文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

阿部一族:森 鴎外(600-653)/815

 光尚に阿部の討手を言いつけられて、数馬が喜んで詰所へ下がると、傍輩の一人がささやいた。

When Mitsuhisa was told Abe's defeater and several horses were glad to go down to the station, one of his associates whispered.

「奸物にも取りえはある。

“There is something in the box.

おぬしに表門の采配を振らせるとは、林殿にしてはよく出来た」

It was good for Hayashi-dono to let the dog shake the front gate. ”

 数馬は耳をそばだてた。

S Several horses listened.

「なにこのたびのお役目は外記が申し上げて仰せつけられたのか」

“What did you do this time, and what did you say after that?”

「そうじゃ。

"That's right.

外記殿が殿様に言われた。

Gaiden said to him.

数馬は御先代が出格のお取立てをなされたものじゃ。

A few horses are the ones that your ancestors have been assigned to be certified.

ご恩報じにあれをおやりなされいと言われた。

I was told that I would do it in the favor.

もっけの幸いではないか」

Is n’t it fortunate? ”

「ふん」と言った数馬の眉間には、深い皺が刻まれた。

A deep fold was engraved between the eyebrows of several horses that said "Fun".

「よいわ。

"Good.

討死するまでのことじゃ」こう言い放って、数馬はついと起って館を下がった。

It ’s until the death, ”saying that, several horses finally got up and dropped down.

 このときの数馬の様子を光尚が聞いて、竹内の屋敷へ使いをやって、「怪我をせぬように、首尾よくいたして参れ」と言わせた。

Listening to the situation of several horses at this time, Mitsunao asked him to use the house in Takeuchi's mansion and say, “Please stay well so as not to get hurt”.

数馬は「ありがたいお詞をたしかに承ったと申し上げて下されい」と言った。

Several horses said, “Thank you for accepting the thankful lyrics.”

 数馬は傍輩の口から、外記が自分を推してこのたびの役に当らせたのだと聞くや否や、即時に討死をしようと決心した。

As soon as several horses heard from the side of their peers that the journal had pushed them to the role of this time, they decided to immediately kill them.

それがどうしても動かすことの出来ぬほど堅固な決心であった。

It was a firm determination that couldn't be moved.

外記はご恩報じをさせると言ったということである。

It is said that the diary gives me a reward.

この詞ははからず聞いたのであるが、実は聞くまでもない、外記が薦めるには、そう言って薦めるにきまっている。

I listened to this lyrics without saying anything, but in fact, it's not necessary to ask them.

こう思うと、数馬は立ってもすわってもいられぬような気がする。

When I think this way, I feel like a few horses can't stand or sit.

自分は御先代の引立てをこうむったには違いない。

I must have paid off my predecessor.

しかし元服をしてからのちの自分は、いわば大勢の近習のうちの一人で、別に出色のお扱いを受けてはいない。

However, after I took my original clothes, I was one of many internships.

ご恩には誰も浴している。

Everyone is taking a bath.

ご恩報じを自分に限ってしなくてはならぬというのは、どういう意味か。

What does it mean that you have to limit your rewards to yourself?

言うまでもない、自分は殉死するはずであったのに、殉死しなかったから、命がけの場所にやるというのである。

Needless to say, I was supposed to be drowned, but I was not drowned, so I will go to the place of life.

命は何時でも喜んで棄てるが、さきにしおくれた殉死の代りに死のうとは思わない。

I am willing to give up my life at any time, but I don't think I'll die in lieu of the drowning that I left.

今命を惜しまぬ自分が、なんで御先代の中陰の果ての日に命を惜しんだであろう。

Why would he not save his life now, save his life on the end of the shadow of his predecessor?

いわれのないことである。

There is nothing to say.

畢竟どれだけのご入懇になった人が殉死するという、はっきりした境はない。

畢竟 There is no clear boundary between how many people who come to visit and drown.

同じように勤めていた御近習の若侍のうちに殉死の沙汰がないので、自分もながらえていた。

There was no drowning among the young wives of the customs who worked in the same way, so I was able to do it myself.

殉死してよいことなら、自分は誰よりもさきにする。

If it's okay to drown, I'll put myself before anyone else.

それほどのことは誰の目にも見えているように思っていた。

I thought that was visible to everyone.

それにとうにするはずの殉死をせずにいた人間として極印を打たれたのは、かえすがえすも口惜しい。

In spite of that, it was very humorous to be beaten as a person who had not drowned.

自分はすすぐことの出来ぬ汚れを身に受けた。

I got dirty that I could not rinse.

それほどの辱を人に加えることは、あの外記でなくては出来まい。

It is not possible to add that much humiliation to a person.

外記としてはさもあるべきことである。

That should be true as an outside note.

しかし殿様がなぜそれをお聴きいれになったか。

But why did Tono-sama listen to it?

外記に傷つけられたのは忍ぶことも出来よう。

You can endure being hurt by the journal.

殿様に棄てられたのは忍ぶことが出来ない。

I can't bear being abandoned by Tonosama.

島原で城に乗り入ろうとしたとき、御先代がお呼び止めなされた。

When I tried to get into the castle in Shimabara, my ancestor was stopped.

それはお馬廻りのものがわざと先手に加わるのをお止めなされたのである。

It stopped the things around the horse from deliberately joining.

このたび御当主の怪我をするなとおっしゃるのは、それとは違う。

It ’s different from saying that you do n’t get hurt.

惜しい命をいたわれとおっしゃるのである。

He says that he has a terrible life.

それがなんのありがたかろう。

I'm grateful for that.

古い創の上を新たに鞭うたれるようなものである。

It's like a new whip on an old wound.

ただ一刻も早く死にたい。

I just want to die as soon as possible.

死んですすがれる汚れではないが、死にたい。

I want to die, although it is not a dirty stain.

犬死でもよいから、死にたい。

I want to die because the dog can be dead.

 数馬はこう思うと、矢も楯もたまらない。

S Several horses think that they can't resist arrows and traps.

そこで妻子には阿部の討手を仰せつけられたとだけ、手短に言い聞かせて、一人ひたすら支度を急いだ。

Therefore, he told the wife and son that Abe's defeater had been told briefly, and he hurriedly prepared.

殉死した人たちは皆|安堵して死につくという心持ちでいたのに、数馬が心持ちは苦痛を逃れるために死を急ぐのである。

All those who drowned | had the mind of being relieved and dying, but a few horses rushed to escape the pain.

乙名島徳右衛門が事情を察して、主人と同じ決心をしたほかには、一家のうちに数馬の心底を汲み知ったものがない。

Other than Tokuemon Otonajima's understanding of the situation and the same determination as the master, there was nothing in the family that knew the heart of several horses.

今年二十一歳になる数馬のところへ、去年来たばかりのまだ娘らしい女房は、当歳の女の子を抱いてうろうろしているばかりである。

A few daughter-in-laws who just came last year to some horses that are 21 years old this year are just hugging the girl of the year.

 あすは討入りという四月二十日の夜、数馬は行水を使って、月題を剃って、髪には忠利に拝領した名香|初音を焚き込めた。

On the night of April 20th when Tomorrow was defeated, several horses shaved their monthly subjects using fountain water and loyally worshiped their hair.