文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

妄想:森 鴎外(42-85)/386

素直に帰らないこともある。 There are also cases where you can not return home. さて自分の住む宿に帰り着く。 Well, I return to the hotel where I live. 宿と云つても、幾竈もあるおほ家の入口の戸を、邪魔になる大鍵で開けて、三階か四階へ、蝋マッ…

妄想:森 鴎外(1-41)/386

妄想 Delusion 森鴎外 Mori Ogai 目前には広々と海が横はつてゐる。 In front of the sea, the sea is spacious and spacious. その海から打ち上げられた砂が、小山のやうに盛り上がつて、自然の堤防を形づくつてゐる。 The sand that has been washed up fr…

蛇:森 鴎外(283-346)/346

ところが、翌朝になって仏壇を見ますると、蛇はちゃんと帰っているのでございます。 However, when I saw the altar in the next morning, the snake was back home properly. わたくしも此度は前より一層驚きました。 I was also surprised more than befor…

蛇:森 鴎外(235-282)/346

事によると、今の女はまるで動物のように、生存競争のためには、あらゆるものと戦うようになっているのではないでしょうか。 According to the matter, women today are like animals, and are not supposed to fight anything for survival competition. 一…

蛇:森 鴎外(181-234)/346

妻にこれと云って廉立った悪いことはありません。 There is nothing wrong with saying to my wife. 母に優しくない。 I am not kind to my mother. それだと云って、別に手荒い事もしない。 It's not that rough, either. よしやわたくしが離別しようとした…

蛇:森 鴎外(136-180)/346

御遺言もあり、並の奉公人でないからというので、御隠居がこう極めたのである。 Because there is a testament and it is not a regular servant, the abode has come to an end. 後家の身の上ではあるが、もう六十になっているから、遠慮はいるまいというこ…

蛇:森 鴎外(97-135)/346

学校の成績は相変わらず好い。 My grades in school are still good. 是非学士にすると云っていた、先代の遺志を紹いで、御隠居が世話をしていられた。 The retiree was taking care of me by introducing the will of the previous generation, which was s…

蛇:森 鴎外(50-96)/346

「へえ。 "Hey. こちらなぞでは、宿屋と違いまして、割合いに早く休みまするが、わたくしはどうせ今夜も通夜をいたしまするのでございます。」 Here, unlike the inn, I will rest relatively early, but I will continue tonight tonight, anyway. " 「通夜…

蛇:森 鴎外(1-49)/346

蛇 snake 森鴎外 Mori Ogai 明け易い夏の夜に、なんだってこんなそうぞうしい家に泊り合わせたことかと思って、己はうるさく頬のあたりに飛んで来る蚊を逐いながら、二間の縁側から、せせこましく石を据えて、いろいろな木を植え込んである奥の小庭を、ぼん…

食堂:森 鴎外(132-174)/174

有名な、唯一者とその所有を出す時に、随分極端な議論だから、本名を署せずに出したのだ。 It was a very extreme argument when it came out with a famous, unique person and his possession, so he did not sign his real name. しかし今では Reclam 版…

食堂:森 鴎外(87-131)/174

そしてこう云った。 And I said this. 「しかし影を見て動くものもあるのですから、影を消すのが全く無功ではないでしょう。 "But there are things that look and move in the shadows, so it would not be totally ineffective to put out the shadows. た…

食堂:森 鴎外(48-86)/174

巴里で Emile Henry とかいう奴が探偵の詰所に爆裂弾を投げ込んで、五六人殺した。 In Eri, a man named Emile Henry threw a blast in a detective's base and killed 56 people. それから今一つの玉を珈琲店に投げ込んで、二人を殺して、あと二十人ばかり…

食堂:森 鴎外(1-47)/174

食堂 Dining room 森鴎外 Mori Ogai 木村は役所の食堂に出た。 Kimura went to the cafeteria of the government office. 雨漏りの痕が怪しげな形を茶褐色に画いている紙張の天井、濃淡のある鼠色に汚れた白壁、廊下から覗かれる処だけ紙を張った硝子窓、性…

あそび:森 鴎外(326-369)/369

十一時半頃になると、遠い処に住まっているものだけが、弁当を食いに食堂へ立つ。 Around ten and a half, only those living far away stand in the dining room to eat the lunch. 木村は号砲が鳴るまでは為事をしていて、それから一人で弁当を食うことに…

あそび:森 鴎外(277-325)/369

墨を磨ってしまって、偶然のようにこっちへ向く。 I brushed the ink and I turned to here like a coincidence. 木村よりは三つ四つ歳の少い法学博士で、目附鼻附の緊まった、余地の少い、敏捷らしい顔に、金縁の目金を掛けている。 Kimura is a small doct…

