文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

ヰタ・セクスアリス:森 鴎外(1867-1929)/2302

今ならば人が小説だと云って評したのだろう。

It would have been said that people are novels now.

小説だと勝手に極めて、それから雑報にも劣っていると云ったのだろう。

If it is a novel, it may be said that it is extremely unreasonable and then inferior to the miscellaneous news.

情熱という語はまだ無かったが、有ったら情熱が無いとも云ったのだろう。

The word "passion" was not yet found, but it would have been said that there would be no passion.

衒学なんという語もまだ流行らなかったが、流行っていたらこの場合に使われたのだろう。

The word “衒” was not popular yet, but it would have been used in this case.

その外、自己弁護だなんぞという罪名もまだ無かった。

Besides that, there was still no crime named self-praise.

僕はどんな芸術品でも、自己弁護でないものは無いように思う。

I don't think any art is anything but self-praise.

それは人生が自己弁護であるからである。

It is because life is a defense of self.

あらゆる生物の生活が自己弁護であるからである。

It is because the life of every living thing is a self-defense.

木の葉に止まっている雨蛙は青くて、壁に止まっているのは土色をしている。

The rain gutters that stop on the leaves are blue, and those that stop on the walls are earthy.

草むらを出没する蜥蜴は背に緑の筋を持っている。

The bushes that haunt the grass have green streaks on their backs.

沙漠の砂に住んでいるのは砂の色をしている。

Living in the desert sand is sand colored.

Mimicry は自己弁護である。

Mimicry is a self-defense.

文章の自己弁護であるのも、同じ道理である。

It is also the same reason that it is a self-defense of sentences.

僕は幸にそんな非難も受けなかった。

I was fortunate to have received no such criticism.

僕は幸に僕の書いた物の存在権をも疑われずに済んだ。

I fortunately did not suspect the existence right of what I wrote.

それは存在権の最も覚束ない、智的にも情的にも、人に何物をも与えない批評というものが、その頃はまだ発明せられていなかったからである。

That is because the most impatient, intellectually and emotionally, critiquing that gives people nothing is not invented at that time.

 一週間程立って、或日の午後霽波が又遣って来た。

Standing for about a week, another afternoon, Ayanami came back again.

社主が先日書いて貰ったお礼に馳走をしたいというのだから、今から一しょに来てくれろと云う。

Because the owner wants to make a feast for the gratitude I wrote the other day, he says he'll come from now.

相客は原口安斎という詩人だけで、霽波が社主に代って主人役をするというのである。

The companions are only the poet Anzai Haraguchi, and Tonami acts as the master instead of the owner.

 僕は車を雇って、霽波の車に附いて行った。

I hired a car and went to Tonami's car.

神田明神の側の料理屋に這入った。

I went to a restaurant by Kanda Akirajin.

安斎は先へ来て待っていた。

Ansai was waiting ahead.

酒が出る。

I have a drink.

芸者が来る。

Geisha comes.

ところが僕は酒が飲めない。

However, I can not drink alcohol.

安斎も飲めない。

I can not drink Anzai.

霽波が一人で飲んで一人で騒ぐ。

Tonami drinks alone and makes a noise alone.

三人の客は、壮士と書生との間の子という風で、最も壮士らしいのが霽波、最も普通の書生らしいのが安斎である。

The three customers are children between a great man and a scribe, the most famous being Tonami and the most common one being Anzai.

二人は紺飛白の綿入に同じ羽織を着ている。

The two wore the same haori on cotton with white cotton.

安斎は大人しいが気の利いた男で、霽波と一しょには騒がないまでも、芸者と話もする。

Ansai is a decent but nice man who talks with geishas, even if there is no noise with Tonami.

杯の取遣もする。

I also deal with the cup.

 僕は仲間はずれである。

I am not a friend.

