文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

鶏:森 鴎外(450-530)/732

 石田はどこか出ようかと思ったが、空模様が変っているので、止める気になった。

Ishida wanted to go out somewhere, but the sky was changing, so I felt like stopping it.

暫くして座敷へ這入って、南アフリカの大きい地図をひろげて、この頃戦争が起りそうになっている Transvaal の地理を調べている。

For a while, I went into the room and opened a large map of South Africa to examine the geography of Transvaal, where wars are about to take place.

こんな風で一日は暮れた。

I ended my day like this.

 三四日立ってからの事である。

It is a thing of the 34th Hitachi.

もう役所は午引になっている。

The government office is already for noon.

石田は馬に蹄鉄を打たせに遣ったので、司令部から引掛に、紫川の左岸の狭い道を常磐橋の方へ歩いていると、戦役以来心安くしていた中野という男に逢った。

As Ishida sent horses to strike horses, I was walking from the headquarters to the narrow road on the left bank of the Murasaki River towards the Joban Bridge, and I met a man named Nakano who had been cheap since the campaign.

中野の方から声を掛ける。

Call out from Nakano.

「おい。

"Hey.

今日は徒歩かい。」

Please walk today. "

「うむ。

"Um.

鉄を打ちに遣ったのだ。

I used to knock on the iron.

君はどうしたのだ。」

What did you do? "

「僕のは海に入れに遣った。」

"I sent it to the sea."

「そうかい。」

"Yes."

「非常に喜ぶぜ。」

"Very happy."

「そんなら僕も一遍遣って見よう。」

"That's why I will spend a whole lot on it."

「別当が泳げなくちゃあだめだ。」

"I have no choice but to swim."

「泳げるような事を言っていた。」

"I was saying something that could swim."

 中野は石田より早く卒業した士官である。

Nakano is an officer who graduated earlier than Ishida.

今は石田と同じ歩兵少佐で、大隊長をしている。

Now he is a major infantry officer same as Ishida, and he is a captain.

少し太り過ぎている男で、性質から言えば老実家である。

A man who is a little overweight and, from the nature, he is an old family.

馬をひどく可哀がる。

I am very sorry for the horse.

中野は話を続けた。

Nakano kept talking.

「君に逢ったら、いつか言って置こうと思ったが、ここには大きな溝に石を並べて蓋をした処があるがなあ。」

"I thought to tell you someday when I asked you, but there is a place where the stones are lined up in the big ditch and the lid is here."

「あの馬借に往く通だろう。」

"I will come to that horse rental."

「あれだ。

"That's it.

魚町だ。

It's a fish town.

あの上を馬で歩いちゃあいかんぜ。

I can walk on that horse with a horse.

馬は人間とは目方が違うからなあ。」

Horses look different from humans. "

「うむ。

"Um.

そうかも知れない。

It may be so.

ちっとも気が附かなかった。」

I was not worried at all. "

 こんな話をして常磐橋に掛かった。

I talked about this and went to Joban Bridge.

中野が何か思い出したという様子で、歩度を緩めてこう云った。

As Nakano remembered something, he slowed down his pace and said:

「おう。

"Oh.

それからも一つ君に話しておきたいことがあった。

One more thing I wanted to talk to you.

馬鹿な事だがなあ。」

It's stupid, though. "

「何だい。

"What?

僕はまだ来たばかりで、なんにも知らないんだから、どしどし注意を与えてくれ給え。」

I just came and I don't know anything, so give me a warning. "

「実は僕の内の縁がわからは、君の内の門が見えるので、妻の奴が妙な事を発見したというのだ。」

"The fact is that I can see the inside of you, because I can see the gate inside you, and the wife of you has found something strange."

「はてな。」

"Hatea."

「君が毎日出勤すると、あの門から婆あさんが風炉敷包を持って出て行くというのだ。

"When you go to work every day, that guy will take out the wind furnace package from that gate.

