文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(647-707)/2302

僕は寄宿舎ずまいになった。 I went to the dormitory. 生徒は十六七位なのが極若いので、多くは二十代である。 Many of the students are in their twenties because they are very young. 服装は殆ど皆小倉の袴に紺足袋である。 Most of the clothes are t…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(572-646)/2302

しかしそれも性欲に支配せられて、そんな語を面白がったのではない。 However, it was also ruled by sexual desire, and such a word was not amused. 人の口に上せない隠微の事として面白がったのである。 It was interesting as a secret that can not be…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(511-571)/2302

昼席であるから、余り客が多くはない。 There are not many customers because it is a luncheon. 上品に見えるのは娘を連れた町家のお上さんなどで、その外多くは職人のような男であった。 The classy looks like a townhouse prince with her daughter, an…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(442-510)/2302

国もの同志で国詞を使うのは、固より当然である。 It is natural for us to use national lyrics among nationals. しかし※麻が二枚の舌を使うのは、その為めばかりではないらしい。 However, it is not the only reason that hemp uses two tongues. 彼は上…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(380-441)/2302

これは婆あさんが米を盗んで、娘に持たせて遣るのであった。 This was because she stole rice and sent it to her daughter. 後にお母様がお出になって、この事が知れて、婆あさんは逐い出された。 Later my mother came out, and this was known, and she …

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(312-379)/2302

お母様は相変らず機を織っていらっしゃる。 Mother always weaves the machine. 蒸暑い午過で、内へ針為事に来て、台所の手伝をしている婆あさんは昼寝をしている。 A steamy noon came inside to take care of her, and she's taking a nap, helping the ki…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(258-311)/2302

Schopenhauer はこういう事を言っている。 Schopenhauer says this: 人間は容易に醒めた意識を以て子を得ようと謀るものではない。 Human beings do not seek to get their children with a conscious mind that has woke up easily. 自分の胤の繁殖に手を着…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(204-257)/2302

今叱ったのは、子供が藁を打つ槌を持ち出そうとしたからである。 The reason I came here was because the child tried to bring out the whistle. 子供は槌を措いておれの方を見た。 The child looked at me with a spear. じいさんもおれの方を見た。 My g…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(137-203)/2302

* * 六つの時であった。 It was six times. 中国の或る小さいお大名の御城下にいた。 It was under a certain large daimyo castle in China. 廃藩置県になって、県庁が隣国に置かれることになったので、城下は俄に寂しくなった。 As the prefectural gover…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(91-136)/2302

それが何とも云えない好い心持がするので、知ったことをわざと知らない振をして、間違った事を言ったり何かして、お嬢さんに打って貰った。 I felt that I could not say it at all, so I intentionally trembled to know what I knew, to say something wro…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(43-90)/2302

この問題は Lombroso なんぞの説いている天才問題とも関係を有している。 This problem is related to the genius problem that Lombroso preachs. 〔Mo:bius〕 一派の人が、名のある詩人や哲学者を片端から掴まえて、精神病者として論じているも、そこに根…

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1-42)/2302

ヰタ・セクスアリス Ata Sex Alice 森鴎外 Mori Ogai 金井|湛君は哲学が職業である。 Kanai | Ryo is a profession. 哲学者という概念には、何か書物を書いているということが伴う。 The concept of a philosopher entails writing something. 金井君は哲学…

青年:森 鴎外(3693-3777)/3777

「でも己より早く帰った人もあるじゃないか」 "But there are people who returned home sooner than you?" 「それは違いますわ」 "That is not the case" 「どう違う」 "How different" 「あれは騒ぎにいらっしゃる方ですもの」 "That is the one who is in…

青年:森 鴎外(3642-3692)/3777

今書いたら書けるかも知れない。 I may write it as I write it now. そう思うとこの家で、どこかの静かな部屋を借りて、久し振に少し書き始めて見たいものだ。 That's why I want to borrow a quiet room somewhere in this house and start writing a litt…

青年:森 鴎外(3607-3641)/3777

こう思うと、純一の心は濁水に明礬を入れたように、思いの外早く澄んで来た。 As I thought, Junichi 's heart cleared up as soon as I put alum in muddy water. その濁りと云うものの中には、種々の籠み入った、分析し難い物があるのを、かれこれの別なく…

青年:森 鴎外(3550-3606)/3777

まだ雨戸が締めてないので、燈火の光が障子にさしている。 Since the shower has not been shut yet, the light of the lamp is pointing to the shoji. 純一は暫く障子を見詰めていたが、電燈の位置が人の据わっている処より、障子の方へ近いと見えて、人の…

