文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(711-754)/3777

トルストイも小さくなる。

Tolstoy also gets smaller.

ニイチェの詞を思い出す。

I remember Nyce's lyrics.

地球はその時小さくなった。

The Earth became smaller then.

そしてその上に何物をも小さくする、最後の人類がひょこひょこ跳っているのである。

And, on the top of that, the last human being is jumping, which makes everything smaller.

我等は幸福を発見したと、最後の人類は云って、目をしばだたくのである。

We have found happiness, the last human beings said that they wanted to touch their eyes.

日本人は色々な主義、色々なイスムを輸入して来て、それを弄んで目をしばだたいている。

Japanese people import a variety of principles, various Issims, and they want to mock their eyes by playing with it.

何もかも日本人の手に入っては小さいおもちゃになるのであるから、元が恐ろしい物であったからと云って、剛がるには当らない。

Because everything becomes a small toy in the hands of the Japanese, it is not honest to be stiff, because the former was a terrible thing.

何も山鹿素行や、四十七士や、水戸浪士を地下に起して、その小さくなったイブセンやトルストイに対抗させるには及ばないのです」まあ、こんな調子である。

There is nothing to hit Yamaga's line, 47, and Mito Ryoji underground to oppose the smaller Ibsen and Tolstoy. "Well, this is how it is.

 それから新しい事でもなんでもないが、純一がこれまで蓄えて持っている思想の中心を動かされたのは拊石が諷刺的な語調から、忽然真面目になって、イブセンの個人主義に両面があるということを語り出した処であった。

Then there is nothing new, but Junichi has moved the center of the thought that he has accumulated so far because the stone stone suddenly became serious from the tone of words, there is doubt in the individualism of Ibsen It was the story that I was talking about.

拊石は先ず、次第にあらゆる習慣の縛を脱して、個人を個人として生活させようとする思想が、イブセンの生涯の作の上に、所謂赤い糸になって一貫していることを言った。

Kaishi gradually told that the idea of trying to get individuals to live as individuals, gradually getting out of the habit of all customs is becoming a so-called red string and consistent on the life of Ibsen.

「種々の別離を己は閲した」という様な心持である。

It is a feeling like "I have reviewed various isolation".

これを聞いている間は、純一もこれまで自分が舟に棹さして下って行く順流を、演説者も同舟の人になって下って行くように感じていた。

While listening to this, Junichi felt as if the speaker was going down as a person of the boat, as well as the down stream which he had plowed down in the boat so far going down.

ところが、拊石は話頭を一転して、「これがイブセンの自己の一面です、Peer Gynt に詩人的に発揮している自己の一面です、世間的自己です」と結んで置いて、別にイブセンには最初から他の一面の自己があるということを言った。

However, Kaishi turned over the head of speech and put it concluded that "This is one aspect of Ibsen's self, one aspect of self who is poetically demonstrating to Peer Gynt, a public self", and separately to Ibusen I said that there is another side of self from the beginning.

「若しこの一面がなかったら、イブセンは放縦を説くに過ぎない。

"If I do not have this one aspect, Ibsen pretends to be alone.

イブセンはそんな人物ではない。

Ibusen is not such a person.

イブセンには別に出世間的自己があって、始終向上して行こうとする。

In Ibsen there is another self-career self, trying to improve it all the time.

それが Brand に於いて発揮せられている。

That is demonstrated in Brand.

イブセンは何の為めに習慣の朽ちたる索を引きちぎって棄てるか。

For what reason does Ibsen tear off the corrupt cord which is a custom?

ここに自由を得て、身を泥土に委ねようとするのではない。

I do not try to liberate here and leave myself to the mud.

強い翼に風を切って、高く遠く飛ぼうとするのである」純一はこれを聞いていて、その語気が少しも荘重に聞かせようとする様子でなく、依然として平坦な会話の調子を維持しているにも拘らず、無理に自分の乗っている船の舳先を旋らして逆に急流を溯らせられるような感じがして、それから暫くの間は、独りで深い思量に耽った。

It cuts the wind on a strong wing and tries to fly far and farther. "Junichi listened to this, he seemed to be not trying to make that tone a bit irresponsible, but still kept the tone of a flat conversation Despite being there, I felt like I could forcibly raise the tip of the ship on which I was riding and go back to the torrent, then for a while for a while I indulged in deep thought.

 譬えば長い間集めた物を、一々心覚えをして箱に入れて置いたのを、人に上を下へと掻き交ぜられたような物である。

In parable it is something that was squeezed upwards by humans to remember things collected for a long time, putting them in a box and remembering them.

それを元の通りにするのはむずかしい。

It is difficult to make it as it is.

いや、元の通りにしようなんぞとは思わない。

No, I do not think that it should be the way it was supposed to be.

元の通りでなく、どうにか整頓しようと思う。

I do not think it is the way it is supposed to be, but I think I will manage it in order.

そしてそれが出来ないのである。

And that is impossible.

出来ないのは無理もない。

It is unreasonable not to be able to do.

そんな整頓は固より一朝一夕に出来る筈の整頓ではないのである。

Such ordering is not an orderly arrangement that will be possible overnight.

純一の耳には拊石の詞が遠い遠い物音のように、意味のない雑音になって聞えている。

Junichi 's ear heard the stone' s lyrics became a meaningless noise like a distant, distant noise.

 純一はこの雑音を聞いているうちに、ふと聴衆の動揺を感じて、殆ど無意識に耳を欹てると、丁度拊石がこう云っていた。

While listening to this noise, Junichi suddenly heard the audience 's upset and heard almost unconsciously, he said exactly like this.

「ゾラの Claude は芸術を求める。

"Zora's Claude seeks art.

イブセンのブラントは理想を求める。

Ibsen 's Brandt seeks the ideal.

その求めるものの為めに、妻をも子をも犠牲にして顧みない。

For the sake of what you are looking for, do not look at the sacrifice of your wife and children.

そして自分も滅びる。

And I also perish.

そこを藪睨に睨んで、ブラントを諷刺だとさえ云ったものがある。

There is something that said that even though Brant was a satirical stare eye-catching there.

実はイブセンは大真面目である。

In fact Ibusen is seriously serious.

大真面目で向上の一路を示している。

It is seriously serious and shows one way of improvement.

悉皆か絶無か。

Are you or not?

この理想はブラントという主人公の理想であるが、それが自己より出でたるもの、自己の意志より出でたるものだという所に、イブセンの求めるものの内容が限られている。

This ideal is the ideal of the hero called Brandt, but the content of what Ibsen is seeking is limited, as it is the thing that comes out of himself, more than his own will.

とにかく道は自己の行く為めに、自己の開く道である。

Anyway the road is the way it goes, for the sake of self going.

倫理は自己の遵奉する為めに、自己の構成する倫理である。

Ethics is the self-organization ethics to comply with themselves.

宗教は自己の信仰する為めに、自己の建立する宗教である。

Religion is the religion that he builds for self-belief.

一言で云えば、Autonomie である。

In a word, it is Autonomie.

それを公式にして見せることは、イブセンにも出来なんだであろう。

It will be possible for Ibsen to make it official.

とにかくイブセンは求める人であります。

Anyway Ibsen is the person you want.