文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-02-01から1日間の記事一覧

大塩平八郎:森 鴎外(348-405)/1490

廊下を忍び寄る大井の足音がする。 I heard footsteps of Oi that creeps in the corridor. 岡田は草稿を懐に捩ぢ込んで、机の所へ小鼠のやうに走り戻つて、鉄の文鎮を手に持つた。 Okada twisted the draft into his bosom and ran back to the desk to the…