文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(1124-1175)/3777

それは磁石の針の如くに、かの共有している筈の秘密を指しているのである。

It refers to the secret that one should share like a magnet needle.

己はいつもなるべくそれと方向を殊にしている策を認容するのであるが、こん度はためしにどれをも廃棄して、「きょうは僕は内で本を読むのだ」と云って見た。

I always accept measures that specialize in that direction as much as possible, but I abandoned anything in my life this time and said, "I read a book inside today, I saw it .

その結果は己の予期した通りであった。

The result was as I expected.

瀬戸は暫くもじもじしていたがとうとう金を貸せと云った。

Seto told him to lend money at last, although he was jealous for a while.

 己にはかれの要求を満足させることは、さほどむずかしくはなかった。

To satisfy his request to himself was not too difficult.

しかし己は中学時代に早く得ている経験を繰り返したくなかった。

However, I did not want to repeat the experience I got earlier in junior high school days.

「君こないだのもまだ返さないで、甚だ済まないが」と云うのは尤も無邪気なのである。

It is innocuous to say, 'You have not returned it yet, but it does not end much.'

「長々|難有う」と云って一旦出して置いて、改めてプラス幾らかの要求をするというのは古い手である。

It is old-fashioned to put out some plus once again after putting out "long, to be difficult".

それから一番|振っているのは、「もうこれだけで丁度になりますからどうぞ」というのであった。

The first thing to wake from then is that "Because it will be exactly this already, please go ahead."

端たのないようにする物、纏めて置く物に事を闕いて、借金を纏めて置かないでも好さそうなものである。

Things that do not end, things put together and putting things together, it seems to be nice even if not putting debts together.

己はそういう経験を繰り返したくなかった。

I did not want to repeat such experiences.

そこで断然初めからことわることにした。

So I definitely decided to start from the beginning.

然るにそのことわるということの経験は甚だ乏しい。

However, experience of doing so is very scarce.

己だって国から送って貰うだけの金を何々に遣うという予算を立てているから、不用な金はない。

Even I have a budget to send as much money as we can send from the country, so there is no unnecessary money.

しかしその予算を狂わせれば、貸されない事はない。

But if you devote your budget, you will not be lent.

かれの要求するだけの金は現に持っているのである。

I have enough money for him to actually have.

それを無いと云おうか。

Let's say that it is not there.

そんな嘘は衝きたくない。

I do not want to hurry such a lie.

又嘘を衝いたって、それが嘘だということは、先方へはっきり知れている。

It is clearly known to the other side that it is a lie to hit the lie again.

それは不愉快である。

It is unpleasant.

 つい国を立つすぐ前である。

It is right before the country is established.

やはりこんな風に心中でとつ置いつした結果、「君これは返さなくても好いが、僕はこれきり出さないよ」と云った事があった。

As a result of putting this in my mind like this, "I like this you do not have to return it, but I will not put out this thing."

そしてその友達とはそれきり絶交の姿になった。

And it was the same as my friends.

実につまらない潔癖であったのだ。

It was truly trivial.

嘘を衝きたくないからと云って、相手の面目を潰すには及ばないのである。

Because you do not want to hurry a lie, you do not need to destroy the face of the opponent.

それよりはまだ嘘を衝いた方が好いかも知れない。

It may be better to hit the lies than it.

 己は勇気を出して瀬戸にこう云った。

I gave courage and said to Seto.

「僕はこれまで悪い経験をしている。

"I have had bad experiences so far.

君と僕との間には金銭上の関係を生ぜさせたくない。

I do not want to make a financial relationship between you and me.

どうぞその事だけは已めてくれ給え」と云った。

Please give me that thing alone. "

瀬戸は驚いたような目附をして己の顔を見ていたが、外の話を二つ三つして、そこそこに帰ってしまった。

Seto watched his face as if he had been surprised, but he took a couple of outstanding stories and went home so much.

あの男は己よりは世慣れている。

That man is more accustomed than he is.

多分あの事の為めに交際を廃めはすまい。

Perhaps I can not abolish relationships for that thing.

只その態度を変えるだろう。

It will change its attitude.

もう「君はえらいよ」は言わなくなって、却て少しは前より己をえらく思うかも知れない。

I will no longer say "I am girls" already, I may think that I will rather be choosing a little more than before.

 しかし己はこんな事を書く積りで、日記を開けたのではなかった。

However, I was not writing a diary because I was writing such a thing.

目的の不慥な訪問をする人は、故らに迂路を取る。

Those who do unnecessary visits to their destinations will take a further detour.

己は自分の書こうと思う事が、心にはっきり分かっていないので、強いて余計な事を書いているのではあるまいか。

I do not know exactly what is wrong because I do not clearly understand what I think to write.

 午後から坂井夫人を訪ねて見た。

I went to see Mrs. Sakai from the afternoon.

有楽座で識りあいになってから、今日尋ねて行くまでには、実は多少の思慮を費していた。

Actually, I was spending some thought before I asked him today, since I became acquainted with Yurakuza.

行こうか行くまいかと、理性に問うて見た。

I asked why I should go or not, reason.

フランスの本が集めてあるというのだから、往って見たら、利益を得ることもあろうとは思ったが、人の噂に身の上が疑問になっている奥さんの邸に行くのは、好くあるまいかと思った。

Because it is said that French books are gathered, I thought that I would gain a profit if I saw it, but I like to go to a wife's house whose daughter is rumored to the person's rumor I thought it was not there.

ところが、理性の上で pro の側の理由と contra の側の理由とが争っている中へ、意志が容喙した。

However, while the reason on the pro side and the reason on the side of the contra were fighting on the reason, the will took over.

己は往って見たかった。

I wanted to see it.

その往って見たかったというのは、書物も見たかったには相違ない。

It is true that I wanted to see it, even wanted to see the books.

しかし容赦なく自己を解剖して見たら、どうもそればかりであったとは云われまい。

But if you look at yourself without mercy, you will not be told that it was all about it.

 己はあの奥さんの目の奥の秘密が知りたかったのだ。

I wanted to know the secret behind that wife's eyes.

 有楽座から帰ってから、己はあの目を折々思出した。

After coming home from Yurakuza, I remembered that eye from time to time.

どうかすると半ば意識せずに思い出していて、それを意識してはっと思ったこともある。

In some ways, I remember without being aware of mid-awareness, and I realized that I was aware of it.

言わばあの目が己を追い掛けていた。

That way the eyes were following me.

或はあの目が己を引き寄せようとしていたと云っても好いかも知れない。

Or maybe he likes saying that his eyes were trying to attract himself.

実は理性の争に、意志が容喙したと云うのは、主客を顛倒した話で、その理性の争というのは、あの目の磁石力に対する、無力なる抗抵に過ぎなかったかも知れない。

Actually, it is said that the intention was conscious of the reason of reason, with the story that overwhelmed the main customer, the fight of reason might have been only a powerless resistance against the magnet power of that eye.