文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

鶏:森 鴎外(658-732)/732

石田は雛を畳の上に持って来て米を遣る。

Ishida brings the persimmon on the tatami mat and sends rice.

段々馴れて手掌に載せた米を啄むようになる。

Gradually get used to eating rice placed on the palm of your hand.

又少し日が立って、石田が役所から帰って机の前に据わると、庭に遊んでいたのが、走って縁に上って来て、鶴嘴を使うような工合に首を sagittale の方向に規則正しく振り動かして、膝の傍に寄るようになる。

Also, when a little sun stood up and Ishida returned from the office and stood in front of the desk, what I was playing in the yard was running and coming up to the edge, the head of the sagittale to use the crane and so on Shake regularly in the direction and get close to your knees.

石田は毎日役所から帰掛に、内が近くなると、雛の事を思い出すのである。

Ishida reminds me of the habit when coming close from the government office every day.

 八月の末に、師団長は湯治場から帰られた。

At the end of August, the division chief returned from the treatment area.

暑中休暇も残少なになった。

The summer vacation has also become scarce.

二十九日には、土地のものが皆地蔵様へ詣るというので、石田も寺町へ往って見た。

On the 29th, all the land will go to Jizo, so I saw Ishida going to Teramachi.

地蔵堂の前に盆燈籠の破れたのを懸け並べて、その真中に砂を山のように盛ってある。

In front of Jizodo, we lined up the torn of Bonsai and lined the sand like a mountain in the middle.

男も女も、線香に火を附けたのを持って来て、それを砂に立てて置いて帰る。

Both men and women bring in the incense stick, bring it to the sand and leave it home.

 中一日置いて三十一日には、又商人が債を取りに来る。

In the middle of the day, and in thirty days, a merchant will come back for debt.

石田が先月の通に勘定をしてみると、米がやっぱり六月と同じように多くいっている。

When Ishida counts last month's account, rice still goes as much as in June.

今月は風炉敷包を持ち出す婆あさんはいなかったのである。

There was no niece to bring up the windbreaker this month.

石田は暫く考えてみたが、どうも春はお時婆あさんのような事をしそうにはない。

Ishida tried to think for a while, but it is not likely to do something like spring in the spring.

そこで春を呼んで、米が少し余計にいるようだがどう思うと問うて見た。

So I called for spring, and it seemed that there was a little extra rice, but I asked what I thought.

 春はくりくりした目で主人を見て笑っている。

Spring looks at my master with eyes that are fresh and laughs.

彼は米の多くいるのは当前だと思うのである。

He thinks that there is much rice now.

彼は多くいるわけを知っているのである。

He knows that there are many.

しかしそのわけを言って好いかどうかと思って、暫く考えている。

However, I think for a while thinking whether I would like to say that.

 石田は春に面白い事を聞いた。

Ishida heard something interesting in spring.

それは別当の虎吉が、自分の米を主人の米櫃に一しょに入れて置くという事実である。

That is the fact that another good friend, Torayoshi, puts his rice in one bowl of his master's rice bran.

虎吉の給料には食料が這入っている。

Food is included in Torayi's salary.

馬糧なんぞは余り馬を使わない司令部勤務をしているのに、定則だけの金を馬糧屋に払っているのだから虎吉が随分利益を見ているということを、石田は知っている。

Ishida knows that Torayoshi sees a great deal of profit because he pays only regular money to the horse stables even though he is working at the head office which does not use much horse .

しかし馬さえ痩せさせなければ好いと思って、あなぐろうとはしない。

However, if you don't let even the horse lose weight, you don't want to do it.

そうしてあるのに、虎吉が主人の米櫃に米を入れて置くことにして、勝手に量り出して食うというに至っては、石田といえども驚かざることを得ない。

Even if it is so, even if it is Ishida, we can not but be surprised if Torayoshi decides to put rice in the rice bran of the master and put it out by hand.

虎吉は米櫃の中へ、米をいくら入れるか、何遍入れるか少しも分らないのである。

Torayoshi does not know how much rice will be put into the rice bran and how often to put it.

そうして置いて、量り出す時にはいくらでも勝手に量り出すのである。

So when you put it out, it weighs out as much as you want.

段々春の云うのを聞いて見れば、味噌も醤油も同じ方法で食っている。

If you listen to what spring says, miso and soy sauce are eating in the same way.

内で漬ける漬物も、虎吉が「この大きい分は己の茄子だ」と云って出して食うということである。

The pickles pickled inside are also eaten by saying that "This big part is my own dumpling".

虎吉は食料は食料で取って、実際食う物は主人の物を食っているのである。

Torayoshi eats food with food, and the food he eats actually eats the owner's.

春は笑ってこう云った。

Spring said laughing.

割木も別当さんのは「見せ割木」で、いつまで立っても減ることはないと云った。

He also said that he was "showing persimmon," and that he would never decrease if he stood up.

勝手道具もそうである。

The same is true for hand tools.

土間に七釐が二つ置いてある。

There are two navy pots in the ground.

春の来た時に別当が、「壊れているのは旦那ので、満足なのは己のだ」と云った。

When spring came, the other party said, "Because my husband is broken, I am satisfied with it."

