文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(50-87)/3777

下駄の磬のように鳴るのが、好い心持である。

Ringing like a clog geta is a pleasant feeling.

剥げた木像の据えてある随身門から内を、古風な瑞籬で囲んである。

It is surrounded by old-fashioned Ruisui from inside the gateway where the flaked wooden image is settled.

故郷の家で、お祖母様のお部屋に、錦絵の屏風があった。

In my hometown house, there was a screen of nishikie in the grandmother 's room.

その絵に、どこの神社であったか知らぬが、こんな瑞垣があったと思う。

I do not know which shrine was the shrine in that picture, but I think there was such a ruin.

社殿の縁には、ねんねこ絆纏の中へ赤ん坊を負って、手拭の鉢巻をした小娘が腰を掛けて、寒そうに体を竦めている。

On the edge of the shrine, a small girl who took a baby in a sleeping cloth and sat on a rim of his hand wrapped his body like a cold.

純一は拝む気にもなれぬので、小さい門を左の方へ出ると、溝のような池があって、向うの小高い処には常磐木の間に葉の黄ばんだ木の雑った木立がある。

Since Junichi can not bear to worship, when leaving the small gate to the left, there is a pond like a groove, and there is a miscellaneous grove of leaves yellowish tree between the Joban trees in the small high court .

濁ってきたない池の水の、所々に泡の浮いているのを見ると、厭になったので、急いで裏門を出た。

When I saw the bubbles floating in places in the muddy pond, as I was sick, I quickly left the back gate.

 藪下の狭い道に這入る。

I enter a narrow street of Yabushita.

多くは格子戸の嵌まっている小さい家が、一列に並んでいる前に、売物の荷車が止めてあるので、体を横にして通る。

Many are small houses fitted with lattice doors, before the line is lined up, since the cart of sale is stopped, pass the body sideways.

右側は崩れ掛って住まわれなくなった古長屋に戸が締めてある。

The door on the right side is locked in an old tenement house which collapsed and no longer lives.

九尺二間というのがこれだなと思って通り過ぎる。

I thought that this is Kamenji and passed by.

その隣に冠木門のあるのを見ると、色川国士別邸と不恰好な木札に書いて釘附にしてある。

Seeing that there is a crown gate next to that, I write it in a separate house in Kagawa Kokoro and unfamiliar wood tags.

妙な姓名なので、新聞を読むうちに記憶していた、どこかの議員だったなと思って通る。

Because it is a strange name, I thought that I was a member of some sort who remembered while reading a newspaper.

そらから先きは余り綺麗でない別荘らしい家と植木屋のような家とが続いている。

From the sky there is a house that is not so beautiful and a house like a garden.

左側の丘陵のような処には、大分大きい木が立っているのを、ひどく乱暴に刈り込んである。

In the hill like the left side, it is very roughly trimmed that the big tree is standing.

手入の悪い大きい屋敷の裏手だなと思って通り過ぎる。

I thought it was behind a big house with bad work and passed by.

 爪先上がりの道を、平になる処まで登ると、又右側が崖になっていて、上野の山までの間の人家の屋根が見える。

When climbing up the toe, climb up to the level that becomes flat, and the right side is a cliff, you can see the roof of the house between Ueno mountain.

ふいと左側の籠塀のある家を見ると、毛利某という門札が目に附く。

When looking at the house with a budding wall on the left side, you can see the gate that Mori is a certain one.

純一は、おや、これが鴎村の家だなと思って、一寸立って駒寄の中を覗いて見た。

Junichi, oh, I thought that this was the house of Konumura, I stared a while and looked inside Komaki.

