文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

【免責事項】

このサイトには、Google により提供される翻訳が含まれる場合があります。Google は、明示的か黙示的かを問わず、翻訳に関するすべての保証(精度、信頼性に関するあらゆる保証、および商品性、特定目的への適合性、第三者の権利の非侵害性に関するあらゆる…

鶏:森 鴎外(55-130)/732

表通は中くらいの横町で、向いの平家の低い窓が生垣の透間から見える。 Omote-dori is a medium-sized side street, and the low windows of the facing flat house can be seen from the toma of the hedge. 窓には竹簾が掛けてある。 There is a bamboo ba…

鶏:森 鴎外(1-54)/732

鶏 chicken 森鴎外 Mori Ogai 石田小介が少佐参謀になって小倉に着任したのは六月二十四日であった。 It was on June 24 that Kosuke Ishida became a senior officer and came to Ogura. 徳山と門司との間を交通している蒸汽船から上がったのが午前三時であ…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(2224-2302)/2302

金井君の唇は熱い接吻を覚える。 Kanai's lips have a hot kiss. 金井君の手は名刺を一枚握らせられる。 Kanai's hand can hold one card. 旋風のように身を回して去るのを見れば、例の凄味の女である。 If you look around turning away like a whirlwind, …

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(2154-2223)/2302

そこへお上が這入って来る。 The government comes in there. 望月君が妙な声をする。 Mochizuki-kun makes a strange voice. 故意とするのである。 It is intentional. 「婆あ」 "Wow" 「なんですよ。 "What is it? あなた、嫌に顔がてらてらして来ましたよ…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(2066-2153)/2302

さて門を出掛けると、三枝という男が来合せた。 When I left the gate, a man named Saegusa met. 僕の縁家のもので、古賀をも知っているから、一しょに来ようと云う。 I'm from my family and I know Koga, so I'm going to come and see. そこで三人は青石…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(2006-2065)/2302

「あなたお足袋を」 "Your foot bag" この奪衣婆が僕の紺足袋を脱がせた手際は実に驚くべきものであった。 The way this robe took off my bag was really amazing. そして僕を柔かに、しかも反抗の出来ないように、襖のあなたへ連れ込んだ。 And I took me …

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1930-2005)/2302

僕の車は猶予しながら、仲町の方へ梶棒を向けた。 While suspended my car, I directed a club towards Nakamachi. この時霽波の車は一旦三橋を北へ渡ったのが、跡へ引き返してきた。 At that time, Tonami's car once crossed Mihashi to the north, but re…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1867-1929)/2302

今ならば人が小説だと云って評したのだろう。 It would have been said that people are novels now. 小説だと勝手に極めて、それから雑報にも劣っていると云ったのだろう。 If it is a novel, it may be said that it is extremely unreasonable and then i…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1795-1866)/2302

僕は驚いて、前々晩の事を思い出した。 I was surprised and remembered the last night. そしてこう思った。 And I thought. 僕は秘密を守って貰う約束で書こうと云った。 I told you to keep the secret and write in a promise that will come true. その…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1728-1794)/2302

ゆっくり話して行け、酒を飲むなら酒を出そうかと云う。 Speak slowly and ask if you want to drink alcohol. 僕は酒は飲まないと云う。 I will not drink alcohol. 主人がそんなら何を御馳走しようかと云って、首を傾ける。 My husband leans over what he…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1672-1727)/2302

そこでお母様が僕にお勧なさるが、僕は生返詞をしている。 So my mother recommends to me, but I am doing a live reword. お母様には僕の考が分らない。 My mother does not understand me. 僕は又考はあっても言いたくない。 I do not want to say that I…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1607-1671)/2302

笑談ではない。 It is not a laugh. 笑談を粧ってもいない。 I have not made a laugh. 右前にいたのは某教授であった。 It was Professor Sakai that was in front of me. 芸者の方には殆ど背中を向けて、右隣の人と話をしておられた。 Most of the geishas…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1543-1606)/2302

こう思って、僕は何物をか発見したような心持がした。 Thinking this way, I felt like I discovered something. この時から僕はお蝶に注意するようになった。 From this time on I started to pay attention to the butterfly. 別な目でお蝶を見る。 Look a…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1473-1542)/2302

お蝶は朝来て夜帰る。 The butterfly comes in the morning and returns home at night. むくむくと太った娘で、大きな顔に小さな目鼻が附いている。 It is a thick and fat girl with a big face with small eyes and nose. もう鼻は垂らさない。 I will no…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1421-1472)/2302

この娘はじきあの近所の寺の住職が為送をしていたのであった。 This daughter had been sent to the priest of that nearby temple. つまらない話の序に、も一つ同じようなのを話そう。 Let's talk one similar thing to the beginning of the boring story.…