文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

青年:森 鴎外(2956-3001)/3777

要するに芸術家らしい芸術家は、恐らくは sport に熱中することがむずかしかろうと云うのである。

In short, an artist like an artist probably says that it will be difficult for you to become enthusiastic about the sport.

 純一は思い当る所があるらしく、こう云った。

Junichi seemed to have a place to remember, he said like this.

「僕は芸術家がる訳ではないのですが、どうも勝負事には熱心になられませんね」

"I am not an artist, but I can not become enthusiastic about the game."

「もう今に歌がるたの季節になるが、それでは駄目だね」

"It's already a song's season, but that's no use."

「全く駄目です。

"It is no use at all.

僕はいつも甘んじて読み役に廻されるのです」と、純一は笑いながら云った。

I always get reluctant to read, "said Junichi with a laugh.

「そうさね。

"That's right.

同じ詞で始まる歌が、百首のうちに幾つあるということを諳んじてしまって、初五文字を読んでしまわないうちに、どれでも好いように、二三枚のかるたを押えてしまうことが出来なくては、上手下手の評に上ることが出来ない。

I squeeze the fact that there are several songs beginning with the same lyrics in the hundreds of heads, and before I have read the first five letters, I hold down two or three cards as I like If I can not do it, I can not make it to my poor hands.

もうあんな風になってしまえば、歌のせんは無い。

As soon as it gets that way, there is no singing of the song.

子供のするいろはがるたも同じ事だ。

Children 's Iroha Yuku is the same.

もっと極端に云えばAの札Bの札というようなものを二三枚ずつ蒔いて置いて、Aと読んだ時、蒔いてあるAの札を残らず撈ってしまえば好いわけになる。

To put it more extreme, sow a couple of things like A 's B' s bills, and when you read A, you will love selling the selling A 's bills all the time.

若し歌がるたに価値があるとすれば、それは百首の歌を諳んじただけで、同じ詞で始まる歌が幾つあるかなんと云う、器械的な穿鑿をしない間の楽みに限られているだろう。

If the songs are worthy of the value of the song, it only depends on the song of 100 songs, what kind of songs start with the same lyrics, to the pleasure of not having mechanical punching It will be limited.

僕なんぞもそんな事で記憶に負担をさせるよりは、何かもっと気の利いた事を覚えたいね」

I would like to memorize something more nervous than having I do such a thing and burdens the memory. "

「一体あんな事を遣ると、なんにも分からない、音の清濁も知らず、詞の意味も知らないで読んだり取ったりしている、本当の routiniers に愚弄せられるのが厭です」

"When I do something like that, I do not know anything, I do not know the clarity of the sound, I do not know the meaning of the lyte, I read or take it, I do not like being touched by real routiniers"

「それでは君にはまだ幾分の争気がある」

"Well then you still have some sort of dispute"

「若いのでしょう」

"You are young,"

「どうだかねえ」

"How can it be?"

 二人は又顔を見合わせて笑った。

They also laughed at the face again.

 純一の笑う顔を見る度に、なんと云う可哀い目附きをする男だろうと、大村は思う。

Omura thinks that every time he sees Junichi's laughing face, he or she is a man who can make a sad eye.

それと同時に、この時ふと同性の愛ということが頭に浮んだ。

At the same time, at the same time suddenly the same sex of love came to mind.

人の心には底の知れない暗黒の堺がある。

There is a dark Sakai that can not be found in mind.

不断一段自分より上のものにばかり交るのを喜んでいる自分が、ふいとこの青年に逢ってから、余所の交を疎んじて、ここへばかり来る。

Continuously I am glad to cross just a thing above myself, since I met this young man with wiping out, I will come to this place very carefully.

不断講釈めいた談話を尤も嫌って、そう云う談話の聞き手を求めることは屑としない自分が、この青年の為めには饒舌して忌むことを知らない。

Disliking disgusted statements ___ ___ 0 ___ ___ 0 ___ ___ 0 ___ ___ 0 ___ ___ 0 ___ ___ 0

自分は homosexuel ではない積りだが、尋常の人間にも、心のどこかにそんな萌芽が潜んでいるのではあるまいかということが、一寸頭に浮んだ。

I am not a homosexuel, but it is one thing in my mind that there is not such an embryo lurking somewhere in my heart even by ordinary people.

 暫くして大村は突然立ち上がった。

A while ago Omura stood up suddenly.

「ああ。

"Oh.

もう行こう。

Let's go now.

君はこれから何をするのだ」

What are you going to do from now? "

「なんにも当てがないのです。

"There is no honor.

とにかくそこいらまで送って行きましょう」

Anyway let's send it out there. "

 午後二時にはまだなっていなかった。

It was not yet at 2 o'clock in the afternoon.

大学の制服を着ている大村と一しょに、純一は初音町の下宿を出て、団子坂の通へ曲った。

Together with Omura wearing the uniform of the university, Junichi left Hodogaya 's boarding house and bent to Dango - zaka - dori.

 門ごとに立てた竹に松の枝を結び添えて、横に一筋の注連縄が引いてある。

A branch of a branch is drawn next to it, linking the pine branch to the bamboo that stands at the gate.

酒屋や青物屋の賑やかな店に交って、商売柄でか、綺麗に障子を張った表具屋の、ひっそりした家もある。

There are quiet houses of a business shop or a tool shop with a shoji screen beautifully, intersecting the lively shops of liquor stores and gift shops.

どれを見ても、年の改まる用意に、幾らかの潤飾を加えて、店に立ち働いている人さえ、常に無い活気を帯びている。

Whatever you look at, even preparing for the year's renewal, adding some sort of lubrication, even those standing in the shop, are constantly lively.

 この町の北側に、間口の狭い古道具屋が一軒ある。

On the northern side of this town there is one narrow antique furniture shop.

谷中は寺の多い処だからでもあろうか、朱漆の所々に残っている木魚や、胡粉の剥げた木像が、古金と数の揃わない茶碗小皿との間に並べてある。

Is it because Yanaka is a place with many temples, wood fish remaining in the vermillion places and wooden statues peeled off with chalk are lined up between a cup and a cup of small tea cup which does not have a number.

天井からは鰐口や磬が枯れた釣荵と一しょに下がっている。

From the ceiling the crocodile mouth and bamboo are descending down with the dead fishes.

 純一はいつも通る度に、ちょいとこの店を覗いて過ぎる。

Every time I always pass Junichi, I peek at this shop a little.

掘り出し物をしようとして、骨董店の前に足を留める、老人の心持と違うことは云うまでもない。

It goes without saying that it is different from the feeling of the old man, who keeps his feet in front of the antique store trying to find a bargain.

純一の覗くのは、或る一種の好奇心である。

Looking at Junichi is a kind of curiosity.

国の土蔵の一つに、がらくた道具ばかり這入っているのがある。

One of the national treasures stores only junk tools.

何に使ったものか、見慣れない器、闕け損じて何の片割れとも知れない金屑や木の切れがある。

There are pieces of gold scraps and wood that may not be familiar to anything, unfamiliar instruments, bad luck, and what one's split.

純一は小さい時、終日その中に這入って、何を捜すとなしにそのがらくたを掻き交ぜていたことがある。

When Junichi was small, he crawled inside of it all day, sometimes stirring the crap without looking for anything.

亡くなった母が食事の時、純一がいないというので、捜してその蔵まで来て、驚きの目を※ったことを覚えている。

When my deceased mother eats me, I do not have Junichi, so I searched and came to that store and remembered that I was surprised.

 この古道具屋を覗くのは、あの時の心持の名残である。

Peeping at this old furniture store is a remnant of the heartfelt at that time.