あそび:森 鴎外(223-276)/369

為事が一つ片附くと、朝日を一本飲む。 One thing happens, I drink one morning sun. こんな時は木村の空想も悪戯をし出す事がある。 At such times, Kimura's fancy may also play a mischief. 分業というものも、貧乏|籤を引いたもののためには、随分詰…

あそび:森 鴎外(156-222)/369

あれを見たかね。」 Did you see that? " 「見た。 "saw. 風俗を壊乱する芸術と官吏服務規則とは調和の出来ようがないと云うのだろう。」 It seems that there is no possibility of harmonious art and the official service rules. " 「なるほど、風俗壊乱…

あそび:森 鴎外(106-155)/369

いつでも「木村先生一派の風俗壊乱」という詞が使ってある。 There is always the phrase "Kimura Sensei's School Sex". 中にも西洋の誰やらの脚本をある劇場で興行するのに、木村の訳本を使った時にこのお極りの悪口が書いてあった。 In particular, when …

あそび:森 鴎外(58-105)/369

ろくな物も書いていないのに、人に知られている。 It is known to people, even though it does not write anything. 啻に知られているばかりではない。 It is not only known to the wolf. 一旦人に知られてから、役の方が地方勤めになったり何かして、死ん…

あそび:森 鴎外(1-57)/369

あそび Play 森鴎外 Mori Ogai 木村は官吏である。 Kimura is an official. ある日いつもの通りに、午前六時に目を醒ました。 One day as usual, I woke up at 6 am. 夏の初めである。 It is the beginning of summer. もう外は明るくなっているが、女中が遠…

花子:森 鴎外(116-193)/193

一寸裸になって見せては貰われまいかと云っているのだ。 It's said that if you look naked, you won't get trapped. どうだろう。 what about. お前も見る通り、先生はこんなお爺いさんだ。 As you see, the teacher is such a great man. もう今に七十に間…

花子:森 鴎外(56-115)/193

そして名刺入から、医学士久保田某と書いた名刺を出してわたした。 And from the card insert, I took out a business card written by medical doctor Kubota Akira. ロダンは名刺を一寸見て云った。 Rodin looked at the business card a bit. 「ランスチ…

花子:森 鴎外(1-55)/193

花子 Hanako 森鴎外 Mori Ogai Auguste Rodin は為事場へ出て来た。 Auguste Rodin came out to the venue. 広い間一ぱいに朝日が差し込んでいる。 The morning sun is pouring through for a long time. この 〔Ho^tel〕 Biron というのは、もと或る富豪の…

普請中:森 鴎外(125-186)/186

日本は駄目だって、ウラヂオで聞いて来たのだから、あてにはしなくってよ」 Japan is not good, but I heard it on Vladio, so I do not rely on it. " 「それがいい。 "I like it. ロシアの次はアメリカがよかろう。 Next to Russia is the United States. …

普請中:森 鴎外(52-124)/186

渡辺は葉巻の煙をゆるく吹きながら、ソファの角のところの窓をあけて、外を眺めた。 Watanabe slowly opened the window at the corner of the sofa while blowing loose smoke from a cigar and looked out. 窓のすぐ下には材木がたくさん立てならべてある…

普請中:森 鴎外(1-51)/186

普請中 Under construction 森鴎外 Mori Ogai 渡辺参事官は歌舞伎座の前で電車を降りた。 Watanabe counselor got off the train in front of Kabukiza. 雨あがりの道の、ところどころに残っている水たまりを避けて、木挽町の河岸を、逓信省の方へ行きながら…

鶏:森 鴎外(658-732)/732

石田は雛を畳の上に持って来て米を遣る。 Ishida brings the persimmon on the tatami mat and sends rice. 段々馴れて手掌に載せた米を啄むようになる。 Gradually get used to eating rice placed on the palm of your hand. 又少し日が立って、石田が役所…

鶏:森 鴎外(597-657)/732

今日なぞはとうとう毛布に乗ったお客があった。 At last, there was a customer on the blanket at last. 客は大抵|帷子に袴を穿いて、薄羽織を被て来る。 Customers usually wear a pair of dumplings and are covered with a light feather. 薄羽織は勿論…

鶏:森 鴎外(531-596)/732

比那古のもので、春というのだそうだ。 It's from Hina, it's spring. 男のような肥後詞を遣って、動作も活溌である。 A man-like hitoge is sent, and the movement is also active. 肌に琥珀色の沢があって、筋肉が締まっている。 The skin is dark blue a…

鶏:森 鴎外(450-530)/732

石田はどこか出ようかと思ったが、空模様が変っているので、止める気になった。 Ishida wanted to go out somewhere, but the sky was changing, so I felt like stopping it. 暫くして座敷へ這入って、南アフリカの大きい地図をひろげて、この頃戦争が起り…