文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-02-15から1日間の記事一覧

大塩平八郎:森 鴎外(979-1021)/1490

雨戸がこはれると、火の附いた障子が、燃えながら庭へ落ちた。 As the shutters got in, the scooped scoop fell to the garden burning. 死骸らしい物のある奥の壁際に、平八郎は鞘を払つた脇差を持つて立つてゐたが、踏み込んだ捕手を見て、其|刃を横に吭…