文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

食堂:森 鴎外(48-86)/174

巴里で Emile Henry とかいう奴が探偵の詰所に爆裂弾を投げ込んで、五六人殺した。

In Eri, a man named Emile Henry threw a blast in a detective's base and killed 56 people.

それから今一つの玉を珈琲店に投げ込んで、二人を殺して、あと二十人ばかりに怪我をさせた。

Then I threw another ball into the store, killed two people and injured only twenty more.

そいつが死刑になる前に、爆裂弾をなんに投げ附けても好いという弁明をしたのだ。

Before he was sentenced to death, he explained that he would like to throw bombs at all.

社会は無政府主義者を一|纏めに迫害しているから、こっちも社会を一纏めに敵にする。

Since society persecutes anarchists to a single order, we also make society an enemy to give up.

無辜の犠牲とはなんだ、社会に生きているものに、誰一人労働者の膏血を絞って、旨い物を食ったり、温い布団の上に寝たりしていないものはない。

There is no one living in society who has not squeezed a worker's blood sack, eats good food, or sleeps on a warm futon.

どこへ投げたって好いと云うのだ。

Where do you like to throw it?

それが君主を目差すとか、大統領を目差すとかいうことになるのは、主義を広告する効果が大きいからだと云うのだ。」

It is because the effect of advertising the principle is large that it is to aim at the monarch or to aim at the president. "

「焼けな話だね」と、山田が云った。

"It's a burnt story," said Yamada.

 犬塚は笑って、「どうせ色々な原因から焼けになった連中が這入るのだから、無政府主義は焼けの偉大なるものと云っても好かろう」と云った。

Inuzuka laughed and said, "Because the people who got burned for various reasons get into it, it's good to say that anarchism is a great burn."

 役所には所々の壁に、「静かに歩むべし」と書いて貼ってある位であるから、食堂の会話も大声でするものはない。

There is nothing in the hall where the cafeteria talks loudly, as it is placed on the walls in some places with the words, "A quiet walk".

だから方々に二三人ずつの会話の群が出来て、遠い席からそれに口を出すことはめったに無い。

So you can have a group of two or three people in a conversation, and seldom talk to you from a distant seat.

「一体いつからそんな無法な事が始まったのだろう」と、山田が犬塚の顔を見て云った。

Yamada said, looking at Inuzuka's face, "from when on when such a lawless thing had begun."

「そんな事は学者の木村君にでも聞かなくちゃあ駄目だ」と云って、犬塚は黙ってこの話を聞いている木村の顔を見た。

Inuzuka silently saw the face of Kimura listening to the story, saying, "That's why I have to ask the scholar Kimura.

「そうですね。

"I agree.

僕だって別に調べて見たこともありませんよ。

I have not examined it separately before.

無政府主義も虚無主義も名附親は分かっていますがね。」

Anarchism and nullism are known by their parents. "

いつでも木村は何か考えながら、外の人より小さい声で、ゆっくり物を言う。

Whenever Kimura thinks something, he speaks slowly, with a voice smaller than the outsider.

それに犬塚に対する時だけは誰よりも詞遣いが丁寧である。

In addition, when it comes to Inuzuka, she is more polite than anyone.

それをまた犬塚は木村が自分を敬して遠ざけるように感じて、木村という男を余り好くは思っていない。

Also Inuzuka feels that Kimura respects him and does not like him, and he does not like the man Kimura so much.

「虚無主義とは別なのかね」と、山田が云った。

Yamada said, "It's different from nullism."

 木村はこう話が面倒になって来ては困るとでも思うらしく、例の小さい声でしぶしぶ云った。

Kimura seems to think that it would be bothersome if this story gets bothered, and he reluctantly said with a small voice.

「別に虚無主義なんという纏まったものがあったのではないから、無政府主義のような極まった思想が成り立ってからは、人があんな詞を使わなくなったのだろう。」

"Because there was no such thing as emptiness, there would have been no more human use of such words after the establishment of an anarchitarian ideology."

「名附親は誰だね」と、犬塚が云った。

"Who is the parent," said Inuzuka.

「自分で anarchiste と名告って、君主だの主権者だのというものを認めない、人間の意志で縛っては貰わないと書いたのは Proudhon で、六十年程前(1849)の事でした。

"Proudhon who wrote himself anarchist and did not admit that he was the sovereign and was the sovereignty of the monarch, was Proudhon, about sixty years ago (1849) was.

Nihiliste の方は、犬塚君はいろんな文学雑誌なんぞを好く見ておられるから御承知でしょうが、Turgenjew の父|等と子等という小説に書いてある造語ですね。

If you are Nihiliste, you know that Inuzuka likes to read various literary magazines, but you may be aware, but it is a coinage written in the novel of Turkenjew's father, etc.

あれの出たのは五十年程前(1862)でした。」

That came about fifty years ago (1862). "

「それでは無政府主義の方が先きじゃないか」と、山田が云った。

"That's why anarchism is ahead," said Yamada.

「それはそうだ。

"That's right.

しかしツルゲニエフがあの小説を書いた時には、まだ Bakunin が無政府主義をロシアへ持って帰ってはいなかったのだ。

But when Türgeniev wrote a novel, Bakunin had not yet brought back anarchism to Russia.

それに虚無ということも、あの小説に書いてあるのと、後に広く使われるようになってからの虚無とは、まるで違っている。

Besides, the fact that nothing is written is different from what is written in that novel from what has been widely used later.

丁度 snob という詞だって、最初に Thackeray が書いた時の意味と、今の意味とはまるで違っているようなものだ。

The phrase snob is just like the meaning that Thackeray first wrote is different from what it is today.

バクニンがロシアへ帰ってからの青年の思想はツルゲニエフが、父等と子等ではない、あの新しい国という方の小説に書いている。」

The idea of adolescents since Bakunin returned to Russia is written by Turgeniev in the novel of his new country, not his parents and children. "

「君|馬鹿に精しいね」と、犬塚が冷かした。

Inuzuka got cold, saying, "I'm an idiot."

「なに文学の方の歴史に、少しばかり気を附けているだけです。

"What I'm just paying a little attention to is the history of literature.

世間の事は文学の上に、影がうつるようにうつっていますから、間接に分かるのです。」

Because things in the world are in the shadows of literature, they are understood indirectly. "

木村の詞は謙遜のようにも聞え、弁解のようにも聞えた。

Kimura's words were heard like a whistle and also excuses.

「そうすると文学の本に発売禁止を食わせるのは影を捉えるようなもので、駄目なのだろうかね。」

"That would make it a shame to put a release ban on a literary book, and it would be a shame."

 木村が犬塚の顔を見る目はちょいと光った。

The eyes of Kimura looking at Inuzuka's face lighted a little.

木村は今云ったような犬塚の詞を聞く度に、鳥さしがそっと覗い寄って、黐竿の尖をつと差し附けるような心持がする。

Every time Kimura hears Inuzuka's words like the one I just mentioned, it feels like the bird sage gently crawls to the end of her eyebrows.