文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

高瀬舟:森 鴎外(161-199)/229

弟は目でわたくしのそばへ寄るのを留めるようにして口をききました。

The younger brother spoke with his eyes to stop approaching me.

ようよう物が言えるようになったのでございます。

I can now say something like that.

『すまない。

"I'm sorry.

どうぞ堪忍してくれ。

Please be patient.

どうせなおりそうにもない病気だから、早く死んで少しでも兄きにらくがさせたいと思ったのだ。

Because it was an unlikely illness, I wanted to die soon and make my brother garble even a little.

笛を切ったら、すぐ死ねるだろうと思ったが息がそこから漏れるだけで死ねない。

I thought I would die soon if I cut the whistle, but I couldn't die because my breath leaked from it.

深く深くと思って、力いっぱい押し込むと、横へすべってしまった。

I thought deeply and deeply, and when I pushed it in, I slipped to the side.

刃はこぼれはしなかったようだ。

The blade did not spill.

これをうまく抜いてくれたらおれは死ねるだろうと思っている。

I think I'll die if I pull this out.

物を言うのがせつなくっていけない。

It's hard to say things.

どうぞ手を借して抜いてくれ』と言うのでございます。

Please borrow a hand and pull it out. "

弟が左の手をゆるめるとそこからまた息が漏ります。

When my brother loosens his left hand, he breathes again.

わたくしはなんと言おうにも、声が出ませんので、黙って弟の喉の傷をのぞいて見ますと、なんでも右の手に剃刀を持って、横に笛を切ったが、それでは死に切れなかったので、そのまま剃刀を、えぐるように深く突っ込んだものと見えます。

No matter how much I say, I can't speak, so when I looked silently and looked into my brother's throat wound, I held a razor in my right hand and cut a whistle next to it, but then I died Since there was no, it seems that the razor was pierced deeply.

柄がやっと二寸ばかり傷口から出ています。

The pattern finally comes out of the wound just two inches.

わたくしはそれだけの事を見て、どうしようという思案もつかずに、弟の顔を見ました。

I looked at it and saw my brother's face without thinking about what to do.

弟はじっとわたくしを見詰めています。

My brother is staring at me.

わたくしはやっとの事で、『待っていてくれ、お医者を呼んで来るから』と申しました。

I finally said, “Wait me and call me a doctor.”

弟は恨めしそうな目つきをいたしましたが、また左の手で喉をしっかり押えて、『医者がなんになる、あゝ苦しい、早く抜いてくれ、頼む』と言うのでございます。

The younger brother had an eye that seemed to praise him, but again, he pressed his throat firmly with his left hand and said, “What will the doctor do?

わたくしは途方に暮れたような心持ちになって、ただ弟の顔ばかり見ております。

I feel like I was at a loss and I just look at my brother's face.

こんな時は、不思議なもので、目が物を言います。

At times like this, it ’s strange and your eyes tell things.

弟の目は『早くしろ、早くしろ』と言って、さも恨めしそうにわたくしを見ています。

The younger brother's eyes say, “Make it fast, make it fast,” and look at me as if I'm giving up.

わたくしの頭の中では、なんだかこう車の輪のような物がぐるぐる回っているようでございましたが、弟の目は恐ろしい催促をやめません。

In my head, it seemed that something like a wheel of a car was spinning around.

それにその目の恨めしそうなのがだんだん険しくなって来て、とうとう敵の顔をでもにらむような、憎々しい目になってしまいます。

Besides, it seems that the eyes that seem to praise it are getting stiffer, and finally it becomes a hateful eye that stares at the face of the enemy.

それを見ていて、わたくしはとうとう、これは弟の言ったとおりにしてやらなくてはならないと思いました。

Looking at it, I finally thought I had to do this as my brother said.

わたくしは『しかたがない、抜いてやるぞ』と申しました。

I said, “I can't help it, I will pull it out”.

すると弟の目の色がからりと変わって、晴れやかに、さもうれしそうになりました。

The color of my brother's eyes suddenly changed, and it seemed to be radiant and happy.

わたくしはなんでもひと思いにしなくてはと思ってひざを撞くようにしてからだを前へ乗り出しました。

I thought that I had to think about anything, so I began to kneel and put my body forward.

弟は突いていた右の手を放して、今まで喉を押えていた手のひじを床に突いて、横になりました。

The younger brother released his right hand, and then lay down with the elbow of his hand holding his throat up to the floor.

わたくしは剃刀の柄をしっかり握って、ずっと引きました。

I grabbed the handle of the razor and pulled it all the time.

この時わたくしの内から締めておいた表口の戸をあけて、近所のばあさんがはいって来ました。

At this time, I opened the front door that I had tightened from within me, and my grandmother in the neighborhood came in.

留守の間、弟に薬を飲ませたり何かしてくれるように、わたくしの頼んでおいたばあさんなのでございます。

While I was away, I was the old lady who asked me to give my brother some medicine and do something.

もうだいぶ内のなかが暗くなっていましたから、わたくしにはばあさんがどれだけの事を見たのだかわかりませんでしたが、ばあさんはあっと言ったきり、表口をあけ放しにしておいて駆け出してしまいました。

It was already dark inside, so I didn't know how much she saw, but she just said, she left her face open and ran out I ended up.

わたくしは剃刀を抜く時、手早く抜こう、まっすぐに抜こうというだけの用心はいたしましたが、どうも抜いた時の手ごたえは、今まで切れていなかった所を切ったように思われました。

When I pulled out the razor, I was careful to pull it out quickly and straight out, but when I pulled it out, it seemed like I had cut off what I hadn't cut before.

刃が外のほうへ向いていましたから、外のほうが切れたのでございましょう。

Because the blade was facing outward, let's say that the outer one was cut.

わたくしは剃刀を握ったまま、ばあさんのはいって来てまた駆け出して行ったのを、ぼんやりして見ておりました。

I was vaguely looking at Granny's entry and running away while holding a razor.

ばあさんが行ってしまってから、気がついて弟を見ますと、弟はもう息が切れておりました。

When my grandmother went, I noticed and looked at my brother, and his brother was already out of breath.

傷口からはたいそうな血が出ておりました。

There was a lot of blood coming out of the wound.

それから年寄衆がおいでになって、役場へ連れてゆかれますまで、わたくしは剃刀をそばに置いて、目を半分あいたまま死んでいる弟の顔を見詰めていたのでございます。」

Then, until the elderly came and took me to the government office, I left my razor beside me and stared at the face of my dead brother with half my eyes. "

 少しうつ向きかげんになって庄兵衛の顔を下から見上げて話していた喜助は、こう言ってしまって視線をひざの上に落とした。

“Kisuke, who was looking a little depressed and looking up Shobei's face from below, said this and dropped his gaze on his lap.