文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(2902-2955)/3777

「なぜ人間は年を取るに従って偽善に陥ってしまうでしょう」

"Why do humans get hypocritical as they get older?"

「そうさね。

"That's right.

偽善というのは酷かも知れないが、甲らが硬くなるには違いないね。

Hypocrisy may be cruel, but the instruments must be hard.

永遠なる生命が無いと共に、永遠なる若さも無いのだね」

There is no eternal life, nor eternal youth. "

 純一は暫く考えて云った。

Junichi thought for a while.

「それでもどうにかして幾分かその甲らの硬くなるのを防ぐことは出来ないでしょうか」

"But still can not somehow prevent that one's stiffness?"

「甲らばかりでは無い。

"It is not just a crush.

全身の弾力を保存しようという問題になるね。

It will be a problem of preserving the elasticity of the whole body.

巴里の Institut Pasteur に Metschnikoff というロシア人がいる。

In Paris' Institut Pasteur there is a Russian called Metschnikoff.

その男は人間の体が年を取るに従って段々石灰化してしまうのを防ぐ工夫をしているのだがね。

The man is devised to prevent the human body from gradually becoming calcified as the age gets older.

不老不死の問題が今の世に再現するには、まあ、あんな形式で再現する外ないだろうね」

Well, in order to reproduce the problem of immortality and immortality in the present world, well, it will not be reproduced in such a form "

「そうですか。

"Is that so.

そんな人がありますかね。

Do you have such a person?

僕は死ぬまいなんぞとは思わないのですが、どうか石灰化せずにいたいものですね」

I do not think I will not die, but I do want to keep it uncalcified. "

「君、メチュニコッフ自身もそう云っているのだよ。

"You, Mechnicoff himself said so.

死なないわけには行かない。

It will not go without being dead.

死ぬるまで弾力を保存したいと云うのだね」

You say you want to preserve elasticity until you die. "

 二人共余り遠い先の事を考えたような気がしたので、言い合せたように同時に微笑んだ。

Because they felt like they thought of a far way far away, they smiled at the same time as they said.

二人はまだ老だの死だのということを、際限も無く遠いもののように思っている。

They think that death is still old, like the far end without limit.

人一人の生涯というものを測る尺度を、まだ具体的に手に取って見たことが無いのである。

I have never seen the scale measuring the lifetime of a person in a specific way.

 忽ち襖の外でことこと音をさせるのが聞えた。

I was able to hear things to do early that outside the sliding door.

植長の婆あさんが気を利かせて、二人の午飯を用意して、持ち運んでいたのである。

Mr. Ms. Mr. Lady of the planting staff went out, preparing two dinners and carrying it.

二十一

Twenty one

 食事をしまって茶を飲みながら、隔ての無い青年同士が、友情の楽しさを緘黙の中に味わっていた。

While having a meal and drinking tea, young people without isolation enjoyed the enjoyment of friendship in silence.

何か言わなくてはならないと思って、言いたくない事を言う位は、所謂附合いの人の心を縛る縄としては、最も緩いものである。

I think that I have to say something and say what I do not want to say is the loose one as a rope that binds the so - called associate 's heart.

その縄にも縛られずに平気で黙りたい間黙っていることは、或る年齢を過ぎては容易に出来なくなる。

It is not easy to be past a certain age to silence while wanting to keep silent without being bound by the rope.

大村と純一とはまだそれが出来た。

Omura and Junichi were still able to do that.

 純一が炭斗を引き寄せて炭をついでいる間に、大村は便所に立った。

Ohmura stood at the toilet while Junichi attracted the charcoal and attached charcoal.

その跡で純一の目は、急に青い鳥の脚本の上に注がれた。

In that trace Junichi 's eyes were suddenly poured on the blue bird script.

Charpentier et Fasquelle 版の仮綴の青表紙である。

It is the blue cover of the temporary binding of Charpentier et Fasquelle version.

忙わしい手は、紙切小刀で切った、ざら附いた、出入りのあるペエジを翻した。

Busy hands were turned with a paper cutting knife, bambooed, peeled in and out.

そして捜し出された小さい名刺は、引き裂かれるところであったが、堅靭なる紙が抗抵したので、揉みくちゃにせられて袂に入れられた。

And the small business card found was where it was torn apart, but hard-topped paper resisted, so it was cracked and put in a bruise.

 純一は証拠を湮滅させた犯罪者の感じる満足のような満足を感じた。

Junichi felt satisfaction like satisfaction felt by a criminal who destroyed the evidence.

 便所から出て来た大村は、「もうそろそろお暇をしようか」と云って、中腰になって火鉢に手を翳した。

Omura who came out of the toilet, said "Do you plan to leave soon"?

「旅行の準備でもあるのですか」

"Are you preparing for the trip?"

「何があるものか」

"What is there?"

「そんなら、まあ、好いじゃありませんか」

"Well, you do not like it,"

「君も寂しがる性だね」と云って、大村は胡座を掻いて、又紙巻を吸い附けた。

Omura scratched the cedar and sucked the cigarette, saying, "You are lonely, too."

「寂しがらない奴は、神経の鈍い奴か、そうでなければ、神経をぼかして世を渡っている奴だ。

"A man who does not deserve is a dull person with a nerve, otherwise he is crossing the world with blurring his nerves.

酒。

Liquor.

骨牌。

Bone tile.

女。

woman.

Haschisch」

Haschisch "

 二人は顔を見合せて笑った。

They looked at each other and laughed.

 それから官能的受用で精神をぼかしているなんということは、精神的自殺だが、神経の異様に興奮したり、異様に抑圧せられたりして、体をどうしたら好いか分らないようなこともある。

Then, what is blurred with sensual acceptance is mental suicide, but there are things that you do not know how to like your body, because it is excited by the nerve's odds or is suppressed oddly .

そう云う時はどうしたら好いだろうと、純一が問うた。

Junichi asked, "How do you like it when you say so?

大村の説では、一番健全なのはスエエデン式の体操か何かだろうが、演習の仮設敵のように、向うに的を立てなくては、倦み易い。

In Omura 's theory, the most sound thing is the Swedish - style gymnastics or something, but like the temporary enemies of exercises, it is easy to feel tired if you do not look up.

的を立てるとなると、sport になる。

When you make a point, you become a sport.

sport になると、直接にもせよ間接にもせよ競争が生ずる。

When you become a sport, competition will arise either directly or indirectly.

勝負が生ずる。

A game will result.

畢竟倦まないと云うのは、勝とう勝とうと思う励みのあることを言うのであろう。

To say that you do not feel dull is probably saying that you are encouraging to win, winning.

ところが個人毎に幾らかずつの相違はあるとしても、芸術家には先ずこの争う心が少い。

However, even though there are some differences for each individual, artists are firstly faced with this fighting spirit.

自分の遣っている芸術の上でからが、縦え形式の所謂競争には加わっていても、製作をする時はそれを忘れている位である。

Even though it is participating in the so - called competition in the longitudinal style, it is about to forget it when making it on top of the art that he is doing.

Paul Heyse の短編小説に、競争仲間の彫像を夜忍び込んで打ち壊すことが書いてあるが、あれは性格の上の憎悪を土台にして、その上に恋の遺恨をさえ含ませてある。

In Paul Heyse 's short story, it is written that you can sneak in and break down a statue of a competition fellow, but that is based on the hatred of character and even includes the grudge of love on it as well.