文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

雁:森 鴎外(1869-1939)/2056

それからWさんに附いて九州を視察して、九州からすぐに Messagerie Maritime 会社の舟に乗るのである。

Then I visit Kyushu with Mr. W and immediately get on the boat of Messagerie Maritime company from Kyushu.

 僕は折々立ち留まって、「驚いたね」とか、「君は果断だよ」とか云って、随分ゆるゆる歩きつつこの話を聞いた積であった。

I stayed from time to time and said, "I was surprised" or "You are defeated" and heard this story while walking slowly.

しかし聞いてしまって時計を見れば、石原に分れてからまだ十分しか立たない。

However, if I listen to it and look at the watch, I can't stand up enough since I was divided into Ishihara.

それにもう池の周囲の殆ど三分の二を通り過ぎて、仲町裏の池の端をはずれ掛かっている。

In addition, almost two-thirds of the surroundings of the pond have already passed, and the edge of the pond at the back of Nakamachi has come off.

「このまま往っては早過ぎるね」と、僕は云った。

“It ’s too early to go,” I said.

「蓮玉へ寄って蕎麦を一杯食って行こうか」と、岡田が提議した。

Okada proposed, "Let's go to lotus balls and eat a cup of soba."

 僕はすぐに同意して、一しょに蓮玉庵へ引き返した。

I immediately agreed and turned back to Lotus Ball.

その頃下谷から本郷へ掛けて一番名高かった蕎麦屋である。

It was the most famous soba restaurant from Shimoya to Hongo.

 蕎麦を食いつつ岡田は云った。

Okada said while eating soba noodles.

「切角今まで遣って来て、卒業しないのは残念だが、所詮官費留学生になれない僕がこの機会を失すると、ヨオロッパが見られないからね」

"I'm sorry that I haven't graduated until I've been sent, but if I can't become a government-sponsored international student and I lose this opportunity, I can't see Europe."

「そうだとも。

“That ’s right.

機逸すべからずだ。

I don't know what to do.

卒業がなんだ。

What is graduation.

向うでドクトルになれば同じ事だし、又そのドクトルをしなくたって、それも憂うるに足りないじゃないか」

It's the same thing if you become a doctor over there, and if you don't do that, it's not enough. "

「僕もそう思う。

"I also think so.

只資格を拵えると云うだけだ。

It just means that you can earn a qualification.

俗に随って聊復爾りだ」

Revenge revenge along with the commonplace. "

「支度はどうだい。

“How are you ready?

随分慌ただしい旅立になりそうだが」

It seems to be a very busy journey. ''

「なに。

"what.

僕はこのままで往く。

I will go as it is.

Wさんの云うには、日本で洋服を拵えて行ったって、向うでは着られないそうだ」

Mr. W says that if you go to Japan for clothes, you can't wear them. "

「そうかなあ。

“I think so.

いつか花月新誌で読んだが、成島柳北も横浜でふいと思い立って、即坐に決心して舟に乗ったと云うことだった」

One day I read it in Kagetsu new magazine, but Narita Yanagikita also thought that he was in Yokohama and decided to sit on the boat and decided to sit on the boat.

「うん。

"Yup.

僕も読んだ。

I read it too.

柳北は内へ手紙も出さずに立ったそうだが、僕は内の方へは精しく言って遣った」

It seems that Yanakita stood without sending a letter to the inside, but I said to the inside in a precise manner.

「そうか。

"Really.

羨ましいな。

I envy you.

Wさんに附いて行くのだから、途中でまごつくことはあるまいが、旅行はどんな塩梅だろう。

I'm going to go with Mr. W, so I won't get stuck on the way, but what kind of salt plums will I travel?

僕には想像も出来ない」

I can't imagine "

「僕もどんな物だか分からないが、きのう柴田|承桂さんに逢って、これまで世話になった人だから、今度の一件を話したら、先生の書いた洋行案内をくれたよ」

“I don't know what I am, but yesterday Shibata | I met Mr. Jo Katsura, and I was indebted so far.

