文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

阿部一族:森 鴎外(212-275)/815

百五十石取っていた。

I was taking hundred and fifty stones.

殉死の先登はこの人で、三月十七日に春日寺で切腹した。

This was the first person who drowned, and was struck at Kasugaji on March 17th.

十八歳である。

I am eighteen years old.

介錯は門司源兵衛がした。

Intermediary was performed by Moji Genbei.

原田は百五十石取りで、お側に勤めていた。

Harada worked on the side with a hundred and fifty stones.

四月二十六日に切腹した。

I was hungry on April 26th.

介錯は鎌田源太夫がした。

Genta Kamada worked as an intermediary.

宗像加兵衛、同|吉太夫の兄弟は、宗像中納言|氏貞の後裔で、親清兵衛|景延の代に召し出された。

Munakata Kabei, same | Yoshitaro's brother was summoned by Munakata Nakanomon |

兄弟いずれも二百石取りである。

All of the brothers are 200 stones.

五月二日に兄は流長院、弟は蓮政寺で切腹した。

On May 2nd, my brother was in Ryuchoin and my brother was in Renseiji.

兄の介錯は高田十兵衛、弟のは村上市右衛門がした。

The elder brother was Tobe Takada and the younger brother was Murakami City Uemon.

橋谷は出雲国の人で、尼子の末流である。

Hashiya is a person from Izumo country, and is the endstream of Choshi.

十四歳のとき忠利に召し出されて、知行百石の側役を勤め、食事の毒味をしていた。

When he was 14 years old, he was summoned to Tadatoshi, serving as a side character of Tomo Hyakuishi, and poisoning the meal.

忠利は病が重くなってから、橋谷の膝を枕にして寝たこともある。

Tadatoshi once slept with a serious illness and slept with Hashiya's knees as a pillow.

四月二十六日に西岸寺で切腹した。

On April 26th, I was hungry at Saiganji Temple.

ちょうど腹を切ろうとすると、城の太鼓がかすかに聞えた。

Just trying to get hungry, I heard the castle drums faintly.

橋谷はついて来ていた家隷に、外へ出て何時か聞いて来いと言った。

Hashiya told the slave who was following him to go outside and ask him sometime.

家隷は帰って、「しまいの四つだけは聞きましたが、総体の桴数はわかりません」と言った。

The servant returned and said, “I heard only the last four, but I don't know the total number.”

橋谷をはじめとして、一座の者が微笑んだ。

Hashitani and the other ones smiled.

橋谷は「最期によう笑わせてくれた」と言って、家隷に羽織を取らせて切腹した。

Hashiya said, “I made you laugh at the end” and let the slaves take off the haori.

吉村|甚太夫が介錯した。

Yoshimura | Taro Takuma intervened.

井原は切米三人|扶持十石を取っていた。

Ihara was taking three of the cut rice |

切腹したとき阿部|弥一右衛門の家隷林左兵衛が介錯した。

When I was angry, Abe |

田中は阿菊物語を世に残したお菊が孫で、忠利が愛宕山へ学問に往ったときの幼な友達であった。

Tanaka was the grandchild of the chrysanthemum that left the Aki story in the world.

忠利がそのころ出家しようとしたのを、ひそかに諫めたことがある。

I've secretly praised Tadatoshi's attempt to leave at that time.

のちに知行二百石の側役を勤め、算術が達者で用に立った。

Later, he served as a side performer of the Chiyuki 200 stone, and arithmetic was used as a master.

老年になってからは、君前で頭巾をかむったまま安座することを免されていた。

When I was old, I was exempted from sitting in front of you with a hood.

当代に追腹を願っても許されぬので、六月十九日に小脇差を腹に突き立ててから願書を出して、とうとう許された。

Even if he wished to follow him, he wasn't allowed.

加藤安太夫が介錯した。

Yasuo Kato intervened.

本庄は丹後国の者で、流浪していたのを三斎公の部屋附き本庄久右衛門が召使っていた。

Honjo was a member of Tango and was wandering and was used by Hisako Honjo, who was attached to the room of Sansai's room.

仲津で狼藉者を取り押さえて、五人扶持十五石の切米取りにせられた。

In Nakatsu, he seized the dismayer and was forced to cut the rice of the five stones.

本庄を名のったのもそのときからである。

It was also from that time that Honjo was named.

四月二十六日に切腹した。

I was hungry on April 26th.

