文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(1982-2033)/3777

人の為すに任すと云っては、まだ十分でない、人の為すを待つ、人の為すを促すと云っても好さそうである。

Leaving it to be done by others is still not enough, waiting for people to do, prompting people to do it seems to be favorable.

しかし我一歩を進めたら、彼一歩を迎えるだろうか。

But will you step a step forward, will he step one step.

それとも一歩を退くだろうか。

Or will you step down one step?

それとも守勢を取って踏み応えるであろうか。

Or will we take defensive measures and respond steadily?

それは我には分からない。

I do not know.

又多分彼にも分からないのであろう。

Or maybe he does not understand.

とにかく彼には強い智識欲がある。

He has a strong desire for knowledge anyhow.

それが彼をして待つような促すような態度に出でしむるのである。

It comes down to a urging attitude that makes him wait and wait.

 純一はこう思うと同時に、この娘を或る破砕し易い物、こわれ物、危殆なる物として、これに保護を加えなくてはならないように感じた。

At the same time Junichi thought like this, I felt that I had to protect this girl as a crushable item, a broken thing, a dangerous thing.

今の自分の位置にいるものが自分でなかったら、お雪さんの危いことは実に甚だしいと思ったのである。

If I was not myself in my current position, I thought that Mr. Snow was dangerous.

そしてお雪さんがこの間に這入った時から、自分の身の内に漂っていた、不安なような、衝動的なような感じが、払い尽されたように消え失せてしまった。

And since Mr. Snow started in the meantime, feeling like uneasy, impulsive, drifting in herself has disappeared as if it had been paid out.

 火鉢の灰を掻きならしている純一が、こんな風に頓に感じた冷却は、不思議にもお雪さんに通じた。

Junichi who is scraping the ashes of the bowl but the cooling which I felt like this in a way like this, strangely passed to Mr. Snow.

夢の中でする事が、抑制を受けない為めに、自在を得ているようなものである。

It is like getting free to do things done in your dream, not to be restrained.

そして素直な娘の事であるから、残惜しいという感じに継いで、すぐに諦めの感じが起る。

And because it is an obedient daughter, we follow up feeling regretful and immediately give up feeling of giving up.

「またこん度遊びに来ましょうね」何か悪い事でもしたのをあやまるように云って、坐を立った。

"Let's come and see you again this time" I sat up sitting to apologize for doing something bad.

「ええ。

"Yes.

お出なさいよ」純一は償わずに置く負債があるような心持をして、常よりは優しい声で云って、重たげに揺らぐお下げの後姿を見送っていた。

Please go out. "Junichi felt as if there was a debt to put without compensation and said with a more gentle voice than usual, he was watching the backward appearance of heavy shaking down.

 この日の夕方であった。

It was this evening.

純一は忙しげに支度をして初音町の家を出た。

Junichi worked hard to prepare and left home in Hatsune Cho.

出る前にはなぜだか暫く鏡を見ていた。

Before leaving, I was watching the mirror for a while.

そして出る時手にラシイヌの文集を持っていた。

And when I got out I had a collection of Lasineu in hand.

十五

Fifteen

   純一が日記の断片

Junichi a diary piece

 恥辱を語るペエジを日記に添えたくはない。

I do not want to attach pegeji to a diary describing shamefulness.

しかし事実はどうもすることが出来ない。

But the fact can not be done.

 己は部屋を出るとき、ラシイヌの一巻を手に取りながら、こんな事を思った。

When I left the room, I thought of this as I picked up a volume of Lashine.

読もうと思う本を持って散歩に出ることは、これまでも度々あった。

It often happens that I take a walk with a book I think to read.

今日はラシイヌを持って出る。

Take the Lashiine today.

この本が外の本と違うのは、あの坂井夫人の所へ行くことの出来る 〔possibilite'〕 を己に与えるというだけの事である。

This book is different from the outside book just to give to himself the possibilite 'that can go to Mrs. Sakai's place.

行くと行かぬとの自由はまだ保留してあると思った。

I thought that the freedom that he would not go is still on hold.

 こんな考えは自ら欺くに近い。

This idea is close to deceiving himself.

 実は余程前から或る希求に伴う不安の念が、次第に強くなって来た。

Actually, the sense of anxiety accompanying some desire came to be getting stronger from a long time ago.

己は極力それを卻けようとした。

I tried to kill it as much as I could.

しかし卻けても又来る。

But I will come again even if I fall for it.

敵と対陣して小ぜりあいの絶えないようなものである。

It is like a constant tiny challenge against an enemy.

 大村はこの希求を抑制するのが、健康を害するものではないと云った。

Omura said that suppressing this desire is not harmful to health.

害せないかも知れぬが、己は殆どその煩わしさに堪えなくなった。

Although it may not be harmful, I almost cease to have its troubles.

そしてある時は、こんなうるさい生活は人間の 〔dignite'〕 を傷けるものだとさえ思った。

And at one point I even thought that such a noisy life would hurt human 'dignite'.

 大村は神経質の遺伝のあるものには、この抑制が出来なくて、それを無理に抑制すると病気になると云った。

Omura said that it is impossible to suppress this nervous genetic one, and if it suppresses it forcibly, it will get sick.

己はそれを思い出して、我神経系にそんな遺伝があるのかとさえ思った。

I recalled that and I even thought that I had such inheritance in my nervous system.

しかしそんな筈はない。

But there is no such thing.

己の両親は健康であったのが、流行病で一時に死んだのである。

My parents were healthy, they died at an episode with an epidemic.

 己の自制力の一角を破壊したものは、久し振に尋ねて来たお雪さんである。

Something that destroyed a part of my self restraint is Mr. Snow who asked a while ago.

 お雪さんと並んで据わっていたとき、自然が己に投げ掛けようとした※の、頭の上近く閃くのが見えた。

When standing side by side with Mr. Snow, I saw nature flashing near my head * which I tried to throw to myself.

 お雪さんもあの※を見たには違いない。

Mr. Yuki must have seen that ※.

しかしそれを遁れようとしたのは、己の方であった。

But it was myself that tried to abstain from it.

 そして己は自分のそれを遁れようとするのを智なりとして、お雪さんを見下だしていた。

And I was looking down at Mr. Yuki as a wisdom to try to get rid of it of myself.

 その時己は我自制力を讃美していて、丁度それと同時に我自制力の一角が破壊せられるのに心附かずにいた。

At that time I was praising my self-control, exactly at the same time I was not worried that one's self-control power was destroyed.

一たび繋がれては断ち難い、堅靭なる索を避けながら、己は縛せられても解き易い、脆弱なる索に対する、戒心を弛廃させた。

While avoiding hard-to-break cords once they are connected once, I declined warnings against fragile cords that I could easily disassemble, even if they were bound.

 無智なる、可憐なるお雪さんは、この破壊この弛廃を敢てして自ら曉らないのである。

Miserable, pretty snow Mr. Darling does not dare himself to do this brute force.

 もしお雪さんが来なかったら、己は部屋を出るとき、ラシイヌを持って出なかっただろう。

If Ms. Snow did not come, when I left the room, I would not have brought Lashine.

 己はラシイヌを手に持って、当てもなく上野の山をあちこち歩き廻っているうちに、不安の念が次第に増長して来て、脈搏の急になるのを感じた。

I had Lashiine in my hand and walked around Ueno mountain without any inconvenience, I felt that my sense of anxiety gradually increased and I felt a sudden pulse.