文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

堺事件:森 鴎外(264-318)/584

 隊長、小頭は配下一同の話を聞いて、喜びかつ悲んだ。

Captain Kozuchi was delighted and sad when he heard the story of all of them.

悲んだのは、四人が自分達の死を覚悟していながら、二十人の死をフランス公使に要求せられたと云うことを聞せられずにいたので、十六人の運命を始めて知って悲んだのである。

The sad thing is that the four people were prepared for their death, but they could not hear that they were required by the French ambassador for the death of the twenty, so the fate of the sixteen began I was sad to know.

喜んだのは、十六人が切腹を許され、士分に取り立てられたのを喜んだのである。

What rejoiced was that the sixteen people were forgiven and were relieved to be appointed.

隊長、小頭の四人と配下の十六人とは、まだ夜の明けるに間があるから、一寐入して起きようと云うので、快よく別れて寝床に這入った。

The captain, the four small heads, and the sixteen subordinates had time to dawn, so they said they would get up and get up.

 二十三日は晴天であった。

The 23rd day was fine.

堺へ往く二十人の護送を命ぜられた細川|越中守慶順の熊本藩、浅野|安芸守茂長の広島藩から、歩兵三百余人が派遣せられて、未明に長堀土佐藩邸の門前に到着した。

Hosokawa ordered to escort twenty people going to Sakai | Kyojun Enonaka Keishun's Kumamoto, Asano | Aki Mori Mamoru ’s Hiroshima niece sent over 300 infantry and dawn Nagatoro Tosa Arrived in front of the gate.

邸内では二十人に酒肴を賜わった。

Twenty people were given sake in the mansion.

両隊長、小頭は大抵新調した衣袴を着け、爾余の十六人は前夜頂戴した絹服を纏った。

Both captains and small heads usually wore new outfits, and more than sixteen men wore silk clothes given the night before.

佩刀は邸内では渡されない。

The sword is not handed over in the house.

切腹の場所で渡される筈である。

It is a spear that is handed over at the place of the hunger.

 一同が藩邸の玄関から高足駄を踏み鳴らして出ると、細川、浅野両家で用意させた駕籠二十挺を舁き据えた。

When all of them came out from the entrance to the mansion, they set up the 20th floor prepared by the Hosokawa and Asano families.

一礼してそれに乗り移る。

Take a break and change to it.

行列係が行列を組み立てる。

The processionist builds the procession.

先手は両藩の下役人数人で、次に兵卒数人が続く。

The first is the number of officers of both sides, followed by the number of soldiers.

次は細川藩の留守居馬場彦右衛門、同藩の隊長山川亀太郎、浅野藩の重役渡辺|競の三人である。

Next is Hosokawa's absence, Babahiko Hikoemon, his co-master Nagayamakawa Kametaro, Asano's director Watanabe |

陣笠|小袴で馬に跨り、持鑓を竪てさせている。

Jinkasa: I straddled a horse with a small basket and made me hold my hand.

次に兵卒数人が行く。

Next is a few soldiers.

次に大砲二門を挽かせて行く。

Next, grind the second cannon.

次が二十挺の駕籠である。

The following is the 20th basket.

駕籠一挺毎に、装剣の銃を持った六人の兵が附く。

Each soldier comes with six soldiers with sword guns.

二十挺の前後は、同じく装剣の銃を持った兵が百二十人で囲んでいる。

Around the 20th, there are about 120 soldiers with sword guns.

後押は銃を負った騎兵二騎である。

The boost is a cavalry two with a gun.

次に両藩の高張提灯各十挺が行く。

Next, go to each of the ten high-rise lanterns.

次に両藩士卒百数十人が行く。

Next, hundreds of both graduates go.

以上の行列の背後に少し距離を取って、土佐藩の重臣始め数百人が続く。

A few distances behind the above procession, followed by hundreds of Tosa Kaoru Shigenomi.

長径|凡そ五丁である。

The major axis |

 長堀を出発して暫く進んでから、山川亀太郎が駕籠に就いて一人々々に挨拶して、箕浦の駕籠に戻ってからこう云った。

After leaving Nagahori for a while, Yamataro Kametaro got into the cocoon and greeted the people and returned to the shore of Kajiura.

「狭い駕籠で、定めて窮屈でありましょう。

“Let ’s be narrow and tight.

