文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

2019-03-17から1日間の記事一覧

青年:森 鴎外(1063-1123)/3777

出口が込み合うからと思って、純一は暫く廊下に立ち留まって、舞台の方を見ていた。 Junichi stayed in the hall for a while for a while thinking that the exit crowded, and was watching the stage. 舞台では、一旦卸した幕を上げて、俳優が大詰の道具…

青年:森 鴎外(1124-1175)/3777

それは磁石の針の如くに、かの共有している筈の秘密を指しているのである。 It refers to the secret that one should share like a magnet needle. 己はいつもなるべくそれと方向を殊にしている策を認容するのであるが、こん度はためしにどれをも廃棄して、…