青年:森 鴎外(3501-3549)/3777

純一は稍反抗したいような気になって、「先生は何かおかきですか」と問い返した。 Junichi felt like wanting to resist a little, asked, "Is your teacher something wrong?" そうすると奥さんが、岡村は今年の夏万翠楼の襖や衝立を大抵かいてしまったのだ…

青年:森 鴎外(3450-3500)/3777

「お待ちなさっていらっしゃいますから、どうぞこちらへ」ここで客の受取り渡しがある。 "Please wait, please come to this place" Here is the receipt and delivery of customers. 前哨線が張ってあるようなものだと、純一は思った。 Junichi thought tha…

青年:森 鴎外(3411-3449)/3777

いつも首を集めて※き合う群の真中には蝶々髷だけ外の子供より高いお勝がいて、折々己の方を顧みる。 In the middle of the group which always collects the neck ※ There is a higher victory than a child outside butterfly 顧, and seeing one's own per…

青年:森 鴎外(3360-3410)/3777

純一の目には唯しっとりとした、地味な、しかも媚のある姿が映ったのである。 In the eyes of Junichi, there was a moist, somber and more attractive appearance. 夫人の朗かな笑声は忽ち絶えて、discret な愛敬笑が目に湛えられた。 Lady's cheerful lau…

青年:森 鴎外(3316-3359)/3777

湯を浴びて来て、少し気分が直ったので、革包の中の本や雑誌を、あれかこれかと出しては見たが、どうも真面目に読み初めようと云う落着きを得られなかった。 As I caught a bit of hot water, I felt a little refreshed, I saw some books and magazines in…

青年:森 鴎外(3260-3315)/3777

角刈の男が火鉢を持って上がって来た。 The horny man came up with a brazier. 藍色の、嫌に光る釉の掛かった陶器の円火鉢である。 It is a circular brazier of pottery hanging indigo, glazed glaze. 跡から十四五の襷を掛けた女の子が、誂えた酒肴を持…

青年:森 鴎外(3212-3259)/3777

手近な一軒につと這入って、留めてくれと云った。 I crawled in a handy one and told me to stop. 甲斐々々しい支度をした、小綺麗な女中が、忙しそうな足を留めて、玄関に立ちはたがって、純一を頭のてっぺんから足の爪尖まで見卸して、「どこも開いており…

青年:森 鴎外(3167-3211)/3777

汽車は品川にちょっと寄った切りで、ずんずん進行する。 The train goes a little bit closer to Shinagawa and goes on and on. 闇のうちを、折折どこかの燈火が、流星のように背後へ走る。 Following the darkness, some lamp lights run behind like a me…

青年:森 鴎外(3125-3166)/3777

最初から計画して、※れた行いをするとなると、余りに卑劣である。 It is too sneaky when planning from the beginning and doing the done *. 瀬戸なんぞは、悪所へ行く積りで家を出る。 Seto goes out of the house as he goes to the bad place. そんな事…

青年:森 鴎外(3082-3124)/3777

ゆうべ東京を立って、今箱根に着いた。 Standing last night in Tokyo, I reached Hakone now. その足で浴室に行って、綺麗な湯を快く浴びては来たが、この旅行を敢てした自分に対して、純一は頗る不満足な感じを懐いている。 I went to the bathroom with m…

青年:森 鴎外(3043-3081)/3777

それが分かっているとすれば、この語の説明に必然伴って来る具体的の例が、どんなものだということも分かっていなくてはならない。 If we know it, we also need to know what exact examples come along with the explanation of this word. 実際少しでも独…

青年:森 鴎外(3002-3042)/3777

一種の探検である。 It is a kind of exploration. ※びた鉄瓶、焼き接ぎの痕のある皿なんぞが、それぞれの生涯の ruine を語る。 * Bottle iron bottles and dishes with traces of burning joints talk about each lifetime ruine. きょう通って見ても、周…

青年:森 鴎外(2956-3001)/3777

要するに芸術家らしい芸術家は、恐らくは sport に熱中することがむずかしかろうと云うのである。 In short, an artist like an artist probably says that it will be difficult for you to become enthusiastic about the sport. 純一は思い当る所があるら…

青年:森 鴎外(2902-2955)/3777

「なぜ人間は年を取るに従って偽善に陥ってしまうでしょう」 "Why do humans get hypocritical as they get older?" 「そうさね。 "That's right. 偽善というのは酷かも知れないが、甲らが硬くなるには違いないね。 Hypocrisy may be cruel, but the instrum…