文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

阿部一族:森 鴎外(654-703)/815

白無垢に白襷、白鉢巻をして、肩に合印の角取紙をつけた。

I made white birch, white headband on white solid, and put a square paper with a seal on my shoulder.

腰に帯びた刀は二尺四寸五分の正盛で、先祖島村弾正が尼崎で討死したとき、故郷に送った記念である。

The sword on the waist is a two-quarter, five-fifth-century sword, and is a memorial sent to his hometown when the ancestor Shimamura Tamasasa died in Amagasaki.

それに初陣の時拝領した兼光を差し添えた。

It was accompanied by Kanemitsu, who was in the first team.

門口には馬がいなないている。

There is no horse at the gate.

 手槍を取って庭に降り立つとき、数馬は草鞋の緒を男結びにして、余った緒を小刀で切って捨てた。

と き When taking a handbag and descending into the garden, several horses tied Kusanagi's cord with a man's knot, and cut off the remaining cord with a sword.

 阿部の屋敷の裏門に向うことになった高見権右衛門はもと和田氏で、近江国和田に住んだ和田|但馬守の裔である。

Takami Gonemon, who was heading to the back gate of the Abe residence, was originally Mr. Wada.

初め蒲生賢秀にしたがっていたが、和田庄五郎の代に細川家に仕えた。

At first, he followed Kensei Subu, but served the Hosokawa family on behalf of Shogoro Wada.

庄五郎は岐阜、関原の戦いに功のあったものである。

Shogoro was successful in the battle between Gifu and Sekihara.

忠利の兄与一郎|忠隆の下についていたので、忠隆が慶長五年大阪で妻前田氏の早く落ち延びたために父の勘気を受け、入道|休無となって流浪したとき、高野山や京都まで供をした。

Tadatoshi's older brother Yoichiro | Tadataka was under Tadataka, so his wife's ambition was due to Mr. Maeda's early fall in Osaka in Keicho 5 years. And served to Kyoto.

それを三斎が小倉へ呼び寄せて、高見氏を名のらせ、番頭にした。

Sansai called it to Kokura, named Takami, and made it to the beginning.

知行五百石であった。

It was a 500-go

庄五郎の子が権右衛門である。

The son of Shogoro is Gonemon.

島原の戦いに功があったが、軍令にそむいた廉で、一旦役を召し上げられた。

Although he was successful in the battle of Shimabara, he was once served as a member of a military order.

それがしばらくしてから帰参して側者頭になっていたのである。

After a while, he came home and became a villain.

権右衛門は討入りの支度のとき黒羽二重の紋附きを着て、かねて秘蔵していた備前|長船の刀を取り出して帯びた。

Gonemon was wearing a double coat of black feathers at the time of preparations, and Bizen |

そして十文字の槍を持って出た。

And he came out with a ten-character kite.

 竹内数馬の手に島徳右衛門がいるように、高見権右衛門は一人の小姓を連れている。

Takami Gonemon has a small family name, just as Shimatoku Eemon is in the hands of several horses in Takeuchi.

阿部一族のことのあった二三年前の夏の日に、この小姓は非番で部屋に昼寝をしていた。

On the summer day, two or three years ago, when the Abe family was known, this small family was taking a nap in the room without a turn.

そこへ相役の一人が供先から帰って真裸になって、手桶を提げて井戸へ水を汲みに行きかけたが、ふとこの小姓の寝ているのを見て、「おれがお供から帰ったに、水も汲んでくれずに寝ておるかい」と言いざまに枕を蹴った。

One of the actors came home from the partner and became naked, went to draw water to the well with a hand, but suddenly saw this little surname sleeping, "I returned from my companion "Is it possible to sleep without drawing water?"

小姓は跳ね起きた。

The little name jumped up.

「なるほど。

"I see.

目がさめておったら、水も汲んでやろう。

If you wake up, let's draw water.

じゃが枕を足蹴にするということがあるか。

Do you ever have a kick on the pillow?

