文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(2858-2901)/3777

生が万有を領略してしまえば、個人は死ぬる。

If life unravels all things, individuals die.

個人主義が万有主義になる。

Individualism becomes the universalism.

遁世主義で生を否定して死ぬるのとは違う。

It is different from dying by denying life with decisivism.

どうだろう、君、こう云う議論は」大村は再び歯を露わして笑った。

Okamura laughed again with his teeth exposed.

 熱心に聞いていた純一が云った。

Said Junichi who was listening intently.

「なる程そんなものでしょうかね。

"Is not it such a thing?

僕も跡で好く考えて見なくては分からないのですが、そんな工合に連絡を附けて見れば、切れ切れになっている近世の思想に、綜合点が出来て来るように思われますね。

I do not know without thinking with a favorite trace, but if you look at it with such contact, it seems that the comprehensive point will come to the idea of the modern age that has been cut out .

こないだなんとか云う博士の説だと云うので、こんな事が書いてありましたっけ。

I said that it is the doctor's doctrine somehow said, so this was written.

個人主義は西洋の思想で、個人主義では自己を犠牲にすることは出来ない。

Individualism is Western thought, and individualism can not sacrifice itself.

東洋では個人主義が家族主義になり、家族主義が国家主義になっている。

In the East, individualism is family-oriented, and familyism is nationalism.

そこで始て君父の為めに身を棄てるということも出来ると云うのですね。

So you can say that you can also abandon yourself for the reason of your father.

こう云う説では、個人主義と利己主義と同一視してあるのだから、あなたの云う個人主義とは全く別ですね。

In this theory, we are identifying individualism and selfishness, so it is completely different from yourself individualism.

それに個人主義から家族主義、それから国家主義と発展して来たもので、その発展が西洋に無くって、日本にあると云うのは可笑しいじゃありませんか」

Moreover, it has developed from individualism to familyism, then nationalism, and it is funny to say that its development is in Japan rather than in the West "

「そりゃあ君、無論可笑しいさ。

"Oh yeah, of course it's funny.

そんな人は個人主義を利己主義や自己中心主義と一しょにしているばかりではなくって、無政府主義とも一しょにしているのだね。

Such a person not only keeps individualism together with selfishness and self-centeredism but also with anarchicism.

一体太古の人間が一人一人穴居から這い出して来て、化学の原子のように離れ離れに生活していただろうと思うのは、まるで歴史を撥無した話だ。

It is like talking about history that it is thought that the ancient human beings crawled out of the cave one by one and were living separately like chemical atoms.

若しそうなら、人生の始は無政府的だが、そんな生活はいつの世にもありやしなかった。

If so, the beginning of life is anarchy, but such a life did not exist anywhere in the world.

無政府的生活なんと云うものは、今の無政府主義者の空想にしか無い。

What is an anarchic life is only the imagination of the anarchist.

人間が最初そんな風に離れ離れに生活していて、それから人工的に社会を作った、国家を作ったと云う思想は、ルソオの Contrat social あたりの思想で、今になってまだそんな事を信じているものは、先ず無いね。

The idea that humans first lived in such a way and then artificially created a society, said that the idea of making a state is Lusoos' thought per Contrat social, and now he still believes such a thing There is nothing first.

遠い昔に溯って見れば見る程、人間は共同生活の束縛を受けていたのだ。

The more I look back in the long time ago, the more human beings were under the bondage of communal life.

それが次第にその羈絆を脱して、自由を得て、個人主義になって来たのだ。

It gradually went off its bonds, gained freedom and became individualism.

お互に文学を遣っているのだが、文学の沿革を見たって知れるじゃないか。

You are literature on one another, but you know that you saw the history of literature.

運命劇や境遇劇が性格劇になったと云うのは、劇が発展して個人主義になったのだ。

It was said that fate plays and ambivalent dramas became personality plays when the play developed and became individualism.

今になって個人主義を退治ようとするのは、目を醒まして起きようとする子供を、無理に布団の中へ押し込んで押さえていようとするものだ。

It is now that we try to get rid of individualism by trying to push the child trying to awake and push it into the futon.

そんな事が出来るものかね」

Can you do something like that? "

 これまでになく打ち明けて、盛んな議論をしているが、話の調子には激昂の迹は見えない。

I confide to you more than ever and have a vigorous debate, but I can not see the tragedy of talk in the tone of the story.

大村はやはりいつもの落ち着いた語気で話している。

Omura is still talking with his usual calm tone.

それを純一は唯「そうですね」「全くですね」と云って、聞いているばかりである。

Junichi is just listening, saying "That's right" and "It's totally fine."

「一体妙な話さ」と、大村が語り続けた。

Omura kept talking, "It's a strange story."

「ロシアと戦争をしてからは、西洋の学者が一般に、日本人の命を惜まないことを知って、一種の説明をしている。

"Since I waged the war with Russia, I learned that Western scholars generally do not hold back the lives of the Japanese, and they are explaining a kind of thing.

日本なんぞでは、家族とか国家とか云う思想は発展していないから、そういう思想の為めに犠牲になるのではない。

In Japan, since thought such as family or state has not developed, it is not sacrificed for such thought.

日本人は異人種の鈍い憎悪の為めに、生命の貴さを覚らない処から、廉価な戦死をするのだと云っている。

The Japanese says it is a cheap war dead from a person who does not remember the nobility of life because of a dull hatred of interracial race.

誰の書物をでも見るが好い。

I like seeing any books.

殆ど皆そんな風に観察している。

Almost everyone observes it like that.

こっちでは又西洋人が太古のままの個人主義でいて、家族も国家も知らない為めに、片っ端から無政府主義になるように云っている。

At this time also Westerners tell us to be anarchistic from the beginning because they are an ancient individualism, and neither families nor the state are known.

こんな風にお互に 〔me'connaissance〕 の交換をしているうちに、ドイツとアメリカは交換大学教授の制度を次第に拡張する。

While exchanging [me'connaissance] with each other like this, Germany and the United States gradually extend the system of professor of exchange college.

白耳義には国際大学が程なく立つ。

International university stands shortly after white earloom.

妙な話じゃないか」と云って、大村は黙ってしまった。

Omura got silent, saying, "It is a strange story."

 純一も黙って考え込んだ。

I thought Junichi silently.

しかしそれと同時に尊敬している大村との隔てが、遽かに無くなったような気がしたので、純一は嬉しさに覚えず微笑んだ。

However, Junichi smiled without learning joyfully, as I felt that the gap with Omura I respect at the same time was gone.

「何を笑うんだい」と、大村が云った。

"What are you laughing," Omura said.

「きょうは話がはずんで、愉快ですね」

"Today is fun and it's funny."

「そうさ。

"That's right.

一々の詞を秤の皿に載せるような事をせずに、なんでも言いたい事を言うのは、我々青年の特権だね」

It is the privilege of our youth to say what you want to say anything without doing things like putting one lyric on the scale dish. "