文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(572-646)/2302

しかしそれも性欲に支配せられて、そんな語を面白がったのではない。

However, it was also ruled by sexual desire, and such a word was not amused.

人の口に上せない隠微の事として面白がったのである。

It was interesting as a secret that can not be put up in the human mouth.

それだから同時に fart という語を引いて Furz という語を出して見て記憶していた。

So at the same time I used the word fart to pull out the word Furz to remember.

あるとき独逸人の教師が化学の初歩を教えていて、硫化水素をこしらえて見せた。

One day, a unique teacher taught the basics of chemistry and showed hydrogen sulfide.

そしてこの瓦斯を含んでいるものを知っているかと問うた。

And I asked if I knew what contained this waste.

一人の生徒が faule Eier と答えた。

One student answered faule Eier.

いかにも腐った卵には同じ臭がある。

The really rotten eggs have the same smell.

まだ何かあるかと問うた。

I asked if there were any more.

僕が起立して声高く叫んだ。

I stood up and shouted loudly.

『Furz !』

"Furz!"

『Was? Bitte, noch einmal !』

'Was? Bitte, noch einmal!'

『Furz !』

"Furz!"

 教師はやっと分かったので顔を真赤にして、そんな詞を使うものではないと、懇切に教えてくれた。

The teacher finally understood, so I turned my face red, and he taught me not to use such words.

 学校には寄宿舎がある。

There is a dormitory at the school.

授業が済んでから、寄って見た。

After the class was over, I stopped by and watched.

ここで始て男色ということを聞いた。

Starting here, I heard that it was male-colored.

僕なんぞと同級で、毎日馬に乗って通って来る蔭小路という少年が、彼等寄宿生達の及ばぬ恋の対象物である。

A boy named Tatsunokoji, who is of the same class as me and who rides a horse every day, is the object of the love that these boarders can not reach.

蔭小路は余り課業は好く出来ない。

I can not do my job well in Datsukoji.

薄赤い頬っぺたがふっくりと膨らんでいて、可哀らしい少年であった。

The pale red cheeks were bloated, and he was a pretty boy.

その少年という詞が、男色の受身という意味に用いられているのも、僕の為めには新智識であった。

It was also a new wisdom for me to use the meaning of the boy's word, meaning male passive color.

僕に帰り掛に寄って行けと云った男も、僕を少年視していたのである。

The man who told me to go back to me was also looking at me as a boy.

二三度寄るまでは、馳走をしてくれて、親切らしい話をしていた。

Until we approached a couple of times, he gave me a feast and talked kindly.

その頃書生の金平糖といった弾豆、書生の羊羹といった焼芋などを食わせられた。

At that time, I was eaten with Shinjo's soft-shelled beans such as Kanpira Sugar, and Shochu such as Shinsei's yokan.

但しその親切は初から少し粘があるように感じて、嫌であったが、年長者に礼を欠いではならないと思うので、忍んで交際していたのである。

However, he felt that his kindness was a little sticky from the beginning and he hated it, but because he thought that he could not lack the gratitude to the elders, he was sneaking out and dating.

そのうちに手を握る。

Hold your hand over time.

頬摩をする。

I wear my cheeks.

うるさくてたまらない。

It's awful.

僕には Urning たる素質はない。

I have no Urning qualities.

もう帰り掛に寄るのが嫌になったが、それまでの交際の惰力で、つい寄らねばならないようにせられる。

I hate to stop by on the way back, but I can be forced to stop by the force of my past relationship.

ある日寄って見ると床が取ってあった。

The floor was taken when I saw it on a certain day.

その男がいつもよりも一層うるさい挙動をする。

The man behaves more noisy than usual.

血が頭に上って顔が赤くなっている。

The blood is on my head and my face is red.

そしてとうとう僕にこう云った。

And finally I said to me.

「君、一寸だからこの中へ這入って一しょに寝給え」

"You're an inch, so go into this one and go to bed!"

「僕は嫌だ」

"I hate it"

「そんな事を言うものじゃない。

"It's not about saying that.

さあ」

here we go"

 僕の手を取る。

Take my hand.

彼が熱して来れば来るほど、僕の厭悪と恐怖とは高まって来る。

The more he heats up, the higher my hatred and fear come.

「嫌だ。

"I don't like it.

僕は帰る」

I will go back "

 こんな押問答をしているうちに、隣の部屋から声を掛ける男がある。

While answering such a question, there is a man who calls from the next room.

「だめか」

"No way"

「うむ」

"Umu"

「そんなら応援して遣る」

"I will support you so much"

 隣室から廊下に飛び出す。

Jump into the corridor from the next room.

僕のいた部屋の破障子をがらりと開けて跳り込む。

I open up and jump on the cat in the room I was in.

この男は粗暴な奴で、僕は初から交際しなかったのである。

This guy is a rough guy and I have not been dating since the beginning.

この男は少くも見かけの通の奴で、僕を釣った男は偽善者であった。

This man was a little apparent guy, and the man who caught me was a hypocrite.

「長者の言うことを聴かなけりゃあ、布団|蒸にして懲して遣れ」

"If you do not listen to what the elders say, futon |

 手は詞と共に動いた。

The hand moved with the words.

僕は布団を頭から被せられた。

I was covered with a futon from my head.

一しょう懸命になって、跳ね返そうとする。

I try hard and try to bounce back.

上から押える。

Press from above.

どたばたするので、書生が二三人覗きに来た。

As the schoolman roars, a calligraphy teacher came for a couple of people.

「よせよせ」などという声がする。

There is a voice saying, "Yosuke."

上から押える手が弛む。

I can not hold my hand from above.

僕はようよう跳ね起きて逃げ出した。

I jumped up and ran away.

その時書物の包とインク壺とをさらって来たのは、我ながら敏捷であったと思った。

At that time, I thought that it was agility to come out of the package of the book and the ink bottle.

僕はそれからは寄宿舎へは往かなかった。

I did not go to the dormitory from then on.

 その頃僕は土曜日ごとに東先生の内から、向島のお父様の処へ泊りに行って、日曜日の夕方に帰るのであった。

At that time, I went to stay at my father's office in Mukojima from Higashi Sensei every Saturday, and I returned home on Sunday evening.

お父様は或る省の判任官になっておられた。

Father was a deputy official of a certain ministry.

僕はお父様に寄宿舎の事を話した。

I told my father about the dormitory.

定めてお父様はびっくりなさるだろうと思うと、少しもびっくりなさらない。

When I think that Father will be surprised, I am not surprised at all.

「うむ。

"Um.

そんな奴がおる。

There is such a guy.

これからは気を附けんと行かん」

From now on, I will go with care.

 こう云って平気でおられる。

This is normal.

そこで僕は、これも嘗めなければならない辛酸の一つであったということを悟った。

So I realized that this was one of the hot acids that I had to give up.

        *

*

 十三になった。

It has become thirteen.

 去年お母様がお国からお出になった。

Last year my mother came out of the country.

 今年の初に、今まで学んでいた独逸語を廃めて、東京英語学校にはいった。

At the beginning of this year, I went to Tokyo English School, abolishing the German acrobatics I had learned so far.

これは文部省の学制が代ったのと、僕が哲学を遣りたいというので、お父様にねだったとの為めである。

This is because the education system of the Ministry of Education has been replaced, and because I want to send philosophies, I was asked to be a father.

東京へ出てから少しの間独逸語を遣ったのを無駄骨を折ったように思ったが、後になってから大分|益に立った。

I thought it was awkward to have sent a few anecdotes for a while after I went to Tokyo, but later I came to Oita.