文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(916-967)/2302

僕はこの事実に出くわして、却ってそれを当然の事のように思った。

When I came across this fact, I thought of it as a matter of course.

 埴生は間もなく勘定をして料理屋を出た。

Sugao soon made an account and left the restaurant.

察するに、埴生は女の手を握った為めに祝宴を設けて、僕に馳走をしたのであったろう。

To be sure, Yayoi set up a feast to hold on to the woman's hand and probably fought for me.

 僕はその頃の事を思って見ると不思議だ。

It is strange that I think about that time.

何故かというに、人情本を見た時や、埴生がお酌と手を引いて歩いた話をした時浮んだ美しい想像は、無論恋愛の萌芽であろうと思うのだが、それがどうも性欲その物と密接に関聯していなかったのだ。

For some reason, I think that the beautiful imagination that floats when I saw a humanity book or when I talked when I walked with a chopstick with a chopsticks would be the sprout of love, of course. Was not closely related to

性欲と云っては、この場合には適切でないかも知れない。

Sexuality may not be appropriate in this case.

この恋愛の萌芽と Copulationstrieb とは、どうも別々になっていたようなのである。

It seems that this love bud and Copulationstrieb have been separated.

 人情本を見れば、接吻が、西洋のなんぞとまるで違った性質の接吻が叙してある。

If you look at the humanitarian book, the kisses are reminiscent of those of the West, which are completely different in nature.

僕だって、恋愛と性欲とが関係していることを、悟性の上から解せないことはない。

I have never been compelled to understand that love and sexuality are related.

しかし恋愛が懐かしく思われる割合には、性欲の方面は発動しなかったのである。

However, to the rate at which love seems nostalgic, the direction of libido was not activated.

 或る記憶に残っている事柄が、直接にそれを証明するように思う。

Things that remain in memory seem to prove it directly.

僕はこの頃悪い事を覚えた。

I learned bad things these days.

これは甚だ書きにくい事だが、これを書かないようでは、こんな物を書く甲斐がないから書く。

This is a difficult thing to write, but if you don't write it, I write because I have no reason to write something like this.

西洋の寄宿舎には、青年の生徒にこれをさせない用心に、両手を被布団の上に出して寝ろという規則があって、舎監が夜見廻るとき、その手に気を附けることになっている。

In the western dormitory, there is a rule to put out both hands on the futon and lie down on the bed to be careful not to let the young student do this, and when the house supervisor looks over at night, they will be careful about their hands There is.

どうしてそんな事を覚えたということは、はっきりとは分からない。

I can not tell for sure why I learned such a thing.

あらゆる穢いことを好んで口にする鰐口が、いつもその話をしていたのは事実である。

It is a fact that the mouth of the mouth that likes and speaks all the ugly things was always talking about it.

その外、少年の顔を見る度に、それをするかと云い、小娘の顔を見る度に、或る体の部分に毛が生えたかと云うことを決して忘れない人は沢山ある。

Besides, there are a lot of people who never forget that if they look at a boy's face, they will do it, and whenever they look at a little daughter's face, they will have hair on certain parts of their body.

それが教育というものを受けた事のない卑賤な男なら是非が無い。

If it is an obscene man who has never received education, there is no way.

紳士らしい顔をしている男にそういう男が沢山ある。

There are many such men in a man with a gentlemanly face.

寄宿舎にいる年長者にもそういう男が多かった。

There were many such men in the elders in the dormitory.

それが僕のような少年を揶揄う常套語であったのだ。

That was the usual language for boys like me.

僕はそれを試みた。

I tried that.

しかし人に聞いたように愉快でない。

However, it is not pleasant as I heard from people.

そして跡で非道く頭痛がする。

And I have a headache at the mark.

強いてかの可笑しな画なんぞを想像して、反復して見た。

I imagined the kind of funny pictures that I had and watched them repeatedly.

今度は頭痛ばかりではなくて、動悸がする。

This time I have not only a headache but a palpitation.

僕はそれからはめったにそんな事をしたことはない。

I have rarely been doing that since then.

つまり僕は内から促されてしたのでなくて、入智慧でしたので、附焼刃でしたのだから、だめであったと見える。

In other words, I wasn't prompted from the inside, but because I was a member, I thought that it was a failure because it was an attached blade.

 或る日曜日に僕は向島の内へ帰った。

One Sunday I returned to Mukaijima.

帰って見ると、お父様がいつもと違って烟たい顔をして黙っておられる。

When I go back and see, my father is silent and has an ugly face unlike usual.

お母様も心配らしい様子で、僕に優しい詞を掛けたいのを控えてお出なさるようだ。

Mother seems to be anxious, and seems to put out before wanting to put a kind sentence to me.

元気好く帰って行った僕は拍子抜がして、暫く二親の顔を見競べていた。

When I returned home energetically, I was appalled and watched the faces of my two parents for a while.

 お父様が、烟草を呑んでいた烟管で、常よりひどく灰吹をはたいて、口を切られた。

My father shook his mouth with a whistle more than usual, with a tube that had been covered with amber.

お父様は巻烟草は上らない。

Father won't go up with Makisa.

いつも雲井という烟草を上るに極まっていたのである。

I was always at a loss to climb the green grass called Kumoi.

さてお話を聞いて見ると、僕の罪悪とも思わなかった罪悪が、お父様の耳に入ったのである。

Well, listening to the story, my guilt, which I did not think of as my guilty, came into my father's ear.

それはかの手に関係する事ではない。

It does not relate to the hand of a rabbit.

埴生との交際の事である。

It is a relationship with Yayoi.

 同じ学校の上の級に沼波というのがあった。

Numanami was in the upper class of the same school.

僕は顔も知らないが、先方では僕と埴生との狗児のように遊んでいるのを可笑がって見ていたものと見える。

I don't even know my face, but on the other side it looks like she's funny looking at playing like a darling with me.

この沼波の保証人が向島にいて、お父様の碁の友達であった。

This Numanami guarantor was in Mukojima and was a friend of my father's nephew.

そこでお父様はこういう事を聞かれたのである。

Then Father heard such a thing.

 金井は寄宿舎じゅうで一番小さい。

Kanai is the smallest in the dormitory 10.

それに学課は好く出来るそうだ。

Besides, the school department seems to be able to like it.

その友達に埴生というのがいる。

The friend has Yayoi.

これも相応に出来る。

This can be done accordingly.

しかし二人の性質はまるで違う。

But the nature of the two is totally different.

金井は落着いた少年で、これからぐんぐん伸びる人だと思うが、埴生は早熟した才子で、鋭敏過ぎていて、前途が覚束ない。

Kanai is a well-established boy, and I think it is a person who will grow rapidly from now on, but Yayoi is a precocious boy, who is too sensitive and can not get ahead.

二人はひどく仲を好くして、一しょに遊んでいるようだが、それは外に相手がないから、小さい同志で遊ぶのであろう。

They both like to get along very hard and seem to be playing for a long time, but since there is no other party outside, they will play with a small comrade.

ところがこの頃になって、金井の為めには、埴生との交際が頗る危険になったようである。

However, by this time, it seems that it was dangerous for Kanai to associate with Yayoi.

埴生は金井より二つ位年上であろう。

Kiryu will be two places older than Kanai.

それが江戸の町に育ったものだから、都会の悪影響を受けている。

Because it grew up in the town of Edo, it has been adversely affected by the city.