文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

細木香以:森 鴎外(163-210)/796

父竜池がこの頃の友には、春水、良斎、北渓よりして外、猶勝田|諸持があった。 Father Ryuike was a friend of this time, outside of Harusui, Ryosai, and Hokkei, and Katsuta | 諏訪町の狂歌師|千種庵川口|霜翁の後を襲いで、二世千種庵と云う。 Kyok…

細木香以:森 鴎外(107-162)/796

団子坂の下に当時千樹園と云う植木屋があった。 There was a gardener called Senjuen at that time under the dumpling slope. 父は千樹園の主人を識っていたので、比丘尼の家の事を問うた。 My father knew the owner of Chijuen, so he asked about the h…

細木香以:森 鴎外(53-106)/796

妓楼は深川、吉原を始とし、品川へも内藤新宿へも往った。 The galleries started in Fukagawa and Yoshiwara, and went to Shinagawa and Naito Shinjuku. 深川での相手は山本の勘八と云う老妓であった。 The opponent in Fukagawa was a prostitute named …

細木香以:森 鴎外(1-52)/796

細木香以 Kaori Hosoki 森鴎外 Ogai Mori 一 One 細木香以は津藤である。 Kaori Hosoki is Tsuto. 摂津国屋藤次郎である。 This is Tojiro Settsu Kuniya. わたくしが始めて津藤の名を聞いたのは、香以の事には関していなかった。 The first time I heard Ts…

木精:森 鴎外(63-112)/112

フランツはどうも木精の事が気に掛かってならないので、また例の岩の処へ出掛けた。 Franz didn't care about Kisei, so he went to the rocks again. この日丁度|午過から極軽い風が吹いて、高い処にも低い処にも団がっていた雲が少しずつ動き出した。 Jus…

木精:森 鴎外(1-62)/112

木精 Kisei 森鴎外 Ogai Mori 巌が屏風のように立っている。 Iwao stands like a folding screen. 登山をする人が、始めて深山薄雪草の白い花を見付けて喜ぶのは、ここの谷間である。 It is in the valley here that climbers are delighted to find the whi…

護持院原の敵討:森 鴎外(672-698)/698

それから筒井の褒詞を受けて酉の下刻に引き取った。 Then I received Tsutsui's praise and took it to the rooster. 続いて酒井家の大目附から、町奉行の糺明が済んだから、「平常通心得べし」と、九郎右衛門、りよ、文吉の三人に達せられた。 Subsequently…

護持院原の敵討:森 鴎外(622-671)/698

三人が三方からじりじりと詰め寄った。 The three squeezed together from three sides. 縄をほどかれて、しょんぼり立っていた虎蔵が、ひょいと物をねらう獣のように体を前屈にしたかと思うと、突然りよに飛び掛かって、押し倒して逃げようとした。 Torazo,…

護持院原の敵討:森 鴎外(556-621)/698

神田橋外|元護寺院二番原に来た時は丁度|子の刻頃であった。 Outside Kandabashi | When I came to Motogoji Nibanbara, it was just the time of my child. 往来はもう全く絶えている。 The traffic is completely gone. 九郎右衛門が文吉に目ぐわせをし…

護持院原の敵討:森 鴎外(504-555)/698

己はびっくりしたよ。 I was surprised. 好くずうずうしく帰って来やがったと思いながら、おい、亀と声を掛けたのだ。 He called out to the turtle, thinking that he had come home with a stubbornness. すると、えと云って振り向いたが、人違をしなさん…

護持院原の敵討:森 鴎外(461-503)/698

暮六つが鳴ると、神主が出て「残りの番号の方は明朝お出なさい」と云った。 When the six priests rang, the priest came out and said, "Go out tomorrow morning for the remaining numbers." 次の日には未明に文吉が社へ往った。 The next day, Fumiyoshi…

護持院原の敵討:森 鴎外(398-460)/698

じっとして網を張っていたって、来て掛かりっこはありませんが、歩いていたって、打っ附からないかも知れません。 Even if you keep the net, you don't come and hang up, but even if you walk, you may not be able to hit it. それを先へ先へと考えてみ…

護持院原の敵討:森 鴎外(340-397)/698

足腰の立つ間は、よしやお暇が出ても、影の形に添うように離れぬと云うのであった。 It was said that while he was standing on his feet, he would not leave to follow the shape of the shadow, even if he had some good time. さすがの九郎右衛門も詞…

護持院原の敵討:森 鴎外(291-339)/698

ようようその場を取り繕って寺を出たが、皆|忌々しがる中に、宇平は殊に落胆した。 I repaired the place and left the temple, but Udaira was particularly disappointed while everyone was disgusted. 一行は福田、小川等に礼を言って長崎を立って、大…

護持院原の敵討:森 鴎外(247-290)/698

二十六日の夕方には、下山して橋本にいたのを人が見た。 On the evening of the 26th, a person saw him descending to Hashimoto. それからは行方不明になっている。 It has been missing since then. 多分四国へでも渡ったかと云うことである。 Perhaps he…