文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

堺事件:森 鴎外(319-386)/584

次いで容堂侯の扈従を勤めて、七八年経過し、馬廻格に進んだ。

Next, I worked as a follower of Yodo, and after 78 years, I moved on to the horseback.

それが藩の歩兵小隊司令を命ぜられたのは、慶応三年十一月で、僅か三箇月勤めているうちに、堺の事件が起った。

It was in November of Keio that he was commanded by the nephew's infantry platoon.

そういう履歴の人だから、箕浦は詩歌の嗜もあり、書は草書を立派に書いた。

As a person with such a history, Kajiura also has a taste of poetry, and the calligraphy has written a great amount of curse.

 文房具を前に置かれた時、箕浦は、

When the stationery was placed in front, Kajiura

「甚だ見苦しゅうはございまするが」と挨拶して、腹稾の七絶を書いた。

I greeted, “I have a hard time seeing you,” and wrote the era of the stomach.

「除却妖氛答国恩。

“Retirement fox reptile.

決然豈可省人言。

It ’s definitely a human language.

唯教大義伝千載。

Yuikyou Daidenden Senju.

一死元来不足論」攘夷はまだこの男の本領であったのである。

“The theory of deficiency from the beginning of death” was still the man's territory.

 二十人が暫く待っていると、細川藩士がまだなかなか時刻が来そうにないと云った。

Twenty people waited for a while, and Hosokawa said that it was almost time to come.

そこで寺内を見物しようと云うことになった。

So I decided to see the temple.

庭へ出て見ると、寺の内外は非常な雑沓である。

When you go out to the garden, the inside and outside of the temple are very miscellaneous.

堺の市中は勿論、大阪、住吉、河内在等から見物人が入り込んで、いかに制しても立ち去らない。

Visitors from Osaka, Sumiyoshi, Kawachi, etc., as well as the flea market, will not leave.

鐘撞堂には寺の僧侶が数人登って、この群集を見ている。

A few temple monks climb the bell tower and see this crowd.

八番隊の垣内がそれに目を着けて、つと堂の上に登って、僧侶に言った。

The 8th team Kakiuchi looked at it and climbed up the hall and told the monk.

「坊様達、少し退いて下されい。

"Bows, please retreat a little.

拙者は今日切腹して相果てる一人じゃ。

I'm the only one who can't help today.

我々の中間には辞世の詩歌などを作るものもあるが、さような巧者な事は拙者には出来ぬ。

Some of us make a resignation poetry, etc., but such a skillful thing cannot be done by a deaf person.

就いてはこの世の暇乞に、その大鐘を撞いて見たい。

I would like to see the big bell in my spare time.

どりゃ」と云いさま腕まくりをして撞木を掴んだ。

"Dorya" rolled up his arms and grabbed Yuuki.

僧侶は驚いて左右から取り縋った。

The monk was surprised and left and right.

「まあまあ、お待ち下さりませ。

"Okay, don't wait.

この混雑の中で鐘が鳴ってはどんな騒動になろうも知れません。

No one knows what the riot will be like when the bell rings in this crowd.

どうぞそれだけは御免下さりませ」

Please don't forgive me for that. "

「いや、国家のために忠死する武士の記念じゃ。

“No.

留めるな」

Don't stop "

 垣内と僧侶とは揉み合っている。

Kakiuchi and the monk are in love.

それを見て垣内の所へ、中間の二三人が駆け附けた。

Looking at it, a couple of middlemen rushed to the place in the fence.

「大切な事を目前に控えていながら、それは余り大人気ない。

“It ’s not very popular, with important things in front of you.

鐘を鳴らして人を驚かしてなんになる。

What a surprise to the people by ringing the bell.

好く考えて見給え」と云って留めた。

“Please look forward to it.”

「そうか。

"Really.

つい興に乗じて無益の争をした。

He took advantage of his interest and fought for uselessness.

罷める罷める」と垣内は云って、撞木から手を引いた。

“I give up,” Kakiuchi said, and drew his hand from Yuki.

