文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(770-845)/2302

一人の男が僕の方を見て、金井はどうしようと云った。

One man looked at me and Kanai asked what to do.

鰐口は僕を横目に見て、こう云った。

Higuchi looked at me sideways and said,

「芋を買う時とは違う。

"It's different from when you buy chopsticks.

小僧なんぞは仲間に這入らなくても好い」

I don't care if a little boy does not go out with friends

 僕は傍を向いて聞かない振をしていた。

I was looking at the side and did not listen.

誰を仲間に入れるとか入れないとか云って、暫く相談していたが、程なく皆出て行った。

I was consulting for a while, saying, "Who will not join?", But we went out soon.

 鰐口の性質は平生知っている。

I know the nature of Higuchi.

彼は権威に屈服しない。

He does not give in to authority.

人と苟も合うという事がない。

There is no need to go with people.

そこまでは好い。

I like it so far.

しかし彼が何物をも神聖と認めない為めに、傍のものが苦痛を感ずることがある。

But because he does not admit anything as sacred, the ones nearby may feel pain.

その頃僕は彼の性質を刻薄だと思っていた。

At that time I thought his nature was in vain.

それには、彼が漢学の素養があって、いつも机の上に韓非子を置いていたのも、与って力があったのだろう。

The reason is that he was well-versed in Chinese science and always put Han-ko on his desk, and that it had power.

今思えば刻薄という評は黒星に中っていない。

If you think about it now, it is not a black star.

彼は cynic なのである。

He is a cynic.

僕は後に Theodor Vischer の書いた Cynismus を読んでいる間、始終鰐口の事を思って読んでいた。

While reading the Thenis Vischer's Cynismus, I was reading it thinking about the end of it.

Cynic という語は希臘の kyon 犬という語から出ている。

The word Cynic is derived from the term kyon dog.

犬学などという訳語があるからは、犬的と云っても好いかも知れない。

Because there is a translation of dog science etc., it may not be preferable to say it is doglike.

犬が穢いものへ鼻を突込みたがる如く、犬的な人は何物をも穢くしなくては気が済まない。

Just as dogs want to pry into ugly things, dog-like people need to peek at anything.

そこで神聖なるものは認められないのである。

There is no sanctification to be found there.

人は神聖なるものを多く有しているだけ、弱点が多い。

As people have many sacred things, they have many weaknesses.

苦痛が多い。

There is a lot of pain.

犬的な人に逢っては叶わない。

I don't get jealous of a doglike person.

 鰐口は人に苦痛を覚えさせるのが常になっている。

Higuchi is always used to make people feel pain.

そこで人の苦痛を何とも思わない。

Therefore I do not think any pain of people.

刻薄な処はここから生じて来る。

The momentary process comes from here.

強者が弱者を見れば可笑しい。

It is funny if the strong sees the weak.

可笑しいと面白い。

Funny and funny.

犬的な人は人の苦痛を面白がるようになる。

A dog-like person becomes amused by human pain.

 僕だって人が大勢集って煮食をするのを、ひとりぼんやりして見ているのは苦痛である。

It is painful for me to see alone when people gather and eat a large number of people.

それを鰐口は知っていて、面白半分に仲間に入れないのである。

Higuchi knows that, and can not join in the fun part.

 僕は皆が食う間外へ出ていようかと思った。

I thought that I would go out while everyone was eating.

しかし出れば逃げるようだ。

However, it seems to run away if it comes out.

自分の部屋であるのに、人に勝手な事をせられて逃げるのは残念だと思った。

I thought it was disappointing to get away with being selfish by someone, even though it was my room.

さればといって、口に唾の湧くのを呑み込んでいたら彼等に笑われるだろう。

By the way, they will be laughed at if they swallow the spit in their mouth.

僕は外へ出て最中を十銭買って来た。

I went out and bought ten sen while I was out.

その頃は十銭最中を買うと、大袋に一ぱいあった。

At that time, I bought a ten sen while I was in a big bag.

