文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

妄想:森 鴎外(223-277)/386

 仮名遣改良の議論もあつて、コイスチヨーワガナワといふやうな事を書かせようとしてゐると、「いやいや、Orthographie はどこの国にもある、矢張コヒステフワガナハの方が宜しからう」と云つた。

When I asked him to write something like Koesty Yoawaganawa, he said, "No, Orthographie is in any country, and it is better to have him who is Yahari Kohystev Waganah. I said.

 そんな風に、人の改良しようとしてゐる、あらゆる方面に向つて、自分は本の杢阿弥説を唱へた。

In such a way, I went to all directions to improve people, and I sang the book's theory.

そして保守党の仲間に逐ひ込まれた。

And it was attacked as a member of the Conservative Party.

洋行帰りの保守主義者は、後には別な動機で流行し出したが、元祖は自分であつたかも知れない。

The conservatists on the way back later became popular with different motives, but the ancestors might have been themselves.

 そこで学んで来た自然科学はどうしたか。

What happened to the natural science that you learned there?

帰つた当座一年か二年は Laboratorium に這人つてゐて、ごつごつと馬鹿正直に働いて、本の杢阿弥説に根拠を与へてゐた。

For the current year or two, I returned to Laboratorium, worked hard and stupidly and gave grounds to the book's theory.

正直に試験して見れば、何千年といふ間満足に発展して来た日本人が、そんなに反理性的生活をしてゐよう筈はない。

To be honest, if you look at the exams, Japanese people who have developed satisfactorily for thousands of years do not hesitate to live such an arrogant life.

初から知れ切つた事である。

It has been known from the beginning.

 さてそれから一歩進んで、新しい地盤の上に新しい Forschung を企てようといふ段になると、地位と境遇とが自分を為事場から撥ね出した。

Well then, one step further, when I decided to start a new Forschung on a new ground, my position and circumstances pushed myself out of the office.

自然科学よ、さらばである。

Farewell, natural science.

 勿論自然科学の方面では、自分なんぞより有力な友達が大勢あつて、跡に残つて奮闘してゐてくれるから、自分の撥ね出されたのは、国家の為めにも、人類の為めにもなんの損失にもならない。

Of course, in the area of natural sciences, there are many friends who are more powerful than themselves, and they struggle to leave them behind in their marks, so it is up to the people of the nation and the people of humanity to be repelled. There is no loss of anything.

 只奮闘してゐる友達には気の毒である。

I feel sorry for my struggling and angry friends.

依然として雰囲気の無い処で、高圧の下に働く潜水夫のやうに喘ぎ苦んでゐる。

She is struggling to panic with a diver who works under high pressure where there is still no atmosphere.

雰囲気の無い証拠には、まだ Forschung といふ日本語も出来てゐない。

For the proof that there is no atmosphere, I still can not speak Japanese called Forschung.

そんな概念を明確に言ひ現す必要をば、社会が感じてゐないのである。

If it is necessary to clearly express such a concept, society will not feel it.

自慢でもなんでもないが、「業績」とか「学問の推挽」とか云ふやうな造語を、自分が自然科学界に置土産にして来たが、まだ Forschung といふ意味の簡短で明確な日本語は無い。

I'm not proud or anything, but I've made "natural achievements", "study of learning", and other coined words in the natural sciences world, but I still have a short, clear Japanese meaning of "Forschung". .

研究なんといふぼんやりした語は、実際役に立たない。

Research What a soft word is not really useful.

載籍調べも研究ではないか。

Isn't listing research also a research?

       *     *     *

* * *

 かう云ふ閲歴をして来ても、未来の幻影を逐うて、現在の事実を蔑にする自分の心は、まだ元の儘である。

Even if you have a history of 閲 元, your mind that still evokes the illusion of the future, and that reflects the current facts, is still the original bond.

人の生涯はもう下り坂になつて行くのに、逐うてゐるのはなんの影やら。

When it comes to going downhill already in the life of a person, what shadow is it to beat it?

「奈何にして人は己を知ることを得べきか。

"Why should we get to know oneself?

省察を以てしては決して能はざらん。

By retrospect, noh never.

されど行為を以てしては或は能くせむ。

However, they are either effective or ineffective.

汝の義務を果さんと試みよ。

Try out your duty of humility with you.

やがて汝の価値を知らむ。

Before long I will know the value of Zen.

汝の義務とは何ぞ。

What is your duty?

日の要求なり。」

It is a request of the day. "

これは Goethe の詞である。

This is the words of Goethe.

 日の要求を義務として、それを果して行く。

With the day's requirements obliged, it will be fulfilled.

これは丁度現在の事実を蔑にする反対である。

This is the opposite just to remind you of the current facts.

自分はどうしてさう云ふ境地に身を置くことが出来ないだらう。

If I can not put myself in the end of my life.

 日の要求に応じて能事畢るとするには足ることを知らなくてはならない。

You have to know that it is sufficient for you to be successful in response to the demands of the day.

足ることを知るといふことが、自分には出来ない。

It is impossible for you to know that you are enough.

自分は永遠なる不平家である。

I am an eternal complaint.

どうしても自分のゐない筈の所に自分がゐるやうである。

I really want to go to the place of my own insult.

どうしても灰色の鳥を青い鳥に見ることが出来ないのである。

I can not really see gray birds as blue birds.

道に迷つてゐるのである。

I get lost in the way.

夢を見てゐるのである。

I see my dream come true.

夢を見てゐて、青い鳥を夢の中に尋ねてゐるのである。

I dream and come and ask for a blue bird in my dream.

なぜだと問うたところで、それに答へることは出来ない。

Why can't I answer it?

これは只単純なる事実である。

This is a simple fact.

自分の意識の上の事実である。

It is a fact on my consciousness.

 自分は此儘で人生の下り坂を下つて行く。

I will go downhill in my life with jealousy.

そしてその下り果てた所が死だといふことを知つて居る。

And he knows that the place where he went down is death.

 併しその死はこはくはない。

But the death is not so bad.

人の説に、老年になるに従つて増長するといふ「死の恐怖」が、自分には無い。

According to people's theory, as they grow older they grow more "fear of death", but they do not.

 若い時には、この死といふ目的地に達するまでに、自分の眼前に横はつてゐる謎を解きたいと、痛切に感じたことがある。

When I was young, by the time I reached this death and destination, I felt it hard to solve mysteries that lie sideways in front of my eyes.

その感じが次第に痛切でなくなつた。

The feeling gradually became less painful.

次第に薄らいだ。

It is getting thinner gradually.

解けずに横はつてゐる謎が見えないのではない。

It is not that I can not see the mystery that runs sideways without being solved.

見えてゐる謎を解くべきものだと思はないのでもない。

I do not think that I should solve the mystery that I see and return.

それを解かうとしてあせらなくなつたのである。

It was out of order to solve it.

 この頃自分は Philipp Mainlaender が事を聞いて、その男の書いた救抜の哲学を読んで見た。

Around this time, Philippe Mainlaender heard a thing and read and saw the philosophy of salvation written by the man.

 此男は Hartmann の迷の三期を承認してゐる。

The Werewolf approves of Hartmann's third trimester and scolds him.