文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

阿部一族:森 鴎外(756-815)/815

「今討ち入ったな」と言って、光尚は駕籠に乗った。

Mitsutoshi got on the kite, saying, "I'm struck now."

 駕籠がようよう一町ばかりいったとき、注進があった。

駕 籠 When I was in town all the way, there was an order.

竹内数馬が討死をしたことは、このときわかった。

It was at this time that several horses Takeuchi were killed.

 高見権右衛門は討手の総勢を率いて、光尚のいる松野の屋敷の前まで引き上げて、阿部の一族を残らず討ち取ったことを執奏してもらった。

[Takami Gonemon] led all the debators and raised them up to Matsuno's mansion where Mitsutoshi was present, and performed all the defeats of the Abe clan.

光尚はじきに逢おうと言って、権右衛門を書院の庭に廻らせた。

Gonjo said that he would soon meet and moved Gonemon to the garden of the Shoin.

 ちょうど卯の花の真っ白に咲いている垣の間に、小さい枝折戸のあるのをあけてはいって、権右衛門は芝生の上に突居た。

Gonemon was standing on the lawn with a small branch folding door between the white flowers of the camellia flowers.

光尚が見て、「手を負ったな、一段骨折りであった」と声をかけた。

Mitsunao looked and said, “I took a hand, it was a one-step effort”.

黒羽二重の衣服が血みどれになって、それに引上げのとき小屋の火を踏み消したとき飛び散った炭や灰がまだらについていたのである。

The double black garment became bloody, and when it was lifted, the charcoal and ash that had scattered when it was turned off were mottled.

「いえ。

"House.

かすり創でござりまする」権右衛門は何者かに水落をしたたかつかれたが懐中していた鏡にあたって穂先がそれた。

Gonemon is drowned by someone who has been drowned in the mirror, but the tip of his head has diverted.

創はわずかに血を鼻紙ににじませただけである。

The wound only smudges blood slightly on the nose.

 権右衛門は討入りのときのめいめいの働きをくわしく言上して、第一の功を単身で弥五兵衛に深手を負わせた隣家の柄本又七郎に譲った。

Gonemon gave a detailed explanation of his work during the debate, and handed over his first achievement to his neighbor, Emoto Motochiro, who was deeply devoted to Yagobe.

「数馬はどうじゃった」

"How about a few horses?"

「表門から一足先に駈け込みましたので見届けません」

"I can't see it because I got a bit ahead of the front gate"

「さようか。

"Good morning.

皆のものに庭へはいれと言え」

You can say to everyone in the garden. "

 権右衛門が一同を呼び入れた。

Gonemon invited all of them.

重手で自宅へ舁いて行かれた人たちのほかは、皆芝生に平伏した。

Except for those who went home with heavy hands, they all lay on the lawn.

働いたものは血によごれている、小屋を焼く手伝いばかりしたものは、灰ばかりあびている。

What worked is dirty with blood, and what has just helped burn the hut is all about ashes.

その灰ばかりあびた中に、畑十太夫がいた。

There was Tokuo Hata in the ashes.

光尚が声をかけた。

Mitsunao called out.

「十太夫、そちの働きはどうじゃった」

"How did you work, Touta?"

「はっ」と言ったぎり黙って伏していた。

I was lying down silently saying "Hatsu".

十太夫は大兵の臆病者で、阿部が屋敷の外をうろついていて、引上げの前に小屋に火をかけたとき、やっとおずおずはいったのである。

Toutao was a coward of a soldier, and Abe was wandering out of the mansion, and when he set fire to the hut before pulling up, he finally became afraid.

最初討手を仰せつけられたときに、お次へ出るところを劍術者|新免武蔵が見て、「冥加至極のことじゃ、ずいぶんお手柄をなされい」と言って背中をぽんと打った。

When he first came to talk about the defeater, the craftsman | Shin-Ban Musashi saw where he would go next.

十太夫は色を失って、ゆるんでいた袴の紐を締め直そうとしたが、手がふるえて締まらなかったそうである。

Touta lost his color and tried to re-tighten the loose lacing string, but his hands shook and did not tighten.

 光尚は座を起つとき言った。

Mitsunao said when he got up.

「皆|出精であったぞ。

"Everyone |

帰って休息いたせ」

Go home and have a rest "

 竹内数馬の幼い娘には養子をさせて家督相続を許されたが、この家はのちに絶えた。

数 The young daughter of several horses in Takeuchi was adopted and allowed to reign, but this house later died.