それを机の下に抛り込んで置いて、ランプを附けて本を見ていた。

I put it under the desk, put it on the lamp and looked at the book.

 その中盲汁の仲間が段々帰って来る。

During that time, the friends of the blind juice come back gradually.

炭に石油を打っ掛けて火をおこす。

Hit the oil with charcoal and make a fire.

食堂へ鍋を取りに行く。

I go to the cafeteria to get a pot.

醤油を盗みに行く。

I'm going to steal soy sauce.

買って来た鰹節を掻く。

I scrape the bonito that I bought.

汁が煮え立つ。

The soup simmers.

てんでに買って来たものを出して、鍋に入れる。

Take out what you bought and put in a pot.

一品鍋に這入る毎に笑声が起る。

Every time you go into a bowl, a laughing voice comes up.

もう煮えたという。

It is said that it has already boiled.

まだ煮えないという。

I can not cook it yet.

鍋の中では箸の白兵戦が始まる。

In the pot, a melee battle with a wolf begins.

酒はその頃|唐物店に売っていた gin というのである。

At that time gin was sold to a Chinese restaurant.

黒い瓶の肩の怒ったのに這入っている焼酎である。

It is a shochu that is insulted but angry at the shoulder of the black bottle.

直段が安いそうであったから、定めて下等な酒であったろう。

As it was said that the direct course was cheap, it would have been a low quality sake.

 皆が折々僕の方を見る。

Everybody sees me occasionally.

僕は澄まして、机の下から最中を一つずつ出して食っていた。

I clarified and I was eating one by one from the bottom of the desk.

 Gin が利いて来る。

Gin comes to the fore.

血が頭へ上る。

Blood comes to my head.

話が下へ下って来る。

The story comes down.

盲汁の仲間には硬派もいれば軟派もいる。

There are both hard and loose-minded friends in the blind juice.

軟派の宮裏が硬派の逸見にこう云った。

It is said that the impertinent Miyazato is the star of the hardman.

「どうだい。

"Oh.

逸見なんざあ、雪隠へ這入って下の方を覗いたら、僕なんぞが、裾の間から緋縮緬のちらつくのを見たときのような心持がするだろうなあ」

If you look into the snow cover and look at the lower side, you will feel as if I saw the flickering of the crimp from the hem. "

 逸見が怒るかと思うと大違で、真面目に返事をする。

It's a big difference if you think that mischievousness is angry, I reply seriously.

「そりゃあお情所から出たものじゃと思うて見ることもあるたい」

"I also want to see it as if it came from an apocalypse"

「あはははは。

"Ahahaha.

女なら話を極めるのに、手を握るのだが、少年はどうするのだい」

If you are a woman, you will hold a hand to make a story, but what about a boy? "

「やっぱり手じゃが、こぎゃんして」

"Yeah, I'm doing it with my hands."

 と宮裏の手を掴まえて、手の平を指で押して、承諾するときはその指を握るので、嫌なときは握らないのだと説明する。

He holds his hand in the back of the house, presses the palm of his hand with his finger, and holds it when accepting, explaining that he does not hold it when he does not like it.

 誰やら逸見に何か歌えと勧めた。

I recommended that everyone sing something to their own eyes.

逸見は歌い出した。

Hazumi sang.

「雲のあわやから鬼が穴う突ん出して縄で縛るよな屁をたれた」

"From the cloud's head, a demon pokes out a hole and ties it with a rope."

 甚句を歌うものがある。

There is something that sings a compliment.

詩を吟ずるものがある。

There is something that scolds poetry.

覗機関の口上を真似る。

I imitate the mouth of the insulting agency.

声色を遣う。

Send a voice.

そのうちに、鍋も瓶も次第に虚になりそうになった。

In the meantime, the pot and the bottle gradually became almost empty.

軟派の一人が、何か近い処で好い物を発見したというような事を言う。

It says that one of the fledgling players found something good near them.