その上長途の事ゆえ、簾を垂れたままでは、鬱陶しく思われるでありましょう。

Moreover, because of its long-lasting nature, it would seem annoying to leave the kite hanging.

簾を捲かせましょうか」と云った。

I'll let you go. "

「御厚意|忝う存じます。

"Thank you very much.

差構ない事なら、さよう願いましょう」と、箕浦が答えた。

“Let's ask if it ’s okay,” Kajiura replied.

 そこで駕籠の簾は総て捲き上げられた。

So, all of the kites were raised.

 又暫く進むと、山川が一人々々の駕籠に就いて、

After a while, Yamakawa got into the trap of the people,

「茶菓の用意をしていますから、お望の方に差し上げたい」と云った。

“We are preparing tea confections, so I would like to give it to those who wish.”

 両藩の二十人に対する取扱は、万事非常に鄭重なものである。

藩 The handling of both people to the twenty people is very heavy.

 住吉|新慶町辺に来ると、兼て六番、八番の両隊が舎営していたことがあるので、路傍に待ち受けて別を惜むものがある。

Sumiyoshi | When you come to Shinkei-cho, both the 6th and 8th corps have been set up.

堺の町に入れば、道の両側に人山を築いて、その中から往々|欷歔の声が聞える。

When you enter the town of Sakai, you can build a mountain on both sides of the road, and you can often hear the voice of Sakai.

群集を離れて駕籠に駆け寄って、警固の兵卒に叱られるものもある。

Some of them leave the crowd and rush to the trap to be beaten by a keen soldier.

 切腹の場所と定められたのは妙国寺である。

Myokokuji Temple was designated as a place of hunger.

山門には菊御紋の幕を張り、寺内には総て細川、浅野両家の紋を染めた幕を引き繞らし、切腹の場所は山内家の紋を染めた幕で囲んである。

A chrysanthemum monk curtain is placed on the mountain gate, and the temple is enshrined with the curtains of the Hosokawa and Asano families.

門内に張った天幕の内には、新しい筵が敷き詰めてある。

New fences are laid out in the tent that stretches inside the gate.

 行列が妙国寺門前に着くと、駕籠を門内天幕の中に舁き入れて、筵の上に立て並べた。

When the procession arrived in front of the Myoukokuji Gate, the cocoons were put into the awning and placed on the fence.

次いで両藩士が案内して、駕籠は内庭へ舁き入れられ、本堂の縁に横付にせられた。

The two guides then guided the fox into the inner courtyard and laid it on the edge of the main hall.

 二十人は駕籠を出て、本堂に居並んだ。

Twenty people left the cage and lined up in the main hall.

座の周囲には、両藩の士卒が数百人詰めていて、二十人の中一人が座を起てば、四人が取り巻いて行く。

Around the seat, there are hundreds of graduates from both sides, and if one of the twenty rises, four will go around.

二十人は皆平常のように談笑して、時刻の来るのを待っていた。

Twenty people all chatted as usual and waited for the time.

 この時両藩の士の中に筆紙墨を用意していたものがある。

At this time, some of the swordsmen prepared brush ink.

それが二十人の首席にいる箕浦の前に来て、後日の記念に何か一筆願いたいといった。

It came in front of Kajiura, the head of the 20 people, and he wanted to make a stroke to commemorate the future.

 元六番歩兵隊長箕浦猪之吉は、源姓、名は元章、仙山と号している。

Former 6th Infantry Commander Minokichi Kajiura has a maiden name, his name is Motoaki and Senzan.

土佐国土佐郡|潮江村に住んで五人扶持、十五石を受ける扈従格の家に、弘化元年十一月十一日に生れた。

Tosa Kuni | Born on the 11th of November in the first year of Kōka in a family-owned family who lived in Shioe village and held 5 people and received 15 stones.

当年二十五歳である。

He is 25 years old this year.

祖父忠平、父を万次郎と云う。

My grandfather Tadahira, my father is Manjiro.

母は依田氏、名は梅である。

My mother is Yoda and my name is Ume.

安政四年に江戸に遊学し、万延元年には江戸で容堂侯の侍読になり、同じ年に帰国して文館の助教に任ぜられた。

He studied in Edo in the 4th year of Ansei, and in the first year of Mannen, he was read by Yodo Shrine in Edo.