文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

伊沢蘭軒:森 鴎外(36-82)/22132

就中徳さんの輯録した所の材料には、「右蘭軒略伝一部帝国図書館依嘱に応じ謹写し納む。 The material recorded by Tokuchu Tokunaka says, “Some copies of the right-ranking eaves story will be copied according to the Imperial Library. 大正四年四月…

伊沢蘭軒:森 鴎外(1-35)/22132

伊沢蘭軒 Izawa Ranken 森鴎外 Mori Ogai その一 One of them 頼山陽は寛政十二年十一月三日に、安藝国広島国泰寺裏門前|杉木小路の父春水の屋敷で、囲の中に入れられ、享和三年十二月六日まで屏禁せられて居り、文化二年五月九日に至つて、「門外も為仕度…

雁:森 鴎外(1993-2056)/2056

石原も女を見ることは見たが、只美しい女だと思っただけで意に介せずにしまったらしかった。 I saw Ishihara seeing a woman, but just wanted to think that she was a beautiful woman. 石原はまだ饒舌り続けている。 Ishihara is still lingering. 「僕は…

雁:森 鴎外(1940-1992)/2056

「岡田君の外套が一番大きいから、あの下に入れて持って貰うのだ。 “Okada ’s coat is the biggest, so I ’ll bring it underneath. 料理は僕の所でさせる」 Let me cook at my place. " 石原は素人家の一間を借りていた。 Ishihara borrowed an amateur hou…

雁:森 鴎外(1869-1939)/2056

それからWさんに附いて九州を視察して、九州からすぐに Messagerie Maritime 会社の舟に乗るのである。 Then I visit Kyushu with Mr. W and immediately get on the boat of Messagerie Maritime company from Kyushu. 僕は折々立ち留まって、「驚いたね」…

雁:森 鴎外(1808-1868)/2056

中には停止して動かぬのもある。 Some stop and don't move. 「あれまで石が届くか」と、石原が岡田の顔を見て云った。 “Is it possible to reach the stone?” Ishihara looked at Okada's face. 「届くことは届くが、中るか中らぬかが疑問だ」と、岡田は答…

雁:森 鴎外(1752-1807)/2056

お玉の目はうっとりとしたように、岡田の顔に注がれていた。 お The eyes of the ball were poured into Okada's face as if it were mesmerizing. 岡田は慌てたように帽を取って礼をして、無意識に足の運を早めた。 Okada took a hat as if he was angry, t…

雁:森 鴎外(1693-1751)/2056

その上どうしたのが男に気に入ると云うことは、不為合な目に逢った物怪の幸に、次第に分かって来ているのである。 In addition, the fact that what he likes about men is gradually becoming apparent in the sight of monsters who have been inadequate.…

雁:森 鴎外(1652-1692)/2056

「あの今晩は檀那様がいらっしゃらないだろうと思うから、お前内へ往って泊って来たけりゃあ泊って来ても好いよ」お玉は重ねてこう云った。 “I don't think there will be Danna-sama tonight, so if you want to stay in your house and stay overnight, yo…

雁:森 鴎外(1604-1651)/2056

お玉は最初主人大事に奉公をする女であったのが、急劇な身の上の変化のために、煩悶して見たり省察して見たりした挙句、横着と云っても好いような自覚に到達して、世間の女が多くの男に触れた後に纔かに贏ち得る冷静な心と同じような心になった。 Odama was …

雁:森 鴎外(1565-1603)/2056

掛けていた目金を脱して、可哀い娘の顔を見る日は、爺いさんのためには祭日である。 The day when you take your eyes off and look at the face of your poor daughter is a holiday for Ugly. 娘が来れば、きっと目金を脱す。 If my daughter comes, I wil…

雁:森 鴎外(1525-1564)/2056

折々は夢の中で岡田と一しょになる。 Occasionally, I will be with Okada in my dreams. 煩わしい順序も運びもなく一しょになる。 It's no troublesome order and no one to carry. そして「ああ、嬉しい」と思うとたんに、相手が岡田ではなくて末造になっ…

雁:森 鴎外(1483-1524)/2056

お玉は箱火鉢の傍へすわって、火をいじりながら思った。 The ball was sitting beside the box brazier and wondering while playing with the fire. まあ、私はなんと云う馬鹿だろう。 Well, I ’m an idiot. きょうのような涼しい日には、もう窓を開けて覗…

雁:森 鴎外(1440-1482)/2056

わざわざその店の前に往こうとまではしない。 Don't bother to go to the store. 何か外の用事でそこの前を通り過ぎることになると、きっと覗いて見るのである。 If you are going outside in front of something outside, you will surely look into it. 欲…

雁:森 鴎外(1394-1439)/2056

この時まで残っていた裁縫の弟子達は、もう見る物が無いと思ったか、揃って隣の家の格子戸の内に這入った。 «The sewing disciples that remained until this time thought that there was no thing to see anymore, and all entered the lattice door of th…