伊藤は奥納戸役を勤めた切米取りである。

Ito is a cut rice collector who served as Okunoto.

四月二十六日に切腹した。

I was hungry on April 26th.

介錯は河喜多八助がした。

Intermediary was done by Kawakita Hachisuke.

右田は大伴家の浪人で、忠利に知行百石で召し抱えられた。

Ueda was a Otomo no ronin and was held by Tadatoshi at the Toriyuki Hyakuishi.

四月二十七日に自宅で切腹した。

On April 27th, I was hungry at home.

六十四歳である。

64 years old.

松野右京の家隷田原勘兵衛が介錯した。

Matsuno Ukyo's family slave Kanbaru Tahara intervened.

野田は天草の家老野田|美濃の倅で、切米取りに召し出された。

Noda is Amakusa's Iro Noda.

四月二十六日に源覚寺で切腹した。

On April 26th, I was hungry at Genkakuji.

介錯は恵良半衛門がした。

The intermediary was performed by Era Hanemon.

津崎のことは別に書く。

I will write about Tsuzaki separately.

小林は二人扶持十石の切米取りである。

Kobayashi is a cut rice harvested by two people.

切腹のとき、高野勘右衛門が介錯した。

At the time of hunger, Kanno Takano intervened.

林は南郷下田村の百姓であったのを、忠利が十人扶持十五石に召し出して、花畑の館の庭方にした。

Hayashi was the peasant of Shimoda village in Nango, and Tadatoshi summoned ten tenths to make the garden of the flower garden.

四月二十六日に仏巌寺で切腹した。

On April 26th, I was angry at Buddha Temple.

介錯は仲光半助がした。

The intermediary was Hansuke Nakamitsu.

宮永は二人扶持十石の台所役人で、先代に殉死を願った最初の男であった。

Miyanaga was a kitchen officer of Toshikishi who was two of them, and was the first man who wished to die.

四月二十六日に浄照寺で切腹した。

On April 26th, I ran out at Josho-ji Temple.

介錯は吉村|嘉右衛門がした。

Intermediary was Yoshimura | Kaemon.

この人々の中にはそれぞれの家の菩提所に葬られたのもあるが、また高麗門外の山中にある霊屋のそばに葬られたのもある。

Some of these people were buried in the premises of their homes, and some were buried near a sacred house in the mountains outside the Koryomon.

 切米取りの殉死者はわりに多人数であったが、中にも津崎五助の事蹟は、きわだって面白いから別に書くことにする。

切 The number of people who died from cutting rice was large, but the fact of Tsusuke Gosuke is especially interesting, so I will write it separately.

 五助は二人扶持六石の切米取りで、忠利の犬牽きである。

[5] Gosuke is a two-person cutting of Rokuishi, and is a dog checker of Tadatoshi.

いつも鷹狩の供をして野方で忠利の気に入っていた。

He always served the falconry and liked Tadatoshi in the field.

主君にねだるようにして、殉死のお許しは受けたが、家老たちは皆言った。

I asked the lord, and I was allowed to drown, but all the old people said.

「ほかの方々は高禄を賜わって、栄耀をしたのに、そちは殿様のお犬牽きではないか。

“While other people were honored and glorified, you might be a dog keeper.

そちが志は殊勝で、殿様のお許しが出たのは、この上もない誉れじゃ。

That is a great victory, and it is a great honor that Tonen-Sama's forgiveness came out.

もうそれでよい。

That's OK.

どうぞ死ぬることだけは思い止まって、御当主にご奉公してくれい」と言った。

Please just stop dying and serve the Lord. ”

 五助はどうしても聴かずに、五月七日にいつも牽いてお供をした犬を連れて、追廻田畑の高琳寺へ出かけた。

«Gosuke went out to Kojoji in Tabata field with his dog, who was always checked on May 7, without listening.

女房は戸口まで見送りに出て、「お前も男じゃ、お歴々の衆に負けぬようにおしなされい」と言った。

The wife went off to the door and said, “You too are a man, so that you will not lose to the people of the past”.

 津崎の家では往生院を菩提所にしていたが、往生院は上のご由緒のあるお寺だというのではばかって、高琳寺を死所ときめたのである。

In Tsuzaki's house, Saigoin was used as a Bodokusho. However, because Saigoin was a temple with a long history, Kojoji was a dead place.