このままには済まんぞ」こう言って抜打ちに相役を大袈裟に切った。

I ’m sorry, ”he said.

 小姓は静かに相役の胸の上にまたがって止めを刺して、乙名の小屋へ行って仔細を話した。

The little surname quietly stabbed on the chest of the partner and went to Otona's hut to talk about the details.

「即座に死ぬるはずでござりましたが、ご不審もあろうかと存じまして」と、肌を脱いで切腹しようとした。

“I was supposed to die instantly, but I knew it would be suspicious,” he said.

乙名が「まず待て」と言って権右衛門に告げた。

Otona told Gonemon to say "Please wait first".

権右衛門はまだ役所から下がって、衣服も改めずにいたので、そのまま館へ出て忠利に申し上げた。

Gonemon was still down from the government office and had not changed his clothes.

忠利は「尤ものことじゃ。

Tadatoshi said, “That ’s the best thing.

切腹にはおよばぬ」と言った。

"It's not as much as a hunger."

このときから小姓は権右衛門に命を捧げて奉公しているのである。

From this time on, the surname has been dedicated to Gonemon.

 小姓は箙を負い半弓を取って、主のかたわらに引き添った。

小 The surname took a half-bow and took it with the Lord.

 寛永十九年四月二十一日は麦秋によくある薄曇りの日であった。

April 21st, 1919 was a cloudy day that is common in wheat autumn.

 阿部一族の立て籠っている山崎の屋敷に討ち入ろうとして、竹内数馬の手のものは払暁に表門の前に来た。

《A man of Takeuchi's hand came to the front gate to pay off, trying to break into the Yamazaki residence where the Abe family was standing.

夜通し鉦太鼓を鳴らしていた屋敷のうちが、今はひっそりとして空家かと思われるほどである。

The house that used to play the drums all night long seems to be quietly empty.

門の扉は鎖してある。

The gate of the gate is chained.

板塀の上に二三尺伸びている夾竹桃の木末には、蜘のいがかかっていて、それに夜露が真珠のように光っている。

At the end of the bamboo peach tree that stretches a couple of inches above the buds, there is a cocoon, and the dew shines like a pearl.

燕が一羽どこからか飛んで来て、つと塀のうちに入った。

A kite flew from somewhere and entered into the kite.

 数馬は馬を乗り放って降り立って、しばらく様子を見ていたが、「門をあけい」と言った。

数 Several horses got off the horse and got off, watching the situation for a while, but said, “Open the gate”.

足軽が二人塀を乗り越してうちにはいった。

Ashigaru overcame two people and entered us.

門の廻りには敵は一人もいないので、錠前を打ちこわして貫の木を抜いた。

There were no enemies around the gate, so I smashed the lock and pulled the tree.

 隣家の柄本又七郎は数馬の手のものが門をあける物音を聞いて、前夜結び縄を切っておいた竹垣を踏み破って、駈け込んだ。

Neighbor's neighbor Machirou Emoto listened to the sound of a few horses opening the gate and broke down the bamboo fence that had cut the knots the night before.

毎日のように往き来して、隅々まで案内を知っている家である。

It is a house that comes and goes like every day and knows all the directions.

手槍を構えて台所の口から、つとはいった。

I got stuck in the kitchen with a handle.

座敷の戸を締め切って、籠み入る討手のものを一人一人討ち取ろうとして控えていた一族の中で、裏口に人のけはいのするのに、まず気のついたのは弥五兵衛である。

Yagobei was the first to notice the family who was trying to sneak down the doors of the tatami room and refrain from sneaking away each one of the deceased ones. is there.

これも手槍を提げて台所へ見に出た。

This was also a trick and I went to see the kitchen.

 二人は槍の穂先と穂先とが触れ合うほどに相対した。

二 The two were so far away that the tip of the spider and the tip touched each other.

「や、又七郎か」と、弥五兵衛が声をかけた。

“Yamata Shichirou?” Shouted Yagobei.

「おう。

“Oh.

かねての広言がある。

There is a long word.