 干からびた老人の癖に、みずみずしい青年の中にはいってまごついている人、そして愚痴と厭味とを言っている人、竿と紐尺とを持って測地師が土地を測るような小説や脚本を書いている人の事だから、今時分は苦虫を咬み潰したような顔をして起きて出て、台所で炭薪の小言でも言っているだろうと思って、純一は身顫をして門前を立ち去った。

In the habit of a dry old elderly, a novel and a script that the geodetic surgeon measures the land with a person standing in a fresh young man and stupid, a person who is saying bitches and bitterness, a rod and a staff measure As it is about the person who is writing, I thought that it would have said that for the moment I would have woken up a face like crushing bittern insects, get out and get out of the kitchen with charcoal fireworks saying, I walked away.

 四辻を右へ坂を降りると右も左も菊細工の小屋である。

When you get off the slope to the right of Yotsuji, both the right and left are chrysantheme cabins.

国の芝居の木戸番のように、高い台の上に胡坐をかいた、人買か巾着切りのような男が、どの小屋の前にもいて、手に手に絵番附のようなものを持っているのを、往来の人に押し附けるようにして、うるさく見物を勧める。

A man like a drawstring or a purse cloth cut by a cedar on a tall stand like a kido number of a national drama is like a pictorial in the hand in the hand I will encourage visitors and encourage them to have a nice view.

まだ朝早いので、通る人が少い処へ、純一が通り掛かったのだから、道の両側から純一一人を的にして勧めるのである。

It is still early in the morning, so Junichi passed a little to pass, so I recommend to Junichi one person from the both sides of the way.

外から見えるようにしてある人形を見ようと思っても、純一は足を留めて見ることが出来ない。

Even though I try to see a doll that is visible from the outside, Junichi can not see his feet fast.

そこで覚えず足を早めて通り抜けて、右手の広い町へ曲った。

So I quickly walked past the legs and went to a wide town on the right.

 時計を出して見れば、まだ八時三十分にしかならない。

If I look at the watch, it will only be 8:30.

まだなかなか大石の目の醒める時刻にはならないので、好い加減な横町を、上野の山の方へ曲った。

It was not quite the time to wake up the eyes of Oishi, so I bent into the mountain of Ueno, a favorable yokocho.

狭い町の両側は穢ない長屋で、塩煎餅を焼いている店や、小さい荒物屋がある。

Both sides of a narrow town are non-contaminated tenement buildings, there are shops that bake salted rice crackers and small rough shops.

物置にしてある小屋の開戸が半分|開いている為めに、身を横にして通らねばならない処さえある。

Half the opening of a hut in the storehouse | There is even a matter that you have to go lying down to be open.

勾配のない溝に、芥が落ちて水が淀んでいる。

In the slope without slope, the garbage has fallen and the water is stagnant.

血色の悪い、瘠せこけた子供がうろうろしているのを見ると、いたずらをする元気もないように思われる。

It seems that there is no spirit to play mischief when you see that it is worse for a bad blooded-out child.

純一は国なんぞにはこんな哀な所はないと思った。

Junichi thought that there is no such sad place in the country.

 曲りくねって行くうちに、小川に掛けた板橋を渡って、田圃が半分町になり掛かって、掛流しの折のような新しい家の疎に立っている辺に出た。

While going round and round, across the Itabashi hanging over a stream, the rice field came down halfway and came out to a side standing out of a new house like a fold.

一軒の家の横側に、ペンキの大字で楽器製造所と書いてある。

On the side of a house is written a musical instrument factory with paint's capital.

成程、こんな物のあるのも国と違う所だと、純一は驚いて見て通った。

Junichi surprised and went through as it was a process, such things are different from the country.

 ふいと墓地の横手を谷中の方から降りる、田舎道のような坂の下に出た。

I got off the side of Yanaka from the cemetery and the wandering crane, I got under the slope like a country road.

灰色の雲のある処から、ない処へ日が廻って、黄いろい、寂しい暖みのある光がさっと差して来た。

From something with gray clouds, the sun went around, there was a yellow, light with lonesome warmth at the top.

坂を上って上野の一部を見ようか、それでは余り遅くなるかも知れないと、危ぶみながら佇立している。

Whether going up a slope and seeing a part of Ueno, then it will be too late, then it is in danger of standing up.