文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1305-1364)/2302

どんな長い物を書いて持って行っても、先生は「どれ」と云って受け取る。

No matter what length you write and take, the teacher says "which".

朱筆を把る。

Understand the brushstrokes.

片端から句読を切る。

Cut punctuation from one end.

句読を切りながら直して行く。

I will fix it while cutting punctuation.

読んでしまうのと直してしまうのと同時である。

It is simultaneous with reading and fixing it.

それでも字眼なぞがあると、標を附けて行かれるから、照応を打ち壊されることなぞはめったに無い。

However, if there is a clue, it will be marked, so there is rarely a chance to break the light.

度々行くうちに、十六七の島田|髷が先生のお給仕をしているのに出くわした。

17-17 Shimada | I came across my chopsticks serving as a teacher.

帰ってからお母様に、今日は先生の内の一番大きいお嬢さんを見たと話したら、それはお召使だと仰ゃった。

When I said back to my mother that I saw the largest daughter of the teacher today, I told him that it was a servant.

お召使というには特別な意味があったのである。

The servant had a special meaning.

 或日先生の机の下から唐本が覗いているのを見ると、金瓶梅であった。

One day when I saw that Karamoto was crawling under the desk of the teacher, it was a gold bottle plum.

僕は馬琴の金瓶梅しか読んだことはないが、唐本の金瓶梅が大いに違っているということを知っていた。

I have only read Mabuki's kettle plum, but I knew that Toramoto's kettle plum is very different.

そして先生なかなか油断がならないと思った。

And I thought that the teacher was not very cautious.

        *

*

 同じ歳の秋であった。

It was autumn of the same age.

古賀の機嫌が悪い。

Koga's mood is bad.

病気かと思えばそうでもない。

It's not true if you think you are ill.

或日一しょに散歩に出て、池の端を歩いていると、古賀がこう云った。

One day I went out for a walk and walked the end of the pond, Koga said.

「今日は根津へ探検に行くのだが、一しょに行くかい」

"I'm going to explore to Nezu today, do you want to go to one?"

「一しょに帰るなら、行っても好い」

"If you go home, it's good to go"

「そりゃあ帰る」

"Oh, let's go home"

 それから古賀が歩きながら探険の目的を話した。

Then Koga walked and talked about the purpose of the expedition.

安達が根津の八幡楼という内のお職と大変な関係になった。

Anda has had a great relationship with his job in Nezu's Hachimantoro.

女が立て引いて呼ぶので、安達は殆ど学課を全廃した。

As a woman stands and calls, Adachi almost abolished the school department.

女の処には安達の寝巻や何ぞが備え附けてある。

At the place of the woman, there is an extra night's sleeper and a number of them.

女の持物には、悉く自分の紋と安達の紋とが比翼にして附けてある。

Women's belongings are attached to their own crests and crests of Andy as special wings.

二三日安達の顔を見ないと癪を起す。

If you don't look at Adachi's face for a few days, you will get jealous.

古賀がどんなに引き留めても、女の磁石力が強くて、安達はふらふらと八幡楼へ引き寄せられて行く。

No matter how much Koga detains, Anda's magnetism is strong, and Adachi will be drawn to the Hachimantoro.

古賀は浅草にいる安達の親に denunciate した。

Koga denunciated to the parents of Asatsu in Asakusa.

安達と安達の母との間には、悲痛なる対話があった。

There was a painful conversation between Anda and her mother.

さて安達の寄宿舎に帰るのを待ち受けて、古賀が「どうだ」と問うた。

By the way, Koga asked, "How is it" while waiting to go back to the residence of Adachi.

安達は途方に暮れたという様子で云った。

It was said that Adachi was at a loss.

「今日は母に泣かれて困った。

"I was troubled by my mother crying today.

母が泣きながら死んでしまうというのを聞けば、気の毒ではある。

It's a pity when I hear that my mother dies while crying.