その頃僕は、お父様の国で廉のある日にお着なすった紋附の黒羽二重のあったのを、お母様に為立て直して貰って、それが丈夫で好いというので、不断着にしていた。

At that time, I was reluctant to do something about the black feather doubles of the monk that I had wore on a cheap day in my father's country, and because I said that it was strong and good, I made a persistent attachment The

それを着たままで、霽波に連れられて出たのである。

While wearing it, I was taken out by Tonami.

そして二尺ばかりの鉄の烟管を持っている。

And I have an iron tube of only two scales.

これは例の短刀を持たなくても好くなった頃、丁度|烟草を呑み始めたので、護身用だと云って、拵えさせたのである。

When I wanted to have the dagger of the example, I just started to look at Suga-so, so I used to say that it was for protection.

それで燧袋のような烟草入から雲井を撮み出して呑んでいる。

So I'm taking pictures of Kumoi from a soba-like burdock-in bowl.

酒も飲まない。

I do not drink alcohol.

口も利かない。

I can not speak.

 しかしその頃の講武所芸者は、随分変な書生を相手にし附けていたのだから、格別驚きもしない。

However, since the Kobusho Geisha at that time had been dealing with quite strange calligraphy students, it would not be particularly surprising.

むやみに大声を出して、霽波と一しょに騒いでいる。

He made a loud outrage and was in trouble with Tonami.

 十一時半頃になった。

It was about ten and a half.

女中がお車が揃いましたと云って来た。

The maid said that the car was ready.

揃いましたは変だとは思ったが、左程気にも留めなかった。

I thought it was strange, but I didn't care about the left.

霽波が先に立って門口に出て車に乗る。

Tonami stands ahead and gets out at the gate and rides a car.

安斎も僕も乗る。

Both Anzai and I ride.

僕は「大千住の先の小菅だよ」と車夫に言ったが、車夫は返詞をせずに梶棒を上げた。

I said to the car husband, "It's a small boat ahead of Osenju," but the car husband raised the club without giving a reply.

 霽波の車が真先に駈け出す。

The car of Tonami goes straight ahead.

次が安斎、殿が僕と、三台の車が続いて、飛ぶように駈ける。

The next is Ansai, the tower followed me and three cars followed and fly like a fly.

掛声をして、提灯を振り廻して、御成道を上野へ向けて行く。

I will make a loud voice, sprinkle the lanterns, and head over the road to Ueno.

両側の店は大抵戸を締めている。

Stores on both sides usually lock the doors.

食物店の行燈や、蝋燭なんぞを売る家の板戸に嵌めた小障子に移る明りが、おりおり見えて、それが逆に後へ走るかと思うようだ。

The lights moving to the food stalls and the small shoji put on the plate door of the house that sells the candles seem to be obsessed, and it seems to think that it runs backwards.

往来の人は少い。

There are few people traveling.

偶々出逢う人は、言い合せたように、僕等の車を振り向いて見る。

People who come across me look back at our cars, as I said.

 車はどこへ行くのだろう。

Where will the car go?

僕は自分の経験はないが、車夫がどこへ行くとき、こんな風に走るかということは知っている。

I have no experience with me, but I know where the car husband will go like this.

 広小路を過ぎて、仲町へ曲る角の辺に来たとき、安斎が車の上から後に振り向いて、「逃げましょう」と云った。

After passing the Hirokoji, when I came to the corner of the corner turning to Nakamachi, Ansai turned from the top of the car and said, "Let's escape."

安斎の車は仲町へ曲った。

Ansai's car turned to Nakamachi.

 安斎は遺伝の痼疾を持っている。

Ansai has hereditary hemorrhoids.

体が人並でない。

My body is not ordinary.

こんな車の行く処へは行かれないのである。

It is not possible to go to where such a car goes.

 僕は車夫に、「今の車に附いて行け」と云った。

I said to the carmaker, "Let's attach it to the current car."

小菅に帰るには、仲町へ曲ってはだめであるが、とにかく霽波と別れさえすれば、跡はどうでもなると思ったのである。

To return to Kogaya, it is no good to turn to Nakamachi, but I thought that the trace would be ridiculous as long as I had to say goodbye to Tonami.