文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

安井夫人:森 鴎外(130-167)/316

 お豊さんの拒絶があまり簡明に発表せられたので、長倉のご新造は話のあとを継ぐ余地を見いだすことが出来なかった。

[Otoyo-san's rejection was announced so simply that Nagakura's new construction could not find room for succession.

しかしこれほどの用事を帯びて来て、それを二人の娘の母親に話さずにも帰られぬと思って、直談判をして失敗した顛末を、川添のご新造にざっと言っておいて、ギヤマンのコップに注いで出された白酒を飲んで、暇乞いをした。

However, after taking such an errand, I thought that I could not go home without talking to the mother of the two daughters, and I told the new story of Kawazoe that I failed after talking directly , Drinking white liquor poured into Gearman's cup and having a spare time.

 川添のご新造は仲平|贔屓だったので、ひどくこの縁談の不調を惜しんで、お豊にしっかり言って聞かせてみたいから、安井家へは当人の軽率な返事を打ち明けずにおいてくれと頼んだ。

Kawazoe's new construction was Nakahira, so I was very sorry for this bad talk and I would like to tell you abundantly. .

そこでお豊さんの返事をもって復命することだけは、一時見合わせようと、長倉のご新造が受け合ったが、どうもお豊さんが意を翻そうとは信ぜられないので、「どうぞ無理にお勧めにならぬように」と言い残して起って出た。

So, only to return to life with Mr. Toyoda's reply, Nagakura's new construction was accepted to temporarily suspend it, but I do not believe that Mr. Yutaka will try to change his mind, “Do n’t become crazy.”

 長倉のご新造が川添の門を出て、道の二三丁も来たかと思うとき、あとから川添に使われている下男の音吉が駆けて来た。

When I thought that a new construction in Nagakura left the gate of Kawazoe and that 23-chome of the road also came, the young man Otokichi used for Kawazoe rushed later.

急に話したいことがあるから、ご苦労ながら引き返してもらいたいという口上を持って来たのである。

Because I had something I wanted to talk to suddenly, I brought up the words that I wanted you to turn back with difficulty.

 長倉のご新造は意外の思いをした。

The new construction of Nagakura was surprising.

どうもお豊さんがそう急に意を翻したとは信ぜられない。

I can't believe Mr. Yutaka suddenly changed his mind.

何の話であろうか。

What are you talking about?

こう思いながら音吉と一しょに川添へ戻って来た。

I came back to Kawazoe together with Otokichi.

「お帰りがけをわざわざお呼び戻しいたして済みません。

"I'm sorry to haven't called you back.

実は存じ寄らぬことが出来まして」待ち構えていた川添のご新造が、戻って来た客の座に着かぬうちに言った。

Actually, I couldn't know, ”said Kawazoe's new construction, who had been waiting for it, before reaching the seat of the returning customer.

「はい」長倉のご新造は女主人の顔をまもっている。

"Yes" Nagakura's new construction covers the face of the mistress.

「あの仲平さんのご縁談のことでございますね。

“That ’s a talk with Nakahira-san.

わたくしは願うてもないよい先だと存じますので、お豊を呼んで話をいたしてみましたが、やはりまいられぬと申します。

I know that I'm a good destination I don't want, so I tried to talk to Yutaka and talked about it.

そういたすとお佐代が姉にその話を聞きまして、わたくしのところへまいって、何か申しそうにいたして申さずにおりますのでございます。

When it was so, Sashiro heard the story from her sister, went to me, and wouldn't say anything.

なんだえと、わたくしが尋ねますと、安井さんへわたくしが参ることは出来ますまいかと申します。

When I ask, I ’m not sure if I can come to Yasui.

およめに往くということはどういうわけのものか、ろくにわからずに申すかと存じまして、いろいろ聞いてみましたが、あちらでもろうてさえ下さるなら自分は往きたいと、きっぱり申すのでございます。

I knew why I wouldn't know why it was going to go, but I asked a lot about it.

いかにも差出がましいことでございまして、あちらの思わくもいかがとは存じますが、とにかくあなたにご相談申し上げたいと存じまして」さも言いにくそうな口吻である。

It ’s a very stupid thing, and I do n’t know what it ’s like, but I ’d like to talk to you anyway.

 長倉のご新造はいよいよ意外の思いをした。

Nagakura's new construction was unexpected.

父はこの話をするとき、「お佐代は若過ぎる」と言った。

When he told this story, he said, “Oshiro is too young”.

また「あまり別品でなあ」とも言った。

He also said, “It ’s a very different item.”

しかしお佐代さんを嫌っているのでないことは、平生からわかっている。

However, Hirao knows that he doesn't hate Sashiro.

多分父は吊合いを考えて、年がいっていて、器量の十人並みなお豊さんをと望んだのであろう。

Perhaps my father thought that he was hanging out, and he was old and wanted a ten-year-old Yutaka who was well equipped.

それに若くて美しいお佐代さんが来れば、不足はあるまい。

And if young and beautiful Sashiro comes, there will be no shortage.

それにしても控え目で無口なお佐代さんがよくそんなことを母親に言ったものだ。

Even so, a modest and silent Sashiro often told his mother about that.

これはとにかく父にも弟にも話してみて、出来ることなら、お佐代さんの望み通りにしたいものだと、長倉のご新造は思案してこう言った。

Anyway, I talked to my father and my brother, and if possible, I wanted to make sure that Sashiro-san wanted to do it.

「まあ、そうでございますか。

“Well, is that so?

父はお豊さんをと申したのでございますが、わたくしがちょっと考えてみますに、お佐代さんでは悪いとは申さぬだろうと存じます。

My father said Otoyo-san, but as I think for a moment, Sashiro-san would not say it was bad.

早速あちらへまいって申してみることにいたしましょう。

Let's go and tell you to go over there.

でもあの内気なお佐代さんが、よくあなたにおっしゃったものでございますね」

But that shy Sashiro often told you. ”

「それでございます。

“That ’s it.

わたくしも本当にびっくりいたしました。

I was really surprised.

子供の思っていることは何から何までわかっているように存じていましても、大違いでございます。

Even if you know what you think your child knows, it's a big difference.

お父うさまにお話し下さいますなら、当人を呼びまして、ここで一応聞いてみることにいたしましょう」こう言って母親は妹娘を呼んだ。

If you want to talk to your father, let's call him and ask him to listen here, "said the mother.

 お佐代はおそるおそる障子をあけてはいった。

佐 Sashiro opened a slow shoji screen.

 母親は言った。

“The mother said.

「あの、さっきお前の言ったことだがね、仲平さんがお前のようなものでももらって下さることになったら、お前きっと往くのだね」

“That ’s what you said earlier. If Nakahira-san gets you something like you, you ’ll definitely be there.”