その内に壊れたのがまるで使えなくなったので、春は別当と同じ七釐で物を烹る。

Since it was totally useless in it, in spring, I hit a thing with the same seven ax as another.

別当は「旦那の事だから貸して上げるが、手めえはお辞儀をして使え」と云っているということである。

Another thing is that "I'll give you a loan because I'm a husband, but I can use my hand to bow and use it".

 石田は始て目の開いたような心持がした。

Ishida first felt like an open eye.

そして別当の手腕に対して、少からぬ敬意を表せざることを得なかった。

And I had no choice but to show my respect for the skill of the other player.

 石田は鶏の事と卵の事とを知っていた。

Ishida knew about chicken and eggs.

知って黙許していた。

I knew it and I was silent.

然るに鶏と卵とばかりではない。

Yes, not just chicken and eggs.

別当には 〔syste'matiquement〕 に発展させた、一種の面白い経理法があって、それを万事に適用しているのである。

There is another kind of interesting accounting method developed to [syste'matiquement], which is applied to all things.

鶏を一しょに飼って、生んだ卵を皆自分で食うのは、唯この systeme を鶏に適用したに過ぎない。

It is only the application of this systeme to chickens that they keep chickens and eat their own eggs.

 石田はこう思って、覚えず微笑んだ。

Ishida thought this way and smiled without remembering.

春が、若し自分のこんな話をしたことが、別当に知れては困るというのを、石田はなだめて、心配するには及ばないと云った。

Ishida calmly said that Spring hadn't made it such a story that he had such a story, and said that he would not have enough to worry.

 石田は翌日米櫃やら、漬物桶やら、七釐やら、いろいろなものを島村に買い集めさせた。

The next day Ishida bought rice balls, pickles, rice bowls, and many other things at Shimamura.

そして虎吉を呼んで、これまであった道具を、米櫃には米の這入っているまま、漬物桶には漬物の這入っているままで、みんな遣って、平気な顔をしてこう云った。

Then he called Tigerkichi and put all the tools that had been in the past in a bowl of rice in a rice bran, and a bowl of pickle in a pickle bowl.

「これまで米だの何だのが、お前のと一しょになっていたそうだが、あれは己が気が附かなかったのだ。

"So far what it is rice is said to be one with yours, but that was something that I was not aware of.

己は新しい道具を買ったから、これまでの道具はお前に遣る。

Since I bought a new tool, I will send you the tool that I have used to date.

まだこの外にもお前の物が台所にまぎれ込んでいるなら、遠慮をせずに皆持って行ってくれい。

If your thing is still in the kitchen outside of this, please don't hesitate to bring it with you.

それから鶏が四五羽いるが、あれは皆お前に遣るから、食うとも売るとも、勝手にするが好い。」

Then I have forty-five chickens, but I will send them all to you, so I prefer to be selfish if you eat or sell. "

 虎吉は呆れたような顔をして、石田の云うことを聞いていて、石田の詞が切れると、何か云いそうにした。

Torayoshi had a drowning face, listening to Ishida's words, and when Ishida's words were broken, he said something to him.

石田はそれを言わせずにこう云った。

Ishida said without saying it.

「いや。

"Disagreeable.

お前の都合はあるかも知れないが、己はそう極めたのだから、お前の話を聞かなくても好い。」

It may be convenient for you, but because I was so good, I do not mind listening to your story. "

 石田はついと立って奥に這入った。

Ishida finally stood up and went into the back.

虎吉は春に、「旦那からお暇が出たのだかどうだか、伺ってくれろ」と頼んだ。

In the spring, Torayoshi asked, "Well, I have a free time from my husband, please ask me."

石田は笑って、「己はそんな事は云わなかったと云え」と云った。

Ishida laughed and said, "I said that I did not say that."

 その晩は二十六|夜待だというので、旭町で花火が上がる。

That night is twenty-six | I'm waiting for the night, so the fireworks go up in Asahicho.

石田は表側の縁に立って、百日紅の薄黒い花の上で、花火の散るのを見ている。

Ishida stands at the edge of the front side and sees the fireworks splashing on the pale black flower of Hundred Rose.

そこへ春が来て、こう云った。

Spring came there, saying:

「今別当さんが鶏を縛って持って行きよります。

"Now I'm going to tie the chicken and bring it.

雛は置こうかと云いますが、置けと云いまっしょうか。」

I would like to put a pot, but let's say it should be put. "

「雛なんぞはいらんと云え。」

"That's right."

 石田はやはり花火を見ていた。

Ishida still looked at the fireworks.

底本:「阿部一族・舞姫」新潮文庫、新潮社

Somoto: "Abe clan · Maihime" Shincho Bunko, Shinchosha

   1968(昭和43)年4月20日発行

Published April 20, 1968 (Showa 43)

   1985(昭和60)年5月20日36刷改版

May 20, 1985 (36th edition) 36th edition revised

   1994(平成6)年12月15日54刷

December 15, 1994, 54th edition

入力:蒋龍

Input: Yulong

校正:noriko saito

Calibration: noriko saito

2005年4月1日作成

Created on April 1, 2005

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the Internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were the ones who took part in input, proofreading and production.