文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(708-769)/2302

痩せていて背が高い。

She is thin and tall.

若しこの男が硬派であったら、僕は到底免れないのであったかと思う。

If this man was hard-minded, I think I could never escape.

 幸に鰐口は硬派ではなかった。

Fortunately, Higuchi was not hard.

どちらかと云えば軟派で、女色の事は何でも心得ているらしい。

If anything, it's a rude, and she seems to know everything about woman color.

さればとて普通の軟派でもない。

It's not a normal casualty.

軟派の連中は女に好かれようとする。

The fledgling men try to be liked by women.

鰐口は固より好かれようとしたとて好かれもすまいが、女を土苴の如くに視ている。

She prefers to prefer Shiroguchi, but she looks like a woman.

女は彼の為に、只性欲に満足を与える器械に過ぎない。

A woman is nothing but an instrument that gives satisfaction to sexuality for him.

彼は機会のある毎にその欲を遂げる。

He fulfills his greed whenever he has a chance.

そして彼の飽くまで冷静なる眼光は、蛇の蛙を覗うように女を覗っていて、巧に乗ずべき機会に乗ずるのである。

And his sober eyes, as he wears a serpent, wears a woman like a snake and takes the opportunity to ride skillfully.

だから彼の醜を以てして、決して女に不自由をしない。

So, with his nephew, I will never inflict a woman.

その言うところを聞けば、女は金で自由になる物だ。

The woman is freed with money if it hears what it says.

女に好かれるには及ばないと云っている。

It is said that it is not enough to be liked by women.

 鰐口は女を馬鹿にしているばかりはでない。

Higuchi is not only fooling a woman.

あらゆる物を馬鹿にしている。

I make every thing a fool.

彼の目中には神聖なるものが絶待的に無い。

There is absolutely nothing sacred in his eyes.

折々僕のお父様が寄宿舎に尋ねて来られる。

Occasionally my father comes to my dormitory.

お父様が、倅は子供同様であるから頼むと挨拶をなさると、鰐口は只はあはあと云って取り合わない。

When Father asks you because he is similar to a child, if you give a greeting, Higuchi will not meet him after he says.

そして黙ってお父様の僕に訓戒をして下さるのを聞いていて、跡で声いろを遣う。

And he silently listens to admonition to Father's servant, and sends a voice at the mark.

「精出して勉強しんされえ。

"Study out and study.

鰐口君でもどなたでも、長者の云いんさることは、聴かにゃあ行けんぜや。

Mr. Higuchi, everyone, if you hear about the elders, you have to listen.

若し腑に落ちんことがあるなら、どういうわけでそう為にゃならんのか、分りませんちゅうて、教えて貰いんされえ。

If you are young, you may not know why you should be doing so, and you will be taught.

わしはこれで帰る。

I will go back with this.

土曜には待っとるから、来んされえ。

I'll be waiting for you on Saturday, so come on.

あはははは」

Ahahaha "

 それからはお父様の事を「来んされえ」と云う。

From that point on, my father's thing is called "coming up."

今日あたりは又来んされえの来る頃だ。

It is about time to come again today.

又|最中にありつけるだろうなんぞと云う。

I also say that it will be in the middle.

人の親を思う情だからって何だからって、いたわってくれるということはない。

It is not because you feel that you think of a person's parent what you are saying.

「あの来んされえが君のおっかさんと孳尾んで君を拵えたのだ。

"That's come to you, your idiot and your tail.

あはははは」などと云う。

Ahahahaha "and so on.

お国の木戸にいたお爺さんと択ぶことなしである。

There is nothing to choose from the old lady in Kido of the country.

 鰐口は講堂での出来は中くらいである。

Higuchi is medium-sized in the auditorium.

独逸人の教師は、答の出来ない生徒を塗板の前へ直立させて置く例になっていた。

The unique teacher was an example of putting the unanswered student upright in front of the plaster board.

