文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

カズイスチカ:森 鴎外(48-85)/277

素とフウフェランドは蘭訳の書を先輩の日本訳の書に引き較べて見たのであるが、新しい蘭書を得ることが容易くなかったのと、多くの障碍を凌いで横文の書を読もうとする程の気力がなかったのとの為めに、昔読み馴れた書でない洋書を読むことを、翁は面倒がって、とうとう翻訳書ばかり見るようになったのである。

Moto and Fuferand compared the orchid translation with the Japanese translation of their seniors, but it was not easy to obtain a new orchid book, and overcame many obstacles to write a horizontal book. Because he wasn't motivated to read it, he was tired of reading foreign books that he wasn't familiar with in the past, and finally he started to read only translated books.

ところが、その翻訳書の数が多くないのに、善い訳は少ないので、翁の新しい医学の上の智識には頗る不十分な処がある。

However, although the number of translations is not large, there are few good translations, so there is a lack of knowledge about the new medical knowledge of the old man.

 防腐外科なんぞは、翁は分っている積りでも、実際本当には分からなかった。

For antiseptic surgery, even though I knew the old man, I didn't really understand it.

丁寧に消毒した手を有合の手拭で拭くような事が、いつまでも止まなかった。

I couldn't stop wiping my carefully disinfected hands with a towel.

 これに反して、若い花房がどうしても企て及ばないと思ったのは、一種の Coup 〔d'oe&il〕 であった。

On the contrary, it was a kind of Coup [d'oe & il] that I thought the young Hanafusa couldn't do.

「この病人はもう一日は持たん」と翁が云うと、その病人はきっと二十四時間以内に死ぬる。

"This sick person will not have another day," said the old man, who will surely die within twenty-four hours.

それが花房にはどう見ても分からなかった。

Hanafusa didn't understand it at all.

 只これだけなら、少花房が経験の上で老花房に及ばないと云うに過ぎないが、実はそうでは無い。

If this is the only thing, it is just that the small flower cluster is not as good as the old flower cluster in experience, but in reality it is not.

翁の及ぶべからざる処が別に有ったのである。

There was another place that the old man could not reach.

 翁は病人を見ている間は、全幅の精神を以て病人を見ている。

While looking at the sick, the old man is looking at the sick with a full spirit.

そしてその病人が軽かろうが重かろうが、鼻風だろうが必死の病だろうが、同じ態度でこれに対している。

And whether the sick person is mild or heavy, nasal or desperate, he responds with the same attitude.

盆栽を翫んでいる時もその通りである。

The same is true when you are holding a bonsai tree.

茶を啜っている時もその通りである。

That's true when you're drinking tea.

 花房学士は何かしたい事|若くはする筈の事があって、それをせずに姑く病人を見ているという心持である。

Bachelor Hanafusa wants to do something | I have a feeling that I should be young and see the sick person who is sick without doing it.

それだから、同じ病人を見ても、平凡な病だとつまらなく思う。

Therefore, even if I see the same sick person, I think it is boring that it is a mediocre illness.

〔Inte'ressant〕 の病症でなくては厭き足らなく思う。

I don't think it's enough if I don't have the disease of [Inte'ressant].

又|偶々所謂興味ある病症を見ても、それを研究して書いて置いて、業績として公にしようとも思わなかった。

Also, when I happened to see a so-called illness of interest, I didn't even think about researching it, writing it down, and making it public as an achievement.

勿論発見も発明も出来るならしようとは思うが、それを生活の目的だとは思わない。

Of course, I would like to discover and invent, but I don't think that is the purpose of my life.

始終何か更にしたい事、する筈の事があるように思っている。

From beginning to end, I think there is something I want to do or something I should do.

しかしそのしたい事、する筈の事はなんだか分からない。

But I don't know what I want to do or what I should do.

或時は何物かが幻影の如くに浮んでも、捕捉することの出来ないうちに消えてしまう。

At some point, even if something floats like a phantom, it disappears before it can be captured.

女の形をしている時もある。

Sometimes it looks like a woman.

種々の栄華の夢になっている時もある。

Sometimes it's a dream of various glory.

それかと思うと、その頃|碧巌を見たり無門関を見たりしていたので、禅定めいた contemplatif な観念になっている時もある。

When I think about it, at that time, I was looking at Aoi Iwao and the Gateless Barrier, so sometimes it was a Zen-defined contemplatif idea.

とにかく取留めのないものであった。

Anyway, it was unreserved.

それが病人を見る時ばかりではない。

It's not just when you see the sick.

何をしていても同じ事で、これをしてしまって、片付けて置いて、それからというような考をしている。

No matter what I'm doing, it's the same thing, I've done this, put it away, and then think about it.

それからどうするのだか分からない。

I don't know what to do then.

 そして花房はその分からない或物が何物だということを、強いて分からせようともしなかった。

And Hanafusa didn't even try to force her to understand what she didn't understand.

唯或時はその或物を幸福というものだと考えて見たり、或時はそれを希望ということに結び付けて見たりする。

At one point, one sees the thing as happiness, and at another point, one sees it in connection with hope.

その癖又それを得れば成功で、失えば失敗だというような処までは追求しなかったのである。

I didn't pursue the habit of being successful if I got it, and failing if I lost it.

 しかしこの或物が父に無いということだけは、花房も疾くに気が付いて、初めは父がつまらない、内容の無い生活をしているように思って、それは老人だからだ、老人のつまらないのは当然だと思った。

However, just because my father doesn't have this kind of thing, Hanafusa also noticed that he was rushing, and at first I thought that my father was living a boring, contentless life, because it is an old man, it is natural that the old man is boring. I thought so.

そのうち、熊沢蕃山の書いたものを読んでいると、志を得て天下国家を事とするのも道を行うのであるが、平生顔を洗ったり髪を梳ったりするのも道を行うのであるという意味の事が書いてあった。

Among them, when I read what Kumazawa Banzan wrote, it is a way to get motivated and take care of the nation, but it is also a way to wash my face and comb my hair. It was written that there was something.

花房はそれを見て、父の平生を考えて見ると、自分が遠い向うに或物を望んで、目前の事を好い加減に済ませて行くのに反して、父はつまらない日常の事にも全幅の精神を傾注しているということに気が附いた。

Hanafusa looked at it, and when he thought about his father's life, he wanted something far away, and while he was sloppy about what he was doing, he was full of boring everyday things. I noticed that I was devoting myself to my spirit.

宿場の医者たるに安んじている父の 〔re'signation〕 の態度が、有道者の面目に近いということが、朧気ながら見えて来た。

It has become apparent that my father's [re'signation] attitude, which is reassuring as a doctor at the post station, is close to that of a youdao.

そしてその時から遽に父を尊敬する念を生じた。

And from that time on, I had a feeling of respect for my father.

 実際花房の気の付いた通りに、翁の及び難いところはここに存じていたのである。

Actually, as Hanafusa noticed, I knew the difficult part of the old man here.

 花房は大学を卒業して官吏になって、半年ばかりも病院で勤めていただろう。

Hanafusa graduated from university and became a government official, and would have worked at the hospital for about half a year.