文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

普請中:森 鴎外(1-51)/186

普請中

Under construction

森鴎外

Mori Ogai

 渡辺参事官は歌舞伎座の前で電車を降りた。

Watanabe counselor got off the train in front of Kabukiza.

 雨あがりの道の、ところどころに残っている水たまりを避けて、木挽町の河岸を、逓信省の方へ行きながら、たしかこの辺の曲がり角に看板のあるのを見たはずだがと思いながら行く。

Avoiding the remaining puddles of the rainy road and going to the banks of Kiso-cho towards the Ministry of Communications, I think I should have seen a signboard at a corner of this area.

 人通りはあまりない。

There are not many people passing by.

役所帰りらしい洋服の男五六人のがやがや話しながら行くのにあった。

There were five men of clothes that seemed to return from the office to go while talking in vain.

それから半衿のかかった着物を着た、お茶屋のねえさんらしいのが、なにか近所へ用たしにでも出たのか、小走りにすれ違った。

Then I wore a half-married kimono and it looks like you at the tea-shop's house, but I wondered if I went out to the neighborhood or something, just passing by.

まだ幌をかけたままの人力車が一台あとから駈け抜けて行った。

A rickshaw with the hood still hanging over came one after another.

 果して精養軒ホテルと横に書いた、わりに小さい看板が見つかった。

A small signboard was found, which was written next to Seiyoken Hotel.

 河岸通りに向いた方は板囲いになっていて、横町に向いた寂しい側面に、左右から横に登るようにできている階段がある。

The side facing the riverbank is a fence, and there are stairs on the side of the side facing the town, which are made to climb from side to side.

階段はさきを切った三角形になっていて、そのさきを切ったところに戸口が二つある。

The stairs are in the shape of a triangle, and there are two doorways at the end of the staircase.

渡辺はどれからはいるのかと迷いながら、階段を登ってみると、左の方の戸口に入口と書いてある。

While wondering from where Watanabe is from, when I climb the stairs, the entrance to the left is written as the entrance.

 靴がだいぶ泥になっているので、丁寧に掃除をして、硝子戸をあけてはいった。

The shoes were so dirty that I cleaned them carefully and opened the glass doors.

中は広い廊下のような板敷で、ここには外にあるのと同じような、棕櫚の靴ぬぐいのそばに雑巾がひろげておいてある。

Inside is a large corridor-like board, where rags are spread by the rattan's shoecloth as well as outside.

渡辺は、おれのようなきたない靴をはいて来る人がほかにもあるとみえると思いながら、また靴を掃除した。

Watanabe cleaned the shoes again, thinking that there might be other people coming with my dirty shoes.

 あたりはひっそりとして人気がない。

It is not popular as it is quiet.

ただ少しへだたったところから騒がしい物音がするばかりである。

There is only a loud noise coming from just a little bit.

大工がはいっているらしい物音である。

It is a sound that a carpenter is saying.

外に板囲いのしてあるのを思い合せて、普請最中だなと思う。

I think that I'm in the process of putting in place that I think that there is a fence outside

 誰も出迎える者がないので、真直ぐに歩いて、つき当って、右へ行こうか左へ行こうかと考えていると、やっとのことで、給仕らしい男のうろついているのに、出合った。

As no one came to greet me, I was walking straight and thinking of going to the right or to the left, and finally I met a man who seemed to be a waiter, but I met.

「きのう電話で頼んでおいたのだがね」

"I asked for it by phone yesterday"

「は。

"

お二人さんですか。

Are you two?

どうぞお二階へ」

Please go to the second floor "

 右の方へ登る梯子を教えてくれた。

He taught me a ladder to climb to the right.

すぐに二人前の注文をした客とわかったのは普請中ほとんど休業同様にしているからであろう。

The reason why I found out that it was a customer who made an order for two people soon is probably because it is almost the same time as the company is closed.

この辺まで入り込んでみれば、ますます釘を打つ音や手斧をかける音が聞えてくるのである。

If you go into this area, you will hear sounds of nailing and trickling.

 梯子を登るあとから給仕がついて来た。

The waiter came after climbing the ladder.

どの室かと迷って、うしろをふりかえりながら、渡辺はこういった。

Watanabe looks like this while looking back at the back of the room.

「だいぶにぎやかな音がするね」

"There is a lively sound"

「いえ。

"House.

五時には職人が帰ってしまいますから、お食事中騒々しいようなことはございません。

At five o'clock the craftsman will be back, so there is nothing noisy during your meal.

しばらくこちらで」

For a while here "

 さきへ駈け抜けて、東向きの室の戸をあけた。

I went through the front and opened the door of the room facing east.

はいってみると、二人の客を通すには、ちと大きすぎるサロンである。

If you look at it, it is a salon that is too big to pass two customers.

三所に小さい卓がおいてあって、どれをも四つ五つずつ椅子が取り巻いている。

There are small tables in three places, with four or five chairs surrounding each.

東の右の窓の下にソファもある。

There is also a sofa under the right window in the east.

そのそばには、高さ三尺ばかりの葡萄に、暖室で大きい実をならせた盆栽がすえてある。

Beside that, there is a bonsai that has a large fruit in a warm room in a bowl that is only three meters high.

 渡辺があちこち見廻していると、戸口に立ちどまっていた給仕が、「お食事はこちらで」といって、左側の戸をあけた。

When Watanabe was looking around, waiters who had stopped at the door opened the door on the left, saying, "The meal is here."

これはちょうどよい室である。

This is a good room.

もうちゃんと食卓がこしらえて、アザレエやロドダンドロンを美しく組み合せた盛花の籠を真中にして、クウウェエルが二つ向き合せておいてある。

The dining table is ready, and Kuueael is facing each other in the center of the flower-flowered azalea and rhododantron combination.

いま二人くらいははいられよう、六人になったら少し窮屈だろうと思われる、ちょうどよい室である。

Now it's a good room where two people can go in and six people become a bit cramped.

 渡辺はやや満足してサロンへ帰った。

Watanabe was somewhat satisfied and returned to the salon.

給仕が食事の室からすぐに勝手の方へ行ったので、渡辺ははじめてひとりになったのである。

Watanabe was alone for the first time as the waiter went from the dining room immediately to the selfish one.

 金槌や手斧の音がぱったりやんだ。

The sound of a hammer and a hand chopsticks is crisp.

時計を出して見れば、なるほど五時になっている。

If you take the watch out, it's five o'clock.

約束の時刻までには、まだ三十分あると思いながら、小さい卓の上に封を切って出してある箱の葉巻を一本取って、さきを切って火をつけた。

By the time I promised, I thought that it was still thirty minutes, I took a cigar in a box that had been unsealed on a small table, turned it off and set it on fire.

 不思議なことには、渡辺は人を待っているという心持が少しもしない。

Curiously, Watanabe never feels like waiting for people.

その待っている人が誰であろうと、ほとんどかまわないくらいである。

It doesn't matter much to whomever is waiting.

あの花籠の向うにどんな顔が現れて来ようとも、ほとんどかまわないくらいである。

It doesn't matter much, no matter what face appears to that flower bud.

渡辺はなぜこんな冷澹な心持になっていられるかと、みずから疑うのである。

Watanabe himself doubts why he can become such a cold mind.