文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

蛇:森 鴎外(1-49)/346

snake

森鴎外

Mori Ogai

 明け易い夏の夜に、なんだってこんなそうぞうしい家に泊り合わせたことかと思って、己はうるさく頬のあたりに飛んで来る蚊を逐いながら、二間の縁側から、せせこましく石を据えて、いろいろな木を植え込んである奥の小庭を、ぼんやり眺めている。

I wonder why I stayed in such a horrible home on a summer night when it was easy to dawn, and while I was flying mosquitoes flying around my cheeks, I set a stone from the edge side of the two, I am looking over the small garden in the back where various trees are planted.

 座布団の傍に蚊遣の土器が置いてあって、青い烟が器に穿ってある穴から、絶えず立ち昇って、風のない縁側で渦巻いて、身のまわりを繞っているのに、蚊がうるさく顔へ来る。

There is a potted pottery next to the cushion, and the blue coral is rising from the hole in the pot constantly rising, swirling on the windless edge, and crawling around, but the mosquito I come to a noisy face.

夕飯の饌に附けてあった、厭な酒を二三杯飲んだので、息が酒の香がするからだろうかと思う。

I drank a couple of cups of sake from the bowl of the dinner, so I think it might be because the breath of sake is incense.

飲まなければ好かったに、咽が乾いていたもんだから、つい飲んだのを後悔する。

I wish I had not to drink, but my throat was dry, so I regret to drink it.

 ここまで案内をせられたとき、通った間数を見ても、由緒のありげな、その割に人けの少い、大きな家の幾間かを隔てて、女ののべつにしゃべっている声が、少しもと切れずに聞えているのである。

When being guided to here, even if I look at the number of passes, I'm talking to the other woman's loneliness, with a few of the big houses, with a small number of historically good people The voice is heard a little without breaking.

 恐ろしく早言で、詞は聞き取れない。

In terribly expressive, I can not hear the words.

土地の訛りの、にいと云う弖爾波が、数珠の数取りの珠のように、単調にしゃべっている詞の間々に、はっきりと聞こえる。

The waves of the land's resemblance, like the beads of the rosary, are clearly heard among the monotonically speaking words.

東京で、ねえと云うところである。

In Tokyo, it is a place called Hey.

ここは信州の山の中のある駅である。

This is a station in the mountains of Shinshu.

 暫く耳を済まして聞いていたが、相手の詞が少しも聞こえない。

I listened and listened for a while, but I could not hear any words from the other party.

女は一人でしゃべっているらしい。

The woman seems to be talking alone.

 挨拶に出た爺いさんが、「病人がありまして、おやかましゅうございましょう」と、あやまるように云ったが、まさか病人があんなにしゃべり続けはすまい。

"I'll have a sick person, let's say good-bye," said the niece who came out to say "I'll treat you as bad," but the sick person's willing to keep talking like that.

 もしや狂人ではあるまいか。

Maybe I'm not a madman.

 詞は分からないが、音調で察して見れば、何事をか相手に哀願しているようである。

I do not know the lyrics, but if you look at it in tone, it seems to be begging the other party for something.

 遠いところでぼんぼん時計が鳴る。

A distant clock sounds.

懐中時計を出して見れば、十時である。

It is ten o'clock when you take out the pocket watch.

 月が小庭にさしている。

The moon is in the small garden.

薄濁りのしたような、青白い月の光である。

It is a pale cloudy, pale moonlight.

きのう峠で逢った雨は、日中の照りに乾いて、きょうは道が好かったに、小庭の苔はまだ濡れている。

The rain that I had caught yesterday dried up in the daytime sun, and today I liked the way, but the small garden moss is still wet.

「こちらが少しはお涼しゅうございましょう」と云って爺いさんに連れて来られた黄昏に、大きな蝦蟇が一疋いつまでも動かずに、おりおり口をぱくりと開けて、己の厭がる蚊を食っていたのを思い出して、手水鉢の向うを見たが、もうそこにはなんにもいなかった。

He said that "Let's cool this a bit," and he brought me to a yellow rose, and a big salmon kept moving for a long time, opening up the mouth and eating my own mosquito. I remembered that I was looking at the head of the water bowl, but I wasn't there anymore.

 この縁側の附いている八畳の間には、黒塗の太い床縁のある床の間があって、黒ずんだ文人画の山水が掛っている。

Between the eight tatami mats on the outskirts, there is a blackened floor with a thick floor edge, and it is covered with a blackened paperman's painting.

向こうに締め切ってある襖には、杜少陵の詩が骨々しい大字で書いてある。

At the end of the fort, the poem of Deng Shao Ling is written in a cruel letter.

何か物音がするように思って、襖の方を見ると、丁度竹の筒を台にした、薄暗いランプの附いている向うの処で、「和気日融々」と書いてある、襖が開いて、古帷子に袴を穿いた、さっきの爺いさんが出て来た。

I thought that something might be heard, and when I saw the chopsticks, it was written on the side of a dimly lit lamp headed with a bamboo tube, just saying "Wakai Sun Melt", a chopsticks Opened, a niece was worn in old gyoza.

「あちらへお床を延べました。

"I laid the floor there.

いつでもお休みになりますなら。」

If you will always have a rest. "

「そうさね。

"That's right.

まだ寐られそうにないよ。

It is not likely to be scolded yet.

お前詞が土地の人と違うじゃないか。」

The participle is different from the people of the land. "

「へえ。

"Hey.

若い時東京に奉公をいたしておりましたから、いくらか違いますのでございましょう」と云って、禿げた頭を掻いている。

When I was young I was serving in Tokyo, so there are some differences, ”he said.

 次第に家の内がしんとして来るので、例の女の声が前よりもはっきり聞える。

As the house gradually comes down, you can hear the woman's voice more clearly than before.

己は覚えず耳を傾けると、爺さんがその様子を見て、こう云った。

When I did not remember myself and listened, Ms. 見 て saw it and said,

「どうも誠に相済みません。

"I really can not agree.

さぞおやかましゅうございましょう。」

Thank you very much. "

 爺いさんのこう云う様子が、ただ一通りの挨拶ではなく、心から恐れ入っているらしいので、己は却て気の毒に思った。

I felt sorry for myself because the appearance of Mr. Aoi was not just a single greeting, but she was afraid from the bottom of her heart.

しかしそれと同時に、聞けば聞く程怪しい物の言い振りなので、indiscret なようだとは知りながら、どうした女だか聞いて見ようと決心した。

However, at the same time, I heard that it was a suspicious thing as I heard it, so I decided to ask and see what she was, knowing it was indiscret.

 そうとは知らない爺いさんは、右の手尖だけを畳に衝いて、腰を浮かせた。

The niece, who did not know so, floated his hips, hitting only the right hand tip on Tatami.

そして己の顔を見て云った。

And I saw my face and said.

「もう何も御用は。」

"No more use."

「そう。

"so.

別になんにもないのだが、お前の方で忙しくないなら、少し聞いて見たいことがある。」

There is nothing else, but if you are not busy, you may want to hear a bit and see. "

「いえ。

"House.

どういたしまして。

You are welcome.

どうぞなんなりとも仰ゃって下さいますように。」

Please do not hesitate to ask me anything. "

腰はまた落ち着けられた。

The waist was calmed down again.

「どうだい。

"Oh.

ここいらでは夏でもそんなに遅くまで起きてはいないのだろうが、こうしてお前を引き留めて、話をしていても好いかい。」

It may not have been so late here in summer, but it would be nice to keep you talking and talk. "