文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(656-710)/3777

「フランスを少しばかり習いました」

"I learned France a little."

「何を読んでいます」

"What are you reading?"

「フロオベル、モオパッサン、それから、ブウルジェエ、ベルジックのマアテルリンクなんぞを些ばかり読みました」

"I have just read the floor bellows, the moopassin, and the Mauretelinks of Bourgeje, Bergic a bit."

「らくに読めますか」

"Can you read it in particular?"

「ええ。

"Yes.

マアテルリンクなんぞは、脚本は分りますが、論文はむつかしくて困ります」

Maartelinks understand the script, but the paper is obstracious and troubled. "

「どうむつかしいのです」

"How about you?"

「なんだか要点が掴まえにくいようで」

"Somehow it seems hard to catch the main point"

「そうでしょう」

"do not you"

 大村の顔を、微かな微笑が掠めて過ぎた。

A small smile got over the face of Omura.

嘲の分子なんぞは少しも含まない、温い微笑である。

It is a warm smile that does not contain any of the mockery 's molecules.

感激し易い青年の心は、何故ともなくこの人を頼もしく思った。

The heart of a young man who was easily moved by emotion, thoughtlessly trusted this person.

作品を読んで慕って来た大石に逢ったときは、その人が自分の想像に画いていた人と違ってはいないのに、どうも険しい巌の前に立ったような心持がしてならなかった。

When I met Oishi who reads the work and met with him, I do not feel like I stood in front of a stormy Iwan, although he was not the same as the one I had imagined in my imagination It was.

大村という人は何をしている人だか知らない。

People like Omura do not know what they are doing.

医科の学生なら、独逸は出来るだろう。

If you are a medical student, you can do monsters.

それにフランスも出来るらしい。

And it seems that France is also possible.

只これだけの推察が、咄嗟の間に出来たばかりであるのに、なんだか力になって貰われそうな気がする。

I guess that this guess is just being made in the moment, but somehow it seems to be powerful.

ニイチェという人は、「己は流の岸の欄干だ」と云ったそうだが、どうもこの大村が自分の手で掴えることの出来る欄干ではあるまいかと思われてならない。

A person named Nyche says that "I am a railing on the shore of the stream", but it seems to me that it is not a balustrade that Omura can grasp with his own hands.

そして純一のこう思う心はその大きい瞳を透して大村の心にも通じた。

And Junichi 's thoughtful mind went through Omura' s heart through its big eyes.

 この時梯子の下で、「諸君、平田先生が見えました」と呼ぶ声がした。

At this time, there was a voice calling "You, Mr. Hirata was able to be seen" under the ladder.

平田というのは拊石の氏なのである。

Hirata is Mr. Kaishi.

Seven

 幹事らしい男に案内せられて、梯子を登って来る、拊石という人を、どんな人かと思って、純一は見ていた。

Junichi was watching as a guy who was a guy who was like a secretary, climbing a ladder, thinking who he is called kaishi.

 少し古びた黒の羅紗服を着ている。

I am wearing a slightly old black Luo clothing.

背丈は中位である。

The height is medium.

顔の色は蒼いが、アイロニイを帯びた快活な表情である。

The color of the face is blue but it is a cheerful expression with an irony.

世間では鴎村と同じように、継子根性のねじくれた人物だと云っているが、どうもそうは見えない。

It is said that in the world, like a fishermen, it is said to be a twisted person with step rooting, but I can hardly see that.

少し赤み掛かった、たっぷりある八字髭が、油気なしに上向に捩じ上げてある。

A little reddish, plentiful eight-character beard is twisted upward without oil.

純一は、髭というものは白くなる前に、四十代で赤み掛かって来る、その頃でなくては、日本人では立派にはならないものだと思った。

Junichi thought that a beard would hang red in the forties before it began to turn white, but instead it was not a good thing for Japanese people.

 拊石は上り口で大村を見て、「何か書けますか」と声を掛けた。

Ryo stone looked at Omura at the rising mouth and asked, "Can you write something?"

「どうも持って行って見て戴くようなものは出来ません」

"I can not do something that I take with you to look at."

「ちっと無遠慮に世間へ出して見給え。

"Please give it to the world without disturbance.

活字は自由になる世の中だ」

The world is free to print. "

「余り自由になり過ぎて困ります」

"I am too freedom and getting in trouble"

「活字は自由でも、思想は自由でないからね」

"Although typography is free, thought is not free,"

 緩かな調子で、人に強い印象を与える詞附である。

With a moderate condition, it is a lyric giving a strong impression to people.

強い印象を与えるのは、常に思想が霊活に動いていて、それをぴったり適応した言語で表現するからであるらしい。

It gives a strong impression that the thought is always moving into the spiritual life and expressing it in a language that fits perfectly.

 拊石は会計掛の机の側へ案内せられて、座布団の上へ胡坐をかいて、小さい紙巻の煙草を出して呑んでいると、幹事が卓の向うへ行って、紹介の挨拶をした。

The stone was guided to the side of the accounting desk, put a cuff over the cushion, drew a cigarette of small cigarettes and drank, the secretary went to the desk to greet the introduction .

 拊石は不精らしく体を卓の向うへ運んだ。

Raishi carried the body toward the desk like laziness.

方々の話声の鎮まるのを、暫く待っていて、ゆっくり口を開く。

Waiting for a while, to slow down the voice of the people, slowly open your mouth.

不断の会話のような調子である。

It is like a constant conversation.

「諸君からイブセンの話をして貰いたいという事でありました。

"It was that I wanted you to talk about Ibsen from you.

わたくしもイブセンに就いて、別に深く考えたことはない。

I have never thought about Ibsen deeply.

イブセンに就いてのわたくしの智識は、諸君の既に有しておられる智識以上に何物もあるまいと思う。

I think that my wisdom about Ibsen is nothing more than your own knowledge.

しかし知らない事を聞くのは骨が折れる。

But listening to things you do not know can be painful.

知っていることを聞くの気楽なるに如かずである。

It should be easy to listen to what you know.

お菓子が出ているようだから、どうぞお菓子を食べながら気楽に聞いて下さい」

It seems sweets are coming out, please please listen casually while eating sweets. "

 こんな調子である。

It is such a condition.

声色を励ますというような処は少しもない。

There is nothing like encouraging voice.

それかと云って、評判に聞いている雪嶺の演説のように訥弁の能弁だというでもない。

However, it is not said that it is a spiritual abilities like the speech of Yukimine who is listening to the reputation.

平板極まる中に、どうかすると非常に奇警な詞が、不用意にして出て来るだけは、雪嶺の演説を速記で読んだときと同じようである。

During flattening, it is just as if reading a speech of Yukimine speechlessly, as a matter of fact, very careless lyrics come out inadvertently.

 大分話が進んで来てから、こんな事を言った。

Since Oita story progressed, I said such a thing.

「イブセンは初め諾威の小さいイブセンであって、それが社会劇に手を着けてから、大きな欧羅巴のイブセンになったというが、それが日本に伝わって来て、又ずっと小さいイブセンになりました。

"Ibsen was initially a small Ibsen of consent, which is said to have become a big European Ibsen since he wore hands on social drama, but it came to Japan and it has been in the small Ibsen for a long time became.

なんでも日本へ持って来ると小さくなる。

Bring me anything to Japan and get smaller.

ニイチェも小さくなる。

Nei che also becomes smaller.