文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

伊沢蘭軒:森 鴎外(14698-14757)/22132

第二の書牘は頼杏坪の関五郎に与へたもので、其文は極て短く、口上書と称すべき際のものである。 The second book was given to Seki Goro of Yoryo Tsubo, and the sentence was very short and should be referred to as oral writing. 「何ぞ御贐に差上度…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14634-14697)/22132

榛軒詩存を検するに、「天保十四癸卯歳晩偶成」の七絶、「天保十四癸卯除夜」の七律|各一がある。 検 To examine the existence of poems, there are seven annihilation of “Tenpo 14-year-old evening ban” and “seven rules of” 今除夜の七律を此に抄す…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14567-14633)/22132

柏の最もうれしかつた事として後年に至るまで記憶してゐるのは、此頃大久保|主水の店から美しい菓子を贈られたことである。 One of the most happiest things I have ever remembered until later was that I was given a beautiful cake from the Okubo | …

伊沢蘭軒:森 鴎外(14492-14566)/22132

次に渡辺氏の阿部正弘事蹟中此年の下に榛軒の名が見えてゐる。 Next, Mr. Watanabe's Masahiro Abe's name appears under this year. 「天保九年九月朔日、(正弘)奏者番を命ぜらる。 “On September 9th of Tenpo, (Masahiro) I ordered the player number.…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14427-14491)/22132

その二百四十四 244 天保八年は蘭軒歿後第八年である。 Tenpo Eight years is the eighth year after Ranken. 此年の元旦は、阿部家に於ては、新主正弘の襲封初度の元旦であつた。 This year's New Year's Day was the first New Year's Day in the Abe fami…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14354-14426)/22132

柳湾が蘭軒と往来したことは、此詩引を除いても尚証跡がある。 柳 There is still a trail that Yanagi Bay came to Ranken, even if this poem is not included. 某の年正月十六日に、柳湾は蘭軒等と雑司谷の十|介園と云ふ所に遊んで梅を看た。 On the 16t…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14303-14353)/22132

是は曩に錦橋等の事を説いて、未解決の問題を貽して置いたので、新に得た材料に由つてこれが解決を試ようとしたためである。 The reason is that he preached Nishikibashi and others and hesitated unsolved problems, so he tried to solve the problem b…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14257-14302)/22132

京水の文に由つて、覊旅の女の語つた所を窺ふに、女の父官蔵が早く既に舛命の苦を閲し尽したらしい。 According to the sentence of Kyosui, the woman's father's store had already exhausted all the hardships of his life, in spite of the story of th…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14210-14256)/22132

即|水津本系図である。 Immediate | 京水は此水津本を用ゐて、錦橋本に訂正を加へ、新に参正池田家譜を編した。 Kyosui used Kozumizu Tsumoto, corrected Nishikibashimoto, and edited the new Sansho Ikeda family score. 即京水本系図である。 It is an…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14152-14209)/22132

全吉が生れ、含章が死んだのは、瑞英四十歳の時である。 Zenkichi was born and the emblem died when he was 40 years old. その二百三十七 230 わたくしは京水池田瑞英の事蹟を叙するに、文政四年に至る前半は其自記の文に拠ることを得た。 I wrote the st…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14101-14151)/22132

又今に※つて「医学館に出」と云ふは、講書のためであると云ふ事が其二である。 In addition, the term “going to the medical hall” is now for the lecture. 三世瑞仙直温の親類書には、京水の総領除願済の事を記した次に、「然る処年を経、追々丈夫に罷成…

伊沢蘭軒:森 鴎外(14044-14100)/22132

瑞英は二世瑞仙と善くなかつた形迹があるが、杉本は其間に立つて、瑞英に好意を表してゐたらしい。 Zuiei has a good shape with Nisei Zuisen, but Sugimoto is in the meantime and seems to have expressed his favor to Ruiei. わたくしは此関係を証する…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13981-14043)/22132

わたくしは此に杏春の生父玄俊の師の一人が京都の産科医賀川玄吾であつたことを回顧する。 I look back to here that one of Natsuharu's mentor, Gentoshi Gento, was an obstetrician in Kyoto. 池田瑞仙が杏春|去後に霧渓をして家を継がしめたのは、玄吾…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13931-13980)/22132

そして其主人公は京水即当時の杏春であつた。 And the hero was Kyoshu immediately at the time of Kyoharu. 池田の家の床下に埋蔵せられてゐた火薬は終に爆発した。 The gunpowder that was buried under the floor of Ikeda's house finally exploded. そ…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13893-13930)/22132

その二百三十 230 池田瑞仙は自己が寛政九年正月十三日に江戸に著き、妻沢が八月六日に、養子杏春が十一月四日に継いで至つた。 Ms. Ikeda wrote himself in Edo on the 13th of January 19th in Kansei, and Tsumawazawa took over on August 6th and Adiko…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13839-13892)/22132

