文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

安井夫人:森 鴎外(82-129)/316

それに器量よしという評判の子で、若者どもの間では「岡の小町」と呼んでいるそうである。

In addition, it is a reputable child, and it is called “Oka no Komachi” among young people.

どうも仲平とは不吊合いなように思われる。

It seems to be unsustained with Nakahira.

姉娘の豊なら、もう二十で、遅く取るよめとしては、年齢の懸隔もはなはだしいというほどではない。

If my sister and daughter are abundant, it's already twenty, and it's not that the age gap is too great to be late.

豊の器量は十人並みである。

Yutaka's equipment is about ten people.

性質にはこれといって立ち優ったところはないが、女にめずらしく快活で、心に思うままを口に出して言う。

Although there is no place in nature, this is unusual and cheerful for a woman, and says what she wants.

その思うままがいかにも素直で、なんのわだかまりもない。

It ’s just as honest as it is, and there ’s no way.

母親は「臆面なしで困る」と言うが、それが翁の気に入っている。

The mother says "I'm troubled without the face", but that's what I like.

 翁はこう思い定めたが、さてこの話を持ち込む手続きに窮した。

翁 Thought of this, he was hesitant to bring in this story.

いつも翁に何か言われると、謹んで承るという風になっている少女らに、直接に言うことはもちろん出来ない。

Of course, you can't say anything directly to the girls who are tempted to accept something when they say something.

外舅外姑が亡くなってからは、川添の家には卑属しかいないから、翁がうかと言い出しては、先方で当惑するかも知れない。

After Gaien Gaien died, he would not be obscene in Kawasoe's house, so he might be embarrassed by the other side if he said he would be angry.

他人同士では、こういう話を持ち出して、それが不調に終ったあとは、少くもしばらくの間交際がこれまで通りに行かぬことが多い。

Others often bring out such a story, and after it has been unsuccessful, dating often does not go as usual for at least a while.

親戚間であってみれば、その辺に一層心を用いなくてはならない。

If you are between relatives, you have to use more heart in that area.

 ここに仲平の姉で、長倉のご新造と言われている人がある。

Here is Nakahira's older sister who is said to be a new Nagakura.

翁はこれに意中を打ち明けた。

Tsuji confessed his intention to this.

「亡くなった兄いさんのおよめになら、一も二もなく来たのでございましょうが」と言いかけて、ご新造は少しためらった。

“Since I passed away from my brother who passed away, I would have come,” he said.

ご新造はそういう方角からはお豊さんを見ていなかったのである。

The new building did not see Otoyo from such a direction.

しかしお父うさまに頼まれた上で考えてみれば、ほかに弟のよめに相応した娘も思い当らず、またお豊さんが不承知を言うにきまっているとも思われぬので、ご新造はとうとう使者の役目を引き受けた。

However, if you think after being asked by your father, you can not think of any other daughter who corresponds to the brother's good-for-nothing, and it is unlikely that Mr. Yutaka will be disregarded. At last, he took on the role of a messenger.

 川添の家では雛祭の支度をしていた。

In Kawasoe's house, I was preparing for the Hinamatsuri.

奥の間へいろいろな書附けをした箱を一ぱい出し散らかして、その中からお豊さんが、内裏様やら五人囃しやら、一つびとつ取り出して、綿や吉野紙を除けて置き並べていると、妹のお佐代さんがちょいちょい手を出す。

When you put out a box with various writings in the back and scatter it, Yutaka-san, from inside and out, and five people, take one by one, and arrange it with cotton and Yoshino paper removed , My sister Sashiro puts out a hand.

「いいからわたしに任せておおき」と、お豊さんは妹を叱っていた。

“It's okay to leave it to me,” Yutaka said her sister.

 そこの障子をあけて、長倉のご新造が顔を出した。

】 After opening the shoji there, a new construction of Nagakura appeared.

手にはみやげに切らせて来た緋桃の枝を持っている。

I have a peach peach branch in my hand.

「まあ、お忙しい最中でございますね」

"Well, you are busy"

 お豊さんは尉姥の人形を出して、箒と熊手とを人形の手に挿していたが、その手を停めて桃の花を見た。

Mr. Otoyo put out a spider doll and inserted a spider and a rake into the hand of the doll.

「おうちの桃はもうそんなに咲きましたか。

“Did your peach bloom so much?

こちらのはまだ莟がずっと小そうございます」

This is still a little smaller candy. ''

「出かけに急いだもんですから、ほんの少しばかり切らせて来ました。

“I was in a hurry to go out, so I just cut it off a little.

たくさんお活けになるなら、いくらでも取りにおよこしなさいよ」こう言ってご新造は桃の枝をわたした。

If you can make a lot of money, go as much as you can. "

 お豊さんはそれを受け取って、妹に「ここはこのままそっくりしておくのだよ」と言っておいて、桃の枝を持って勝手へ立った。

Mr. Otoyo received it and told his sister, “I'll keep it as it is,” and stood with a peach branch.

 ご新造はあとからついて来た。

The new construction came later.

 お豊さんは台所の棚から手桶をおろして、それを持ってそばの井戸端に出て、水を一釣瓶汲み込んで、それに桃の枝を投げ入れた。

Mr. Otoyo took his hand from the kitchen shelf, took it to the edge of the well, drew a bottle of water, and threw a peach branch into it.

すべての動作がいかにもかいがいしい。

All the actions are really awesome.

使命を含んで来たご新造は、これならば弟のよめにしても早速役に立つだろうと思って、微笑を禁じ得なかった。

I thought that the new creation that included the mission would be useful for my younger brother, so I couldn't forbid the smile.

下駄を脱ぎすてて台所にあがったお豊さんは、壁に吊ってある竿の手拭いで手をふいている。

Yutaka, who took off the clogs and went up to the kitchen, wiped his hands with a towel wiped from the wall.

そのそばへご新造が摩り寄った。

A new product neared it.

「安井では仲平におよめを取ることになりました」劈頭に御新造は主題を道破した。

“In Yasui, I decided to go to Nakahira.” At Shinto, Mishinzo broke the subject.

「まあ、どこから」

"Well, from where"

「およめさんですか」

"Is it Mr. Ome?"

「ええ」

"Yes"

「そのおよめさんは」と言いさして、じっとお豊さんの顔を見つつ、「あなた」

Say, “That ’s your wife,” look at Yutaka ’s face,

 お豊さんは驚きあきれた顔をして黙っていたが、しばらくすると、その顔に笑みがたたえられた。

Mr. Otoyo was silent with a surprised face, but after a while, his face smiled.

「※でしょう」

"It will be *"

「本当です。

"It's true.

わたしそのお話をしに来ました。

I came to talk about that.

これからお母あさまに申し上げようと思っています」

I'm going to tell my mom from now on. "

 お豊さんは手拭いを放して、両手をだらりと垂れて、ご新造と向き合って立った。

Mr. Otoyo released his hand, drew his hands gently and stood facing the new construction.

顔からは笑みが消え失せた。

The smile disappeared from the face.

「わたし仲平さんはえらい方だと思っていますが、ご亭主にするのはいやでございます」冷然として言い放った。

“I think Mr. Nakahira is a great person, but I do n’t want to be the host,” he said coldly.