文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

青年:森 鴎外(3043-3081)/3777

それが分かっているとすれば、この語の説明に必然伴って来る具体的の例が、どんなものだということも分かっていなくてはならない。 If we know it, we also need to know what exact examples come along with the explanation of this word. 実際少しでも独…

青年:森 鴎外(3002-3042)/3777

一種の探検である。 It is a kind of exploration. ※びた鉄瓶、焼き接ぎの痕のある皿なんぞが、それぞれの生涯の ruine を語る。 * Bottle iron bottles and dishes with traces of burning joints talk about each lifetime ruine. きょう通って見ても、周…

青年:森 鴎外(2956-3001)/3777

要するに芸術家らしい芸術家は、恐らくは sport に熱中することがむずかしかろうと云うのである。 In short, an artist like an artist probably says that it will be difficult for you to become enthusiastic about the sport. 純一は思い当る所があるら…

青年:森 鴎外(2902-2955)/3777

「なぜ人間は年を取るに従って偽善に陥ってしまうでしょう」 "Why do humans get hypocritical as they get older?" 「そうさね。 "That's right. 偽善というのは酷かも知れないが、甲らが硬くなるには違いないね。 Hypocrisy may be cruel, but the instrum…

青年:森 鴎外(2858-2901)/3777

生が万有を領略してしまえば、個人は死ぬる。 If life unravels all things, individuals die. 個人主義が万有主義になる。 Individualism becomes the universalism. 遁世主義で生を否定して死ぬるのとは違う。 It is different from dying by denying life…

青年:森 鴎外(2804-2857)/3777

大村は手に持っていた紙巻の消えたのを、火鉢の灰に挿して語り出した。 Omura inserted the disappearance of the cigarette in his hand into the ash of a brazier and told it. 「そうだね。 "Yeah. そんなら無遠慮に大風呂敷を広げるよ」大村は白い歯を…

青年:森 鴎外(2758-2803)/3777

僕は国の中学にいた頃、友達にさそわれて、だいぶ学問のある坊さんの所へちょいちょい行ったことがあります。 When I was in junior high school in the country, my friends told me to go to a place with a lot of academics for a while. 丁度その坊さん…

青年:森 鴎外(2719-2757)/3777

何の木か純一には分からないが広い緑色の葉の茂った木である。 I do not know what kind of tree Junichi, but a tree with thick green leaves. 登り登って、扉のように開いている枝に手が届いた。 I climbed up and reached the branch that is open like …

青年:森 鴎外(2668-2718)/3777

名刺という形見を手に持っていながら、おちゃらの表情や声音が余りはっきり純一の心に浮んでは来ない。 While holding a memorandum as a business card, the expressions and voices of the girls are not clearly clear in the mind of Junichi. 着物の色…

青年:森 鴎外(2629-2667)/3777

帰りの切符を出して、上野広小路への乗換を貰った。 I got a ticket on the way back and got a transfer to Ueno Hirokoji. そして車掌に教えられて、廐橋の通りで乗り換えた。 And I was taught by the conductor, and I changed trains on the bridge. こ…

青年:森 鴎外(2568-2628)/3777

上着と下着との裾をぐっとまくって、帯の上に持て来て挟む。 Roll over the hem of the outerwear and undergarment, hold it across the belt and pinch it. おちゃらは緋の友禅摸様の長襦袢、今一人は退紅色の似寄った摸様の長襦袢が、膝から下に現れる。 …

青年:森 鴎外(2517-2567)/3777

社会のあらゆる方面は、相接触する機会のある度に、容赦なく純一の illusion を打破してくれる。 Every aspect of society breaks down a genuine illusion every time there is opportunity to contact each other. 殊に東京に出てからは、どの階級にもせよ…

青年:森 鴎外(2463-2516)/3777

しかし老妓は憎い。 However, old girls hate. 芸者は残忍な動物である。 Geisha are brutal animals. これが純一の最初に芸者というものに下した解釈であった。 This was the interpretation given to geisha at the beginning of Junichi. 突然会話の続き…

青年:森 鴎外(2409-2462)/3777

諸君に宜しく申してくれと云うことでありました。 It was said that I would like you to ask my best. どうぞ跡の諸君は御ゆっくりなさるように願います。 Please as soon as you can care about the trace. 只今|別品が参ります」 Now, another item will…

青年:森 鴎外(2358-2408)/3777

学生のいないところでは呼ぶ芸者を、いるところで呼ばないなんて、そんな美徳はないよ」 There is no such virtue that you should not call a geisha you call where you do not have a student where you are. " 「しかし世間というものはそうしたもので、…