文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

山椒大夫:森 鴎外(1-61)/801

山椒大夫

Daigo Yamazaki

森鴎外

Mori Ogai

 越後の春日を経て今津へ出る道を、珍らしい旅人の一群れが歩いている。

A group of rare travelers are walking on the road to Imazu after Kasuga in Echigo.

母は三十歳を踰えたばかりの女で、二人の子供を連れている。

My mother is a thirty-year-old woman with two children.

姉は十四、弟は十二である。

My sister is fourteen and my brother is twelve.

それに四十ぐらいの女中が一人ついて、くたびれた同胞二人を、「もうじきにお宿にお着きなさいます」と言って励まして歩かせようとする。

Then, about forty maids follow, and they try to encourage and walk their two compatriots, saying, "I will arrive at the hotel soon."

二人の中で、姉娘は足を引きずるようにして歩いているが、それでも気が勝っていて、疲れたのを母や弟に知らせまいとして、折り折り思い出したように弾力のある歩きつきをして見せる。

Among them, my sister and daughter are walking as if they dragged their feet, but they were still happy, and they walked with elasticity as if they were tired and reminded their mother and brother that they were tired. Show it.

近い道を物詣りにでも歩くのなら、ふさわしくも見えそうな一群れであるが、笠やら杖やらかいがいしい出立ちをしているのが、誰の目にも珍らしく、また気の毒に感ぜられるのである。

It is a group that seems to be worth seeing if you walk on a nearby road, but it is unusual for everyone to have a cape or a cane or a big outing, and I feel sorry for it. It will be tyled.

 道は百姓家の断えたり続いたりする間を通っている。

The road passes through the refusal and continuation of the family.

砂や小石は多いが、秋日和によく乾いて、しかも粘土がまじっているために、よく固まっていて、海のそばのように踝を埋めて人を悩ますことはない。

There are a lot of sand and pebbles, but they dry well in autumn, and because they are made of clay, they are hardened and do not bother people by burying coral near the sea.

 藁葺きの家が何軒も立ち並んだ一構えが柞の林に囲まれて、それに夕日がかっとさしているところに通りかかった。

A set of several thatched houses was surrounded by a forest of oaks, and we passed by where the sunset was cool.

「まああの美しい紅葉をごらん」と、先に立っていた母が指さして子供に言った。

“Look at the beautiful autumn leaves of Maaah,” the mother standing before pointed to the child.

 子供は母の指さす方を見たが、なんとも言わぬので、女中が言った。

The child looked at the mother's finger, but she said nothing, so the maid said.

「木の葉があんなに染まるのでございますから、朝晩お寒くなりましたのも無理はございませんね」

“The leaves are so much dyed, so it ’s not unreasonable to get cold in the morning and evening.”

 姉娘が突然弟を顧みて言った。

“My sister suddenly looked back at her brother.

「早くお父うさまのいらっしゃるところへ往きたいわね」

"I want to go to the place where my father is coming soon."

「姉えさん。

"My sister.

まだなかなか往かれはしないよ」弟は賢しげに答えた。

I have n’t been able to go back yet, ”he replied wisely.

 母が諭すように言った。

‘My mother told me to cheat.

「そうですとも。

“That ’s right.

今まで越して来たような山をたくさん越して、河や海をお船でたびたび渡らなくては往かれないのだよ。

You have to cross a lot of mountains that you have come to, and often cross the river and the sea by boat.

毎日精出しておとなしく歩かなくては」

I have to scour every day and walk quietly. "

「でも早く往きたいのですもの」と、姉娘は言った。

“But I want to go early,” said the sister-daughter.

 一群れはしばらく黙って歩いた。

The flock walked silently for a while.

 向うから空桶を担いで来る女がある。

There is a woman who carries airborne from the other side.

塩浜から帰る潮汲み女である。

She is a tide-pumping woman who returns from Shiohama.

 それに女中が声をかけた。

The maid called out to me.

「もしもし。

"Hello.

この辺に旅の宿をする家はありませんか」

Is there a house where you can travel around here? "

 潮汲み女は足を駐めて、主従四人の群れを見渡した。

The tide-caught woman parked her feet and looked over the group of four masters and slaves.

そしてこう言った。

And said:

「まあ、お気の毒な。

“Well, I ’m sorry.

あいにくなところで日が暮れますね。

Unfortunately the sun goes down.

この土地には旅の人を留めて上げる所は一軒もありません」

There is no place on this land to keep travelers away. ''

 女中が言った。

Said the maid.

「それは本当ですか。

"is that true.

どうしてそんなに人気が悪いのでしょう」

Why is it so unpopular?

 二人の子供は、はずんで来る対話の調子を気にして、潮汲み女のそばへ寄ったので、女中と三人で女を取り巻いた形になった。

[The two children were worried about the looming nature of the dialogue and approached the woman, so she was surrounded by three girls and three women.

 潮汲み女は言った。

Said the tide-pumping woman.

「いいえ。

"No.

信者が多くて人気のいい土地ですが、国守の掟だからしかたがありません。

It's a popular land with many believers, but it can't be helped because it is a national defense trap.

もうあそこに」と言いさして、女は今来た道を指さした。

"Well over there," she pointed to the way she came.

「もうあそこに見えていますが、あの橋までおいでなさると高札が立っています。

“I can see it over there, but if I do n’t go to that bridge, there ’s a high bill.

それにくわしく書いてあるそうですが、近ごろ悪い人買いがこの辺を立ち廻ります。

It seems that it is written in detail, but bad people buying around this area recently.

それで旅人に宿を貸して足を留めさせたものにはお咎めがあります。

So there is a compliment for those who rented an inn and let their travelers stay.

あたり七軒巻添えになるそうです」

It ’s going to be accompanied by seven rolls. ”

「それは困りますね。

"That is a problem.

子供衆もおいでなさるし、もうそう遠くまでは行かれません。

The children will come and will not go so far.

どうにかしようはありますまいか」

Is there something I can do about it? "

「そうですね。

"I agree.

わたしの通う塩浜のあるあたりまで、あなた方がおいでなさると、夜になってしまいましょう。

If you come to the place where I go to Shiohama, it will be night.

どうもそこらでいい所を見つけて、野宿をなさるよりほか、しかたがありますまい。

There is no other way than to find a good place and do a lodging.

わたしの思案では、あそこの橋の下にお休みなさるがいいでしょう。

My thought is to rest under the bridge over there.

岸の石垣にぴったり寄せて、河原に大きい材木がたくさん立ててあります。

There are many large timbers on the riverside, close to the stone wall on the shore.

荒川の上から流して来た材木です。

A timber shed from the top of Arakawa.

昼間はその下で子供が遊んでいますが、奥の方には日もささず、暗くなっている所があります。

During the daytime, children are playing under it, but there is a place in the back that is darker than the sun.

そこなら風も通しますまい。

If that is the case, the wind will not pass.

わたしはこうして毎日通う塩浜の持ち主のところにいます。

I am at the owner of Shiohama, who goes every day.

ついそこの柞の森の中です。

It is in the woods of the right there.

夜になったら、藁や薦を持って往ってあげましょう」

Let's go with a bag or recommendation at night. "

 子供らの母は一人離れて立って、この話を聞いていたが、このとき潮汲み女のそばに進み寄って言った。

The children's mother stood alone and was listening to this story, but at this time, she approached the tide and she said.