垣内を留めた中間の一人が懐を探って、

One of the middle people who stopped the fence explored his bosom,

「ここに少し金がある、もはや用のない物じゃ、死んだ跡にお世話になるお前様方に献じましょう」と云って、僧侶に金をわたした。

“If there is a little money here, and something that is no longer needed, I will give it to you who care for the dead,” I gave the monk money.

垣内と僧侶との争論を聞き付けて、次第に集って来た中間が、

Hearing the dispute between Kakiuchi and the monk, the middle gathered gradually,

「ここにもある」

"It's here too"

「ここにも」と云いながら、持っていただけの金銭を出して、皆僧侶の前に置いた。

He said, “Here, too” and gave him the money he had, and put it in front of the monk.

中には、

Some

「拙者は冥福を願うのではないが」と、条件を附けて置くものもあった。

Some said, “The savior does not wish for happiness”.

僧侶は金を受けて鐘撞堂を下った。

The monk received the money and went down the bell tower.

 人々は鐘撞堂を降りて、

People get off Kanegodo,

「さあ、これから切腹の場所を拝見して置こうか」と、幔幕で囲んだ中へ這入り掛けた。

"Let's see the place of the hunger and place it now," he went into the fence surrounded by the curtain.

細川藩の番士が、

Hosokawa ’s boss,

「それはお越にならぬ方が宜しゅうございましょう」と云って留めた。

“It's better if you don't come.”

「いや、御心配御無用、決して御迷惑は掛けません」と言い放って、一同幕の中に這入った。

"No, don't worry, don't bother you", he entered the curtain.

 場所は本堂の前の広庭である。

The place is a large garden in front of the main hall.

山内家の紋を染めた幕を引き廻した中に、四本の竹竿を竪てて、上に苫が葺いてある。

While drawing a curtain dyed with the Yamauchi family's crest, four bamboo baskets are struck and a cocoon is on the top.

地面には荒筵二枚の上に、新しい畳二枚を裏がえしに敷き、それを白木綿で覆い、更に毛氈一枚を襲ねてある。

On the ground, two new tatami mats are placed upside down on two rough tiles, covered with white cotton, and then a single furrow is attacked.

傍に毛氈が畳んだままに積み上げてあるのは、一人々々取り替えるためであろう。

The reason why the furrows are piled up beside them is to replace people one by one.

入口の側に卓があって、大小が幾組も載せてある。

There is a table on the side of the entrance, and there are several sets of large and small.

近づいて見れば、長堀の邸で取り上げられた大小である。

If you look closer, it is a big and small featured in Nagahori's mansion.

 人々は切腹の場所を出て、序に宝珠院の墓穴も見て置こうと、揃って出掛けた。

[People left the place of hunger and finally went out to see the grave hole of Hojuin.

ここには二列に穴が掘ってある。

There are two rows of holes here.

穴の前には高さ六尺余の大瓶が並べてある。

In front of the holes are large bottles with a height of more than six inches.

しかもそれには一々名が書いて貼ってある。

Moreover, it has a name written on it.

それを読んで行くうちに、横田が土居に言った。

While reading it, Yokota said to Doi.

「君と僕とは生前にも寝食を倶にしていたが、見れば瓶も並べてある。

“You and I used to eat and sleep before life, but if you look, you can see the bottles.

死んでからも隣同士話が出来そうじゃ」と云った。

It seems that we can talk to each other even after death. "

 土居は忽ち身を跳らせて瓶の中に這入って叫んだ。

土 Doi jumped and fell into the bottle and shouted.

「横田君々々々。

"You Yokota.

なかなか好い工合じゃ」

It ’s pretty good. ”

 竹内が云った。

Said Takeuchi.

「気の早い男じゃ。

“I ’m a quick guy.

そう急がんでも、じきに人が入れてくれる。

Even in such a sudden cancer, people will soon enter.

早く出て来い」

Get out early. ''

 土居は瓶から出ようとするが、這入る時とは違って、瓶の縁は高し、内面はすべるので、なかなか出られない。

土 The doi tries to get out of the bottle, but unlike when it enters, the edge of the bottle is high and the inner surface slips, so it is difficult to get out.