文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-02-12から1日間の記事一覧

大塩平八郎:森 鴎外(840-892)/1490

瀬田は頭がぼんやりして、体ぢゆうの脈が鼓を打つやうに耳に響く。 Seta is blinding in his head and echoes as the pulse of the body shakes a drum. 狭い田の畔道を踏んで行くに、足がどこを踏んでゐるか感じが無い。 In order to step on the street al…