文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(1268-1312)/3777

己はふいと何の目的もなく外に出たくなって飛び出して、忙がしげに所々を歩いていて、その途中で自分が何物かを求めているのに気が付いて、あの Gautier の Mademoiselle Maupin にある少年のように女を求めているのに気が付いて、自ら咎めはしなかったが、自ら嘲ったことがある。

I wanted to go outside without wanting to go out and I jumped out and busy was walking in places and I noticed that I was asking for something on the way and that Gautier's Mademoiselle Maupin I realized that I was seeking a woman like a boy at, but I did not blame himself, but I mocked myself myself.

あの時の心持は妙な心持であった。

The heartfelt at that time was a strange feeling.

或る aventure に遭遇して見たい。

I want to see and encounter some aventure.

その相手が女なら好い。

I like that person if she is a woman.

そしてその遭遇に身を委ねてしまうか否かは疑問である。

And it is doubtful whether we will entrust ourselves to the encounter.

その刹那に於ける思慮の選択か、又は意志の判断に待つのである。

We wait for choice of thought or decision of will at that moment.

自分の体は愛惜すべきものである。

My body is loving things.

容易に身を委ねてしまいたくはない。

I do not want to let go of my body easily.

事に依ったら、女に遇って、女が己に許すのに、己は従わないで、そして女をなるべく侮辱せずに、なだめて慰藉して別れたら、面白かろう。

Depending on what you are going to do, treat it with a woman, if a woman forgives herself, do not obey herself and do not insult her as much as possible, if you soothe and consoling and breaking up, it will be fun.

そうしたら、或は珍らしい純潔な交が成り立つまいものでもない。

If that is the case, there is nothing like a rare fellow exchange.

いやいや。

No, no.

それは不可能であろう。

It will be impossible.

西洋の小説を見るのに、そんな場合には女は到底侮辱を感ぜずにはいないものらしい。

In watching a Western novel, it seems that a woman does not feel insult at all.

又よしや一時純潔な交のようなものが出来ても、それはきっと似て非なるもので、その純潔は汚涜の繰延に過ぎないだろう。

Yoshiya Yoshiya When you can make things like temporary purity, it surely does not match, its purity is just deferrals.

所詮そうそう先の先までは分かるものではない。

It is not clear until the end of the past.

とにかくアヴァンチュウルに遭遇して見てからの事である。

Anyway it is after seeing the Avantur.

まあ、こんな風な思量が、半ば意識の閾の下に、半ばその閾を踰えて、心の中に往来していたことがある。

Well, this kind of thinking has been halfway through the threshold of consciousness, halfway through the threshold and traversed in my mind.

そういう時には、己はそれに気が付いて、意識が目をはっきり醒ますと同時に、己はひどく自ら恥じた。

At that time, I noticed that, as consciousness awoke my eyes clearly, I was ashamed of myself awfully.

己はなんという怯懦な人間だろう。

What a frightening man you are.

なぜ真の生活を求めようとしないか。

Why will not you seek a real life?

なぜ猛烈な恋愛を求めようとしないか。

Why do not you try seeking a fierce romance?

己はいくじなしだと自ら恥じた。

I was ashamed of myself that I was a bad man.

 しかしとにかく内面からの衝動はあった。

But there was an urge from the inside anyway.

そして外面からの誘惑もないことはなかった。

And there was no temptation from the outside.

己は小さい時から人に可哀がられた。

I was sorrowful for myself from a small time.

好い子という詞が己の別名のように唱えられた。

A favorite child was cast like an alias of herself.

友達と遊んでいると、年長者、殊に女性の年長者が友達の侮辱を基礎にして、その上に己の名誉の肖像を立ててくれた。

When playing with friends, elders, especially elders of women, built a portrait of honor above them based on the insults of their friends.

好い子たる自覚は知らず識らずの間に、己の影を顧みて自ら喜ぶ情を養成した。

While I was not aware of the self-awareness that I like as a child, I trained self-pleasure for my own shadow.

己の 〔vanite'〕 を養成した。

I trained my own [vanite '].

それから己は単に自分の美貌を意識したばかりではない。

Then I merely conscious of my beauty.

己は次第にそれを利用するようになった。

I gradually began to use it.

己の目で或る見かたをすると、強情な年長者が脆く譲歩してしまうことがある。

If you look at a certain eye with your own eyes, a stubborn older person may be brittle and concede.

そこで初めは殆ど意識することなしに、人の意志の抗抵を感ずるとき、その見かたをするようになった。

So, at the beginning, without feeling almost conscious, when I felt the resistance of human will, I began to look at it.

己は次第にこれが媚であるということを自覚せずにはいられなかった。

I gradually could not help being aware that this was a fascination.

それを自覚してからは、大丈夫たるべきものが、こんな宦官のするような態度をしてはならないと反省することもあったが、好い子から美少年に進化した今日も、この媚が全くは無くならずにいる。

Even after I realized that, something to be okay to reflect on that I should refrain from doing such an eunuch attitude, but today I have evolved from a good girl to a young boy, It is not lost.

この媚が無形の悪習慣というよりは、寧ろ有形の畸形のように己の体に附いている。

Rather than this intrigue is an intangible evil habit, rather than being a tangible form of something, it is attached to my body.

この媚は己の醒めた意識が滅そうとした為めに、却って 〔raffine'〕 になって、無邪気らしい仮面を被って、その蔭に隠れて、一層威力を逞くしているのではないかとも思われるのである。

Because this awakens turned to raffine ', because it was thought that my awakened consciousness was going to be destroyed, she suffered an innocent mask and hid behind it, maybe she might further strengthen the power It also seems.

そして外面から来る誘惑、就中異性の誘惑は、この自ら喜ぶ情と媚とが内応をするので、己の為めには随分|防遏し難いものになっているに相違ないのである。

And the temptation coming from the outside, especially the temptation of opposite sex, is self-confessed by the self-pleasing emotion and flavor, so it is not unlikely to be difficult to defend for yourself.

 今日の出来事はこう云う畠に生えた苗に過ぎない。

Today's events are only seedlings that grew in these fields.

 己はこの出来事のあったのを後悔してはいない。

I do not regret having this incident.

なぜというに、現社会に僅有絶無というようになっているらしい、男子の貞操は、縦い尊重すべきものであるとしても、それは身を保つとか自ら重んずるとかいう利己主義だというより外に、何の意義をも有せざるように思うからである。

Why, it seems that it seems to be minor in the present society, even if men 's chastity is something that should be respected vertically, it is not selfishism that keeps itself or emphasizes itself It seems like I have no meaning to it.

そういう利己主義は己にもある。

I have such selfishness as well.

あの時己は理性の光に刹那の間照されたが、歯牙の相撃とうとするまでになった神経興奮の雲が、それを忽ち蔽ってしまった。

At that time I was interspersed with the light of Reason, but the clouds of nervous excitement that it was until I tried to hit the tooth had covered it.

その刹那の光明の消えるとき、己は心の中で、「なに、未亡人だ」と叫んだ。

When that moment's light fades out, I cried out, "What a widow," in my mind.

平賀源内がどこかで云っていたことがある。

Hiraga Genyo sometimes says somewhere.