或るとき鰐口が答が出来ないので、教師がそこに立っていろと云った。

At one point Higuchi could not answer, so the teacher asked me to stand there.

鰐口は塗板に背中を持たせて空を嘯いた。

Hagiguchi kept her back on the painted plate and peeped through the sky.

塗板はがたりと鳴った。

The painted board rang.

教師は火のようになって怒って、とうとう幹事に言って鰐口を禁足にした。

The teacher turned like a fire and got angry, at last she told the secretary and banned her mouth.

しかしそれからは教師も鰐口を憚っていた。

But from that point on, teachers were crawling.

 教師が憚るくらいであるから、級中鰐口を憚らないものはない。

There is nothing that can not be beaten during the class, as the teacher speaks.

鰐口は僕に保護を加えはしないが、鰐口のいる処へ来て、僕に不都合な事をするものは無い。

Higuchi doesn't add protection to me, but there is nothing that comes to where there's Higuchi and does anything inconvenient to me.

鰐口は外出するとき、僕にこう云って出て行く。

When I go out, Higuchi says to me this way.

「おれがおらんと、又|穴を覗う馬鹿もの共が来るから、用心しておれ」

"I'm sorry, I'll be careful because I'll come with an idiot to come up with a hole."

 僕は用心している。

I am cautious.

寄宿舎は長屋造であるから出口は両方にある。

The dormitory is a long house and the exit is at both sides.

敵が右から来れば左へ逃げる。

If the enemy comes from the right, flee to the left.

左から来れば右へ逃げる。

If you come from the left, you flee to the right.

それでも心配なので、あるとき向島の内から、短刀を一本そっと持って来て、懐に隠していた。

Still, I was worried, so one day I brought a dagger from within Mukajima and hid it in my pocket.

 二月頃に久しく天気が続いた。

The weather continued for a long time around February.

毎日学課が済むと、埴生と運動場へ出て遊ぶ。

Every day after school, I go out to play with Yayoi.

外の生徒は二人が盛砂の中で角力を取るのを見て、まるで狗児のようだと云って冷かしていた。

The outside students watched that they took horns in the sand, and it was cold as if it was like a darling.

やあ、黒と白が喧嘩をしている、白、負けるななどと声を掛けて通るものもあった。

Hi, black and white were humming, white, and there was also something that passed by calling out, not losing.

埴生と僕とはこんな風にして遊んでも、別に話はしない。

Yayoi and I like to play like this, I will not talk separately.

僕は貸本をむやみに読んで、子供らしい空想の世界に住している。

I read lent books obsessively and live in a childish fantasy world.

埴生は教場の外ではじっとしていない性なので、本なぞは読まない。

Yayoi doesn't read book riddles because she is a sex who is not standing outside the classroom.

一しょに遊ぶと云えば、角力を取る位のものであった。

Speaking of playing at one point, it was about taking the power of the horn.

 或る寒さの強い日の事である。

It is a cold day.

僕は埴生と運動場へ行って、今日は寒いから駆競にしようというので、駈競をして遊んで帰って見ると、鰐口の処へ、同級の生徒が二三人寄って相談をしている。

I will go to the playground with Yayoi, and I will fight in the cold because I am cold today, so when I play and play back and see, there will be a couple of students of the same class who consult with me at the entrance of Higuchi. There is.

間食の相談である。

It is consultation of snacks.

大抵間食は弾豆か焼芋で、生徒は醵金をして、小使に二銭の使賃を遣って、買って来させるのである。

Usually, snacks are round beans or shochu, and the students make a deposit, send a charge to a small messenger and let them buy it.

今日はいつもと違って、大いに奢るというので、盲汁ということをするのだそうだ。

Today is different from usual, and he speaks a lot, so it is said to do blind juice.

てんでに出て何か買って来て、それを一しょに鍋に叩き込んで食うのである。

I went out to buy something and came out with it in a pot.