しかし女も泣きながら死んでしまうというから、為方がない」と云ったというのである。

However, a woman also dies while crying, so there is no way to do it. "

 古賀はこの話をしながら、憤慨して涙を翻した。

As Koga talked about this, he flirted with tears.

僕は歩きながらこの話を聞いて、「なる程非道い」と云った。

I listened to this story while walking and said, "It is as bad as I can."

そうは云ったが、頭の中では憤慨はしない。

That's right, but I don't hesitate in my head.

恋愛というものの美しい夢は、断えず意識の奥の方に潜んでいる。

The beautiful dream of love is always hidden in the back of consciousness.

初て梅暦を又借をして読んだ頃から後、漢学者の友達が出来て、剪燈余話を読む。

From the time when I first borrowed it again and read it, I made a friend of Chinese scholars and read the pruning story.

燕山外史を読む。

Read the history of Ulsan.

情史を読む。

Read the history of emotions.

こういう本に書いてある、青年男女の naively な恋愛がひどく羨ましい、妬ましい。

The love of adolescent men and women naively loves in such a book is terribly envious and envious.

そして自分が美男に生れて来なかった為めに、この美しいものが手の届かない理想になっているということを感じて、頭の奥には苦痛の絶える隙がない。

And because I didn't come to the beauty man, I felt that this beautiful thing is an ideal that I can not reach, and there is no excuse for pain in the back of my head.

それだから安達はさぞ愉快だろう、縦令苦痛があっても、その苦痛は甘い苦痛で、自分の頭の奥に潜んでいるような苦い苦痛ではあるまいという思遣をなすことを禁じ得ない。

So, Adachi will be pleasant, and even if there is longitudinal pain, it can not be forbidden to make a thought that it is a sweet pain and not a painful pain that is hidden behind my head. .

それと同時に僕はこんな事を思う。

At the same time, I think this is the case.

古賀の単純極まる性質は愛す可きである。

Koga's simple extreme nature is its love.

しかし彼が安達の為めに煩悶する源を考えて見れば、少しも同情に値しない。

But if he thinks of the source he is bothering with for the sake of his arrival, he is not at all sympathetic.

安達は寧ろ不自然の回抱を脱して自然の懐に走ったのである。

Ande, rather than taking an unnatural embrace, ran to the bounty of nature.

古賀がこの話を児島にしたら、児島は一しょに涙を翻したかも知れない。

If Koga turns this story into Kojima, Kojima may have had tears at all.

いかにも親孝行はこの上もない善い事である。

It is a very good thing that no matter how good or bad.

親孝行のお蔭で、性欲を少しでも抑えて行かれるのは結構である。

It is good for you to go with a little bit of libido, thanks to your good friend Takayuki.

しかしそれを為し得ない人間がいるのに不思議はない。

However, there is no wonder that there are people who can not do that.

児島は性欲を吸込の糞坑にしている。

Kojima has made sexual desire a sucking feces.

古賀は性欲を折々掃除をさせる雪隠の瓶にしている。

Koga uses a jar of snow cover to cleanse her sexual desire from time to time.

この二人と同盟になっている僕が、同じように性欲の満足を求めずにいるのは、果して僕の手柄であろうか。

Is it all my fault that I, who is in alliance with these two men, does not seek the satisfaction of libido in the same way?

それは頗る疑わしい。

It is suspicious to be angry.

僕が若し児島のような美男に生れていたら、僕は児島ではないかも知れない。

If I was born to a young man like Kojima, I may not be Kojima.

僕は神聖なる同盟の祭壇の前で、こんな heretical な思議を費していたのである。

I was spending such heretical thought in front of the altar of the sacred alliance.

 僕は古賀の跡に附いて、始て藍染橋を渡った。

I took the mark of Koga, and I first crossed the Indigo Bridge.

古賀は西側の小さい家に這入って、店の者と話をする。

Koga visits a small house on the west side and talks with the shop staff.