高見権右衛門は三百石、千場作兵衛、野村庄兵衛は各五十石の加増を受けた。

Takami Gonemon was 300 stones, Senba Sakubei, and Nomura Shobei received 50 stones.

柄本又七郎へは米田監物が承って組頭|谷内蔵之允を使者にやって、賞詞があった。

Ms. Emotomoto received the award from the Yoneda Auditor, who was assigned as the messenger.

親戚朋友がよろこびを言いに来ると、又七郎は笑って、「元亀天正のころは、城攻め野合せが朝夕の飯同様であった、阿部一族討取りなぞは茶の子の茶の子の朝茶の子じゃ」と言った。

When his relatives came to rejoice, Shichirou laughed and said, “In the days of Motokame Tensho, the castle attack was the same as the morning and evening meals. I said.

二年立って、正保元年の夏、又七郎は創が癒えて光尚に拝謁した。

Standing two years later, in the summer of the first year of Masaho, Matakuro was healed and worshiped with honor.

光尚は鉄砲十挺を預けて、「創が根治するように湯治がしたくばいたせ、また府外に別荘地をつかわすから、場所を望め」と言った。

Mitsunao entrusted his guns with ten guns and said, “I want to make a hot spring so that the wound will be completely cured, and I will send a villa outside the prefecture.

又七郎は益城小池村に屋敷地をもらった。

Shichirou also got a property in Mashiro Koike Village.

その背後が藪山である。

Behind it is Ulsan.

「藪山もつかわそうか」と、光尚が言わせた。

Mitsuhisa said, “I think I ’ll have it,” he said.

又七郎はそれを辞退した。

Nakuro also declined.

竹は平日もご用に立つ。

Bamboo stands for weekdays.

戦争でもあると、竹束がたくさんいる。

There are many bamboo bunches in the war.

それを私に拝領しては気が済まぬというのである。

I don't feel like worshiping it.

そこで藪山は永代御預けということになった。

So Hiyama was left as a permanent deposit.

 畑十太夫は追放せられた。

”Touta Hata was expelled.

竹内数馬の兄八兵衛は私に討手に加わりながら、弟の討死の場所に居合わせなかったので、閉門を仰せつけられた。

Kazuma Takeuchi's older brother, Hachibei, joined me as a defeater, but was not able to stay at the place where my brother was killed.

また馬廻りの子で近習を勤めていた某は、阿部の屋敷に近く住まっていたので、「火の用心をいたせ」と言って当番をゆるされ、父と一しょに屋根に上がって火の子を消していた。

Sakaki, who was a horse-training child, lived near the Abe residence, so he was forgiven by saying "Beware of fire" and go up to the roof with his father. The fire child was extinguished.

のちにせっかく当番をゆるされた思召しにそむいたと心づいてお暇を願ったが、光尚は「そりゃ臆病ではない、以後はも少し気をつけるがよいぞ」と言って、そのまま勤めさせた。

Later, I thought that I was reluctant to think that I was forgiven, but I hoped for my spare time. It was.

この近習は光尚の亡くなったとき殉死した。

This custom was drowned when Mitsunao died.

 阿部一族の死骸は井出の口に引き出して、吟味せられた。

[The Abe clan's carcass was pulled into Ide's mouth and examined.

白川で一人一人の創を洗ってみたとき、柄本又七郎の槍に胸板をつき抜かれた弥五兵衛の創は、誰の受けた創よりも立派であったので、又七郎はいよいよ面目を施した。

When I washed each person's wounds in Shirakawa, Yagobei's wounds, which had been pierced by Ms. Emotomoto's niece's chest, were finer than the ones they received, so again, Shichirou gave him a look. did.

大正二年一月

January of Taisho

底本:「日本の文学 3 森鴎外(二)」中央公論社

Suemoto: “Japanese Literature 3 Mori Ogai (2)” Chuo Koronsha

   1972(昭和47)年10月20日発行

Issued October 20, 1972

入力:真先芳秋

Input: Yoshiaki Mazen

校正:進恵子

Proofreading: Shinko

2000年2月14日公開

Released on February 14, 2000

2006年5月16日修正

Revised on May 16, 2006

青空文庫作成ファイル:

Blue sky library creation file:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created by the internet library, Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/).

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers are responsible for input, proofreading, and production.