文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

なかじきり:森 鴎外(1-68)/68

なかじきり Nakajikiri 森鴎外 Ogai Mori 老いはようやく身に迫ってくる。 Aging is finally approaching. 前途に希望の光が薄らぐとともに、みずから背後の影をかえりみるは人の常情である。 As the light of hope diminished ahead, it was a normal human…

独身:森 鴎外(308-344)/344

大野はその時の事を思い出して、また覚えず微笑した。 Ohno remembered that time and smiled without remembering it again. 大野は今年四十になる。 Ohno will be forty this year. 一度持った妻に別れたのは、久しい前の事である。 It was a long time ag…

独身:森 鴎外(246-307)/344

入院している子供は皆|懐いている。 All the children in the hospital | I miss them. 好く世話をして遣るそうだ。 He seems to take good care of him. ただおりおり御託宣があるのだ。」 However, there is a decree. " 寧国寺さんは、主人と顔を見合せ…

独身:森 鴎外(172-245)/344

跡に残っている本のうちには、何か御覧になるようなものもあろうかと思いましたので一寸お知らせに参りました。」 I was wondering if some of the books left in the trace would be something to see, so I came to the news. " 「それは難有う。 "It's di…

独身:森 鴎外(112-171)/344

跡は端折って話すよ。 I'll break the traces and talk. しかしも一つ具体的に話したい事がある。 However, there is one specific thing I would like to talk about. それはこうなのだ。 It's like this. 下女がある晩、お休なさいと云って、隣の間へ引き…

独身:森 鴎外(53-111)/344

酒は自分では飲まないが、心易い友達に飲ませるときは、好な饂飩を買わせる。 I don't drink alcohol myself, but when I want my friendly friends to drink it, I ask them to buy their favorite udon noodles. これも焼芋の釜の据えてある角から二三軒目…

独身:森 鴎外(1-52)/344

独身 Single 森鴎外 Ogai Mori 壱 one 小倉の冬は冬という程の事はない。 The winter in Kokura is not so much as winter. 西北の海から長門の一角を掠めて、寒い風が吹いて来て、蜜柑の木の枯葉を庭の砂の上に吹き落して、からからと音をさせて、庭のあち…

津下四郎左衛門:森 鴎外(633-669)/669

「皇后陛下御|入輿の儀に付ては、維新前年より二条殿、中山殿等|特の外心配致され、両卿より忠至に心懸御依頼に付奔走の折柄、兼て山陵の事に付懇意たりし若江修理大夫娘薫儀、一条殿姫君御姉妹へ和歌其外の御教授申上居事を心付き、同人へ皇后宮の御事相…

津下四郎左衛門:森 鴎外(581-632)/669

旧臘幕府暴政之節|被戮候者祭祀迄|被仰出候由、既に死候者は被為祭、生きたる者は被戮候|而者、御政体|不相立御儀と奉存候。 Former Shogunate Tyranny Bushi | Until the ritual of the victims | The reason for the appearance, the dead people ar…

津下四郎左衛門:森 鴎外(542-580)/669

そしてこれを横井の手に成れりとせむには、余りに拙である。 And it is too poor to put this in Yokoi's hands. 四郎左衛門等はこれを読んで、その横井の文なることを疑はなかつた。 Shirozaemon and others read this, and there was no doubt that it was…

津下四郎左衛門:森 鴎外(490-541)/669

堂上家の某が家を脱して、浪人等を募集し、皇室を守護せむことを謀つた。 A certain member of the Dojo family left the house, recruited ronin, etc., and attempted to protect the imperial family. その浪人を以て員に充てむと欲したのは、諸藩の士に…

津下四郎左衛門:森 鴎外(442-489)/669

私が老成人になつてゐたためかも知れぬが或は私の神経が鈍くなつたためだとも思へば思はれる。 Maybe it's because I'm an old adult, or maybe it's because my nerves are dull. 私はもうあきらめた。 I have already given up. 譲歩に譲歩を重ねて、次第…

津下四郎左衛門:森 鴎外(385-441)/669

愛国者である。 Patriot. 生命財産より貴きものを有してゐた入である。 It is an entry that has something more precious than life property. 理想家である。 An idealist. 私はかう信ずると共に、聊自ら慰めた。 I believed in it and comforted myself. …

津下四郎左衛門:森 鴎外(333-384)/669

私は今は記えてゐぬが、父の訃音が聞えた時、私はどうして死んだのかと尋ねたさうである。 I can't remember now, but when I heard my father's noise, I asked him why he died. 母が私に斬られて死んだと答へた。 I answered that my mother was killed b…

津下四郎左衛門:森 鴎外(292-332)/669

且憂国之正士を構陥讒戮し、此頃|外夷に内通し、耶蘇教を皇国に蔓布することを約す。 In addition, he defeated Masashi Kuniyuki, and at this time, he promised to spread Yaso religion to the empire by going inside the vine. 又朝廷の急務とする所…