ところが一昨日だったかと思う、その包が非常に大きいというので、妻がひどく心配していたよ。」

However, I think it was the day before yesterday, my wife was very worried because the package was very large. "

「そうか。

"Really.

そう云われれば、心当がある。

If you say so, there is a pity.

いつも漬物を切らすので、あの日には茄子と胡瓜を沢山に漬けて置けと云ったのだ。」

I always cut the pickles, so on that day I put a lot of gyoza and pepper and told me to put it. "

「それじゃあ自分の内へも沢山漬けたのだろう。」

"That's why so many of them were soaked in themselves."

「はははは。

"Hahaha.

しかしとにかく難有う。

But it is difficult anyway.

奥さんにも宜しく云ってくれ給え。」

Please give my best regards to your wife. "

 話しながら京町の入口まで来たが、石田は立ち留まった。

I came to the entrance of Kyomachi while talking, but Ishida stayed.

「僕は寄って行く処があった。

"I had a place to go.

ここで失敬する。」

I disappoint here. "

「そうか。

"Really.

さようなら。」

goodbye. "

 石田は常磐橋を渡って跡へ戻った。

Ishida crossed the Joban Bridge and returned to the mark.

そして室町の達見へ寄って、お上さんに下女を取り替えることを頼んだ。

Then I stopped by Tarumi in Muromachi and asked the government to replace the woman.

お上さんは狆の頭をさすりながら、笑ってこう云った。

The government said laughing while sipping his head.

「あんた様は婆あさんがええとお云なされたがな。」

"Don't you say that you are a uh?"

「婆あさんはいかん。」

"Sorry, she is."

「何かしましたかな。」

"What did you do?"

「何もしたのじゃない。

"I did not do anything.

大分えらそうだから、丈夫な若いのをよこすように、口入の方へ頼んで下さい。」

Please ask the person who has an affection to give you a strong young man. "

「はいはい。

"Yes yes.

別品さんを上げるように言うて遣ります。」

I will tell you to raise another product. "

「いや、下女に別品は困る。

"No, I'm in trouble with another woman.

さようなら。」

goodbye. "

 石田はそれから帰掛に隣へ寄って、薄井の爺さんに、下女の若いのが来るから、どうぞお前さんの処の下女を夜だけ泊りに来させて下さいと頼んだ。

Ishida then came to the next door, and asked Mr. Fusui's nephew, the youngest woman to come, let me bring your young woman only for the night.

そして内へ帰って黙っていた。

And I went back and shut up.

 翌日口入の上さんが来て、お時婆あさんに話をした。

On the next day, Mr. Uegami came and talked to her at the same time.

年寄に骨を折らせるのが気の毒だと、旦那が云うからと云ったそうである。

It is said that the husband said that it was a pity to make the effort go by age.

婆あさんは存外素直に聞いて帰ることになった。

Mr. Tatsumi was obliged to listen to him and came home.

石田はまだ月の半ばであるのに、一箇月分の給料を遣った。

While Ishida was still in the middle of the month, he paid a monthly salary.

 夕方になって、口入の上さんは出直して、目見えの女中を連れて来た。

In the evening, Mr. Uegami turned up and brought in a visible maid.

二十五六位の髪の薄い女で、お辞儀をしながら、横目で石田の顔を見る。

She is a thin woman with twenty-sixth place, and while bowing, she sees Ishida's face sideways.

襦袢の袖にしている水浅葱のめりんすが、一寸位袖口から覗いている。

Merinsu from Minamata, who is on the sleeves of a rabbit, peeks out from the cuff.

 石田は翌日島村を口入屋へ遣って、下女を取り替えることを言い付けさせた。

Ishida sent the island village to the end of the next day, asking him to replace his wife.

今度は十六ばかりの小柄で目のくりくりしたのが来た。

This time, I came to have a look with 16 petite eyes.

気性もはきはきしているらしい。

It seems that the temper is also good.

これが石田の気に入った。

This is Ishida's favorite.

 二三日置いてみて、石田はこれに極めた。

After leaving for a few days, Ishida was extremely good at it.