「はあ。

"Hey.

そんな本があるかねえ」

I do n’t have such a book. ”

「うん。

"Yup.

非売品だ。

Not for sale.

椋鳥連中に配るのだそうだ」

It is said that it will be distributed to the birds. "

 こんな話をしているうちに、時計を見れば、もう三十分までに五分しかなかった。

】 While talking about this, when I looked at the watch, it was only 30 minutes by 30 minutes.

僕は岡田と急いで蓮玉庵を出て、石原の待っている所へ往った。

I rushed out with Okada and left the lotus ball and went to where Ishihara was waiting.

もう池は闇に鎖されて、弁天の朱塗の祠が模糊として靄の中に見える頃であった。

Already, the pond was chained by darkness, and it was a time when Benten's vermilion lacquer was visible as a glue in the casket.

 待ち受けていた石原は、岡田と僕とを引っ張って、池の縁に出て云った。

Ishihara, who was waiting, pulled Okada and me and went out to the edge of the pond.

「時刻は丁度好い。

“Time is exactly right.

達者な雁は皆|塒を変えてしまった。

All the masters have changed their minds.

僕はすぐに為事に掛かる。

I'm going to get things done right away.

それには君達がここにいて、号令を掛けてくれなくてはならないのだ。

You have to be here and give me the command.

見給え。

Look up.

そこの三間ばかり前の所に蓮の茎の右へ折れたのがある。

There was a lotus right before the lotus stem just three spaces in front of it.

その延線に少し低い茎の左へ折れたのがある。

There is a little lower left of the stem in the extension.

僕はあの延線を前へ前へと行かなくてはならないのだ。

I have to go that line forward.

そこで僕がそれをはずれそうになったら、君達がここから右とか左とか云って修正してくれるのだ」

So if I'm about to get out of it, you'll fix right or left from here. "

「なる程。

“I see.

Parallaxe のような理窟だな。

A cavern like Parallaxe.

しかし深くはないだろうか」と岡田が云った。

But isn't it deep? "Okada said.

「なに。

"what.

背の立たない気遣は無い」こう云って、石原は素早く裸になった。

I don't have any care for him. ”Ishihara quickly became naked.

 石原の踏み込んだ処を見ると、泥は膝の上までしか無い。

Looking at the place where Ishihara stepped in, mud is only on the knees.

鷺のように足を※げては踏み込んで、ごぼりごぼりと遣って行く。

* Like your foot like a spider, step in and go spilling.

少し深くなるかと思うと、又浅くなる。

If you think it will be a little deeper, it will become shallow again.

見る見る二本の蓮の茎より前に出た。

Looked before the two lotus stems to see.

暫くすると、岡田が「右」と云った。

After a while, Okada said “right”.

石原は右へ寄って歩く。

Ishihara walks to the right.

岡田が又「左」と云った。

Okada said "left" again.

石原が余り右へ寄り過ぎたのである。

Ishihara has moved too far to the right.

忽ち石原は足を停めて身を屈めた。

Fallen Ishihara stopped and bent down.

そしてすぐに跡へ引き返して来た。

And immediately returned to the trace.

遠い方の蓮の茎の辺を過ぎた頃には、もう右の手に提げている獲ものが見えた。

By the end of the far-away lotus stalk, I could see what I was holding in my right hand.

 石原は太股を半分泥に汚しただけで、岸に着いた。

Ishihara arrived at the shore just by making his thighs half dirty with mud.

獲ものは思い掛けぬ大さの雁であった。

The prey was an unexpectedly large kite.

石原はざっと足を洗って、着物を着た。

Ishihara washed his feet and put on a kimono.

この辺はその頃まだ人の往来が少くて、石原が池に這入ってから又上がって来るまで、一人も通り掛かったものが無かった。

There was little traffic around here at that time, and no one passed by until Ishihara entered the pond and came up again.

「どうして持って行こう」と僕が云うと、石原が袴を穿きつつ云った。

I said, "Why should I take it with you?"