文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

阿部一族:森 鴎外(467-513)/815

この場に詰めていた侍どもも、不意の出来事に驚きあきれて、茫然として見ていたが、権兵衛が何事もないように、自若として五六歩退いたとき、一人の侍がようよう我に返って、「阿部殿、お待ちなされい」と呼びかけながら、追いすがって押し止めた。

The children who were packed in this place were surprised and surprised at the unexpected event. I returned and called it, "Abe, please wait."

続いて二三人立ちかかって、権兵衛を別間に連れてはいった。

Then, a couple of people stood and took Gonbei to the other room.

 権兵衛が詰衆に尋ねられて答えたところはこうである。

This is where Gonbei asked and answered.

貴殿らはそれがしを乱心者のように思われるであろうが、全くさようなわけではない。

You may think it's like a mess, but not at all.

父弥一右衛門は一生|瑕瑾のない御奉公をいたしたればこそ、故殿様のお許しを得ずに切腹しても、殉死者の列に加えられ、遺族たるそれがしさえ他人にさきだって御位牌に御焼香いたすことが出来たのである。

Father Yaichiemon is a lifetime | Even if he had a devoted service, he was added to the line of drowned people without permission from the late palace, and even the bereaved family was before others It was possible to have a savory scent on Gozaburo.

しかしそれがしは不肖にして父同様の御奉公がなりがたいのを、上にもご承知と見えて、知行を割いて弟どもにおつかわしなされた。

However, it seemed unfamiliar, and it was difficult for him to become a servant similar to his father.

それがしは故殿様にも御当主にも亡き父にも一族の者どもにも傍輩にも面目がない。

That is why neither the late Lord, the Lord, the deceased father, the clan members, or the sidemen have no interest.

かように存じているうち、今日御位牌に御焼香いたす場合になり、とっさの間、感慨胸に迫り、いっそのこと武士を棄てようと決心いたした。

As I knew so, it was the time when I was going to scent on the throne today.

お場所|柄を顧みざるお咎めは甘んじて受ける。

Place | You will receive a compliment that doesn't care about the pattern.

乱心などはいたさぬというのである。

There is no need to be confused.

 権兵衛の答を光尚は聞いて、不快に思った。

Listening to Gonbei ’s answer, I felt uncomfortable.

第一に権兵衛が自分に面当てがましい所行をしたのが不快である。

First of all, it is unpleasant that Gonbei did a behavior that seemed to me.

つぎに自分が外記の策を納れて、しなくてもよいことをしたのが不快である。

Next, it is uncomfortable that I did what I didn't have to pay for the extra measures.

まだ二十四歳の血気の殿様で、情を抑え欲を制することが足りない。

She is still 24 years old, and she is not enough to suppress her feelings and control her greed.

恩をもって怨みに報いる寛大の心持ちに乏しい。

He has a generous mind that rewards resentment with gratitude.

即座に権兵衛をおし籠めさせた。

Immediately praised Gonbei.

それを聞いた弥五兵衛以下一族のものは門を閉じて上の御沙汰を待つことにして、夜陰に一同寄り合っては、ひそかに一族の前途のために評議を凝らした。

The members of the clan of Yagobei who heard it closed the gate and waited for the upper desert.

 阿部一族は評議の末、このたび先代一週忌の法会のために下向して、まだ逗留している天祐和尚にすがることにした。

After the discussion, the Abe clan decided to go down for the last week's rebellion and pass on to Kazuhisa Tenyu, who is still staying there.

市太夫は和尚の旅館に往って一部始終を話して、権兵衛に対する上の処置を軽減してもらうように頼んだ。

Ichitaro went to the Naosho inn and talked about the whole story and asked them to reduce the above measures against Gonbei.

和尚はつくづく聞いて言った。

Kazuhisa asked and asked.

承れば御一家のお成行き気の毒千万である。

If you accept, it will be 10 million of the success of your family.

しかし上の御政道に対してかれこれ言うことは出来ない。

But I can't say this to the above politics.

ただ権兵衛殿に死を賜わるとなったら、きっと御助命を願って進ぜよう。

However, if Gonbei is to die, I will surely move forward with a hope for life.

ことに権兵衛殿はすでに髻を払われてみれば、桑門同様の身の上である。

In particular, Gonbe-den is on the same level as Kuwamon if he has already been paid a sword.

御助命だけはいかようにも申してみようと言った。

I told you how to say only the lifesaving.

市太夫は頼もしく思って帰った。

Ichitaro came back with confidence.

一族のものは市太夫の復命を聞いて、一条の活路を得たような気がした。

The members of the family heard that Ichitaro's reinstatement and felt like they had gained a single path.

そのうち日が立って、天祐和尚の帰京のときが次第に近づいて来た。

One day soon, Kazuhisa Tenyu's return home gradually approached.

和尚は殿様に逢って話をするたびに、阿部権兵衛が助命のことを折りがあったら言上しようと思ったが、どうしても折りがない。

Every time Kazuhisa talked to Tono-sama and talked with Tono-sama, he thought that if Abe Gongbei had made a statement about his life, he wouldn't.

それはそのはずである。

That should be it.

光尚はこう思ったのである。

Mitsunao thought this.

天祐和尚の逗留中に権兵衛のことを沙汰したらきっと助命を請われるに違いない。

If he finds out about Gonbei during his stay in Tenyu Kazuhisa, he will be asked for his life.

大寺の和尚の詞でみれば、等閑に聞きすてることはなるまい。

If you look at Kazuhisa's words from Daiji, you won't hear anything quiet.

和尚の立つのを待って処置しようと思ったのである。

I decided to wait for Osho to stand up.

とうとう和尚は空しく熊本を立ってしまった。

At last, Kazuhisa stood vacantly in Kumamoto.

 天祐和尚が熊本を立つや否や、光尚はすぐに阿部権兵衛を井出の口に引き出だして縛首にさせた。

As soon as Tenyu Kazunao stood up in Kumamoto, Mitsunao immediately pulled Abe Gongbei into the mouth of Ide and tied it to his head.

先代の御位牌に対して不敬なことをあえてした、上を恐れぬ所行として処置せられたのである。

He was treated as an unbelievable act that dared to be disrespectful to his predecessor.

 弥五兵衛以下一同のものは寄り集まって評議した。

弥 Yagobei and all the others gathered together for a review.

権兵衛の所行は不埓には違いない。

Gonbei's office must be ridiculous.

しかし亡父弥一右衛門はとにかく殉死者のうちに数えられている。

However, the late father Yaichiemon is counted among the drowned.

その相続人たる権兵衛でみれば、死を賜うことは是非がない。

If you look at Geibei, the heir, there is no way of giving death.

武士らしく切腹仰せつけられれば異存はない。

There is no objection as long as you say like a samurai.

それに何事ぞ、奸盗かなんぞのように、白昼に縛首にせられた。

And what happened, like a thief or something, I was tied up in the daytime.

この様子で推すれば、一族のものも安穏には差しおかれまい。

According to this situation, the clan's members will not be left in peace.

たとい別に御沙汰がないにしても、縛首にせられたものの一族が、何の面目あって、傍輩に立ち交わって御奉公をしよう。

Even if you don't have any special service, the clan that has been tied to the head of your head will be able to stand up with your cousins and do your service.

この上は是非におよばない。

This is not right.

何事があろうとも、兄弟わかれわかれになるなと、弥一右衛門殿の言いおかれたのはこのときのことである。

It was at this time that Yaichiemon said that no matter what happened, he would not be a brother.