文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(1176-1224)/3777

 とうとうその抗抵に意志の打ち勝ってしまったのが今日であった。

At last it was today that the defense overcame the will.

己は根岸へ出掛けた。

I went to Negishi.

 家は直ぐ知れた。

The house got in touch.

平らに苅り込んだ※の木が高く黒板塀の上に聳えているのが、何かの秘密を蔵しているかと思われるような、外観の陰気な邸であった。

It was a daunting mansion of exterior that seemed to be holding the secret of something that the tree of ※ that had been flatly dressed was rising high above the blackboard fence.

石の門柱に鉄格子の扉が取り附けてあって、それが締めて、脇の片扉だけが開いていた。

The door of the iron grille was attached to the gate of the stone, and it tightened, only one side door was open.

門内の左右を低い籠塀で為切って、その奥に西洋風に戸を締めた入口がある。

There is an entrance that cuts the left and right inside the gate for a low basket fence and closes the door in the western style behind it.

ベルを押すと、美しい十四五の小間使が出て、名刺を受け取って這入って、間もなく出て来て「どうぞこちらへ」と案内した。

When the bell was pressed, a beautiful 145 cheating came out, received a business card, entered the store, and soon came out and told me "Please come here."

 通されたのは二階の西洋間であった。

It was between the west of the second floor that passed through.

一番先に目に附いたのは Watteau か何かの画を下画に使ったらしい、美しい gobelins であった。

The first thing I saw was beautiful gobelins which seems to have used Watteau or something 's painting as the underpainting.

園の木立の前で、立っている婦人の手に若い男が接吻している図である。

A young man is kissing in the hands of a lady standing in front of the trees in the garden.

草木の緑や、男女の衣服の赤や、紫や、黄のかすんだような色が、丁度窓から差し込む夕日を受けて眩ゆくない、心持の好い調子に見えていた。

Green of plants, red of men and women 's clothes, purple or yellowish hazy color, looked like a good feeling of not having glare, receiving the sunset just inserted from the window.

 小間使が茶をもて来て、「奥様が直ぐにいらっしゃいます」と云って、出て行った。

The petty angel brought a cup of tea and went out, saying, "Your wife is coming soon."

茶を一口飲んで、書籍の立て並べてある棚の前に行って見た。

I drank a cup of tea and went to the front of a shelf where books stand side by side.

 書棚の中にある本は大抵己のあるだろうと予期していた本であった。

The book in the bookshelf was a book that I expected mostly to have.

Corneille と Racine と 〔Molie`re〕 とは立派に製本した全集が揃えてある。

Corneille, Racine and [Molie`re] have a thoroughly compiled collection.

それから Voltaire の物や Hugo の物が大分ある。

Then there are things of Voltaire and Hugo 's.

 背革の文字をあちこち見ているところへ、奥さんが出て来られた。

My wife came out where I saw the characters of the backs.

 己は謎らしい目を再び見た。

I saw the mysterious eyes again.

己は誰も云いそうな、簡単で平凡な詞と矛盾しているような表情を再びこの女子の目の中に見出した。

I found out again in this girl's eyes a look which seemed to be saying no one, which seemed to contradict simple and mediocre lyrics.

そしてそれを見ると同時に、己のここへ来たのは、コルネイユやラシイヌに引き寄せられたのではなくて、この目に引き寄せられたのだと思った。

And at the same time as I saw it, I thought that I came to this place was drawn to this eye, not being drawn to Corneille or Lasine.

 己は奥さんとどんな会話をしたかを記憶しない。

I do not remember what kind of conversation I had with my wife.

この記憶の消え失せたのはインテレクトの上の余り大きい損耗ではないに違いない。

It must not be too much wear on the intellect that this memory has gone.

しかし奇妙な事には、己の記憶は決して空虚ではない。

But in a strange thing, my memory is never empty.

談話を忘れる癖に或る単語を覚えている。

I remember a word in my habit of forgetting discourse.

今一層適切に言えば、言語を忘れて音響を忘れないでいる。

To put it more properly, I forget the language and forget the sound.

或る単語が幾つか耳の根に附いているようなのは、音響として附いているのである。

Some words are attached to the roots of ears are attached as acoustics.

 記憶の今一つの内容は奥さんの挙動である。

The other content of memory is the behavior of his wife.

体の運動である。

It is movement of the body.

どうして立っておられたか、どうして腰を掛けられたか、又指の尖の余り細り過ぎているような手が、いかに動かずに、殆ど象徴的に膝の上に繋ぎ合わされていたか、その癖その同じ手が、いかに敏捷に、女中の運んで来た紅茶を取り次いで渡したかというような事である。

Why he was standing, why he was hung, and hands that are too narrow at the cusp of the finger, were moved almost symbolically on the knee without moving, its habit It is like how exactly the same hand handed over the tea that carries the maid.

 こういう音響や運動の記憶が、その順序の不確な割に、その一々の部分がはっきりとして残っているのである。

The memories of such sounds and exercise remain unambiguously in that order, each part of which is clearly left.

 ここに可笑しい事がある。

There is something funny about here.

己は奥さんの運動を覚えているが、その静止しておられる状態に対しては記憶が頗る朧気なのである。

I remember my wife's movements, but it is vague whose memories are stifling against the resting state.

その美しい顔だけでも表情で覚えているので、形で覚えているのではない。

I remember it with expressions with just that beautiful face, so I do not remember it in shape.

その目だけでもそうである。

Even that eye alone is so.

国にいた時、或る爺いが己に、牛の角と耳とは、どちらが上で、どちらが下に附いておりますかと問うた。

When I was in the country, a certain grandfather asked himself, Which is the horn and ear of the cow, which is on the bottom?

それ位の事は己も知っていたから、直ぐに答えたら、爺いが云った。

I knew about that much, so if you answered quickly, the old man said.

「旦那方でそれが直ぐにお分かりになるお方はめったにござりません」と云った。

"I rarely have a man who knows immediately about her husband."

形の記憶は誰も乏しいと見える。

Memory of shape seems to be scarce by nobody.

独り女の顔ばかりではない。

It is not just a single female face.

 そんなら奥さんの着物に就いて、どれだけの事を覚えているか。

How much do you remember about your wife's kimono?

これがいよいよ覚束ない。

This is the last time to be remembered.

記憶は却て奥さんの詞をたどる。

Memory refuses to follow his wife's lyrics.

己が見るともなしに、奥さんの羽織の縞を見ていると、奥さんが云われた。

When I saw the wife's woven stripes without looking, my wife was told.

「おかしいでしょう。

"It will be funny.

お婆あさんがこんな派手な物を着て。

Oima wears such a flashy thing.

わたしは昔の余所行を今の不断着にしますの」と云われた。

I will make the remaining lines of my old life unconscious. "

己はこの詞を聞いて、始てなる程そうかと思った。

I listened to this lyric and thought that it seemed like it started.

華美に過ぎるというような感じは己にはなかった。

I did not feel like being spectacular.

己には只着物の美しい色が、奥さんの容姿には好く調和しているが、どこやら世間並でない処があるというように思われたばかりであった。

For me, the beautiful color of kimono is in harmony with my wife 's appearance, but it seemed to me that there was a place not like the world anywhere.