるじのほかには誰も取らず、ただ大隊長のみは、「われ一個人にとりては『シャルトリョオズ』をこそ」とてひと息に飲みぬ。 No one take…

文づかい:森 鴎外(26-55)/214

わがはじめて入るドイツ貴族の城のさまいかならん。 What about the German noble castle that I entered for the first time? さきに遠く望みし馬上の美人はいかなる人にか。 What kind of person is the beautiful woman on the horse that I wanted long …

文づかい:森 鴎外(1-25)/214

文づかい Writing 森鴎外 Mori Ogai それがしの宮の催したまいし星が岡茶寮のドイツ会に、洋行がえりの将校次をおうて身の上ばなしせしときのことなりしが、こよいはおん身が物語聞くべきはずなり、殿下も待ちかねておわすればとうながされて、まだ大尉にな…

うたかたの記:森 鴎外(364-391)/391

老女は聞きも畢らず、窓の戸を開け放ちたるままにて、桟橋の畔に馳出で、泣く泣く巨勢を扶けて、少女を抱きいれぬ。 The old woman didn't hear, and she kept the door open and at the pier shed the weeping cries of the weeping giants and hugged the …

うたかたの記:森 鴎外(328-363)/391

少女、「庭なる椅子は濡れたり。 Girl, "The garden chair gets wet. さればとて屋根の下は、あまりに暑し。 Under the roof, it was too hot. しばし我を載せて漕ぎ玉へ。」 Put me for a while and go to a rowing ball. " 巨勢はぬぎたる夏外套を少女に被…

うたかたの記:森 鴎外(288-327)/391

さればいかでとおもふおん身に、真心打明けてきこえむもここにてこそと思へば、かくは誘ひまつりぬ。 If you think so, you will not be tempted to ask if you think that you are here in the future. 『カッフェエ・ロリアン』にて恥かしき目にあひけると…

うたかたの記:森 鴎外(240-287)/391

悲しきことのみ多ければ、昼は蝉と共に泣き、夜は蛙と共に泣けど、あはれといふ人もなし。 If there are only so many sad things, we will cry with noon day by day, weep with night by night, and there will be no good people. おん身のみは情なくあざ…