津下四郎左衛門:森 鴎外(251-291)/669

此時横井の門人下津は、初め柳田に前額を一刀切られたのに屈せず、奮闘した末、柳田の肩尖を一刀深く切り下げた。 At this time, Yokoi's student Shimotsu did not give in to Yanagita's forehead, but after struggling, he cut down Yanagita's shoulder…

津下四郎左衛門:森 鴎外(200-250)/669

色が白く、柔和に落ち著いてゐて、酒を飲んでも行儀を崩さぬ四郎左衛門は、芸者や仲居にもてはやされたさうである。 Shirozaemon, who is white in color, is meek, and does not lose his behavior even if he drinks alcohol, is touted by geisha and Nak…

津下四郎左衛門:森 鴎外(148-199)/669

横井は久しく越前侯|松平慶永の親任を受けてゐて、公武合体論を唱へ、慶永に開国の策を献じた男である。 Yokoi is a man who, after being appointed by Hou Echizen | Yoshinaga Matsudaira, offered a plan to open the country to Keiei to advocate the…

津下四郎左衛門:森 鴎外(107-147)/669

阿部は当時剣客を以て関西に鳴つてゐたのである。 Abe was ringing in Kansai with a swordsman at that time. 文久三年二月には私が生れた。 I was born in February of the third year of Bunkyu. 父四郎左衛門は十六歳、母は十七歳であつた。 His father,…

津下四郎左衛門:森 鴎外(58-106)/669

そんなら其秘密はどうして保たれたか。 Then why was the secret kept? 岩倉村|幽居の「裏のかくれ戸」は、どうして人の耳目に触れずにゐたか。 Iwakuramura | Why did the "backside hidden door" of the ghost not come into contact with people's eyes…

津下四郎左衛門:森 鴎外(1-57)/669

津下四郎左衛門 Tsushita Shirozaemon 森鴎外 Ogai Mori 津下四郎左衛門は私の父である。 Shirozaemon Tsushita is my father. (私とは誰かと云ふことは下に見えてゐる。) (You can see who I am below.) しかし其名は只聞く人の耳に空虚なる固有名詞とし…

追儺:森 鴎外(130-197)/197

茶を飲んでしまふ。 I'll drink tea. 菓子を食つてしまふ。 Eat sweets. 持つてゐた本を引繰返して見たが読む気にもならない。 I repeatedly read the book I had, but I didn't feel like reading it. 葉巻を出して尻尾を咬み切つて、頭の方を火鉢の佐倉に…

追儺:森 鴎外(58-129)/197

利欲に耽る。 Indulge in greed. それが本当に死ぬまで已まない。 I won't wait until it really dies. それが死者の踊である。 That is the dance of the dead. 僕に物を書けといふのは、死者に踊れと云ふやうなものではあるまいか。 Isn't writing to me s…

追儺:森 鴎外(1-57)/197

追儺 Nuo folk religion 森鴎外 Ogai Mori 悪魔に毛を一本渡すと、霊魂まで持つて往かずには置かないと云ふ、西洋の諺がある。 There is a Western saying that if you give a hair to the devil, you will not have to carry it with you to the soul. あい…

椙原品:森 鴎外(168-206)/206

次に綱宗の憂慮した仙台の政治はどうであるか。 Next, what about Tsunamune's worried politics in Sendai? 仙台騒動の此方面の中心人物は綱宗の叔父にして亀千代の後見の一人たる伊達兵部少輔であつた。 The central figure in this area of the Sendai tu…

椙原品:森 鴎外(125-167)/206

その時附けられてゐた家老大町備前は、さしたる人物でなかつたらしいから、綱宗が抑鬱の情を打明けて語ることを得たのは、初子のみであつただらう。 It seems that Bizen, the old man who was attached at that time, was not a very good person, so it wa…

椙原品:森 鴎外(89-124)/206

和歌をも解してゐた。 I also understood Japanese poems. 容が美しくて心の優しい女であつたらしい。 She seems to be a beautiful and kind-hearted woman. それゆゑ忠宗が婚礼をさせてまで、妻の侍女の姪を子綱宗の配偶にしたのであらう。 It seems that …

椙原品:森 鴎外(47-88)/206

和歌を善くし、筆札を善くし、絵画を善くした。 I made waka poems good, brush cards good, and paintings good. 十九歳で家督をして、六十二万石の大名たること僅に二年。 It has been only two years since he became a family reign at the age of ninet…

椙原品:森 鴎外(1-46)/206

椙原品 Sugi original product 森鴎外 Ogai Mori 一 One 私が大礼に参列するために京都へ立たうとしてゐる時であつた。 It was time for me to stand in Kyoto to attend the Dairei. 私の加盟してゐる某社の雑誌が来たので、忙しい中にざつと目を通した。 T…

心中:森 鴎外(186-268)/268

お花は息を屏めてお松の跡に附いて歩いているが、頭に血が昇って、自分の耳の中でいろいろな音がする。 The flowers were holding their breath and walking along with the pine trees, but blood rose on their heads and various sounds were heard in th…