「時寛政二年善郷居を京に移すの志あるに因て、先づ善直を信郷が家に贈」と云ふ文である。 The sentence says, “Because of his willingness to relocate his hometown to Kyoto in the second year of Toki Kansei, Shingo first gave Yoshinao to his home…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13783-13838)/22132

わたくしは池田宗家三世瑞仙直温の書いた過去帖の正確なことを、種々の方面より看て知つたから、今此に拠つて初代瑞仙の妻の事を記する。 Since I knew from the various perspectives that I had learned from the various aspects of the past rituals wri…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13731-13782)/22132

しかし錦橋の親しく交つたのは前記の数人ではなくて、杉本仲温、渋江|至公である。 However, Nishikibashi's close friendship was not the few people mentioned above, but Sugimoto Nakaon and Shibue | 杉本仲温は「表御番医師、後奥詰、下谷御成小路」…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13668-13730)/22132

辛亥は寛政三年で、元文生として五十六歳の時である。 Hotan is the third year of Kansei, when he was 56 years old as a former student. 霧渓は「寛政壬午(中略)年五十五」と改めた。 Kirikei was changed to "Kansei Noon (Omitted) Year 55". その拠…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13610-13667)/22132

次に正直の弟を杏朴成俊と云ひ、これが信道五世の孫|光の養子となつて水津氏に復り、成俊の子に成豊、正俊があつて、兄成豊は水津氏を継ぎ、弟正俊が又養はれて嵩山の子となつたのである。 Next, the youngest brother is Naruto Park, who is the grandson…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13548-13609)/22132

わたくしは早く此にその頗る杜撰のものであつたことをことわつて置く。 I will quickly tell you that it was the sword. 今便宜上これを錦橋本と名づける。 For convenience, we will name this Nishikihashimoto. 第二は初代池田瑞仙の曾祖父|嵩山正直、…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13508-13547)/22132

わたくしは京水の子と孫とが同名なるを以て、以下彼を初代全安と書し、此を二世全安と書して識別し易からしむることとする。 Since I am the same name as the child and grandson of Kyoto, I will write him as the first whole safety, and write this as…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13455-13507)/22132

わたくしの錦橋の死を記した文が新聞に連載せられてゐた頃の事である。 This was the time when a sentence describing the death of my Nishikibashi was serialized in a newspaper. 当時品川に住んでゐて、町役場に出入する一知人がわたくしに書を寄せた…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13397-13454)/22132

後に抽斎に嫁した山内氏五百も亦同じである。 The same is true for Mr. Yamauchi, who later married in the lottery. 此二人は皆自ら夫を択んだ女である。 These two are all women who have chosen their own husbands. わたくしは所謂新しき女は明治大正…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13341-13396)/22132

※斎の妻が文化七年に歿したとすれば、是は懐之七歳、たか一歳の時である。 * If Sai's wife was dressed in the seventh year of culture, Kore was 7 years old. たかのは懐之より穉く、たかより長じてゐたことを知るのみで、其生歿年を詳にしない。 Takano…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13293-13340)/22132

それは柏軒の女国が、初め豊島屋から来た三右衛門の配として迎へられ、その離縁せられた後、遂に斎藤氏から来た三右衛門矩之に嫁したと云ふ事実である。 It is a fact that the woman's country was first greeted as Miemon, who came from Toshimaya. . 矩…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13245-13292)/22132

恐くは未だ小字を命ずるに及ばずして夭したのであらう。 Perhaps he was still hesitant to order a small letter. 疎桐の生父は柏軒である。 The raw father of paulownia is the Sakaiken. 柏軒は後狩谷氏|俊を娶つた。 Mr. Goken has a chance. 又一|妾…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13166-13244)/22132

わたくしは支峰の事蹟を詳にせぬが、幼時一たび安藝に往つてゐたさうである。 I don't know the details of the tributaries, but I will come to Anjo once in my childhood. 聿庵の帰郷は少し遅れて夏に入つたらしい。 It seems that Aoi's return home ha…

伊沢蘭軒:森 鴎外(13109-13165)/22132

それゆゑにわたくしは、諸山陽伝中山陽の終焉及其歿後の事を叙する段は、此書牘に拠つて改訂せらるべきものなることを信ずる。 So I believe that the steps describing the end of Nakayamayo and the rest of it will be revised based on this document. …

伊沢蘭軒:森 鴎外(13063-13108)/22132

諸山陽伝には児玉旗山、牧百峰、宮原節庵が江戸にある宗家の当主|聿庵元協と、広島にある達堂鉉とに与へた書数通、関五郎が復に代つて小野氏に寄せた書数通、里恵が小野氏に寄せた書、里恵が安井氏に寄せた書、梅※が後藤松陰に与へた書等を引いて、当時の状…