文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

木精:森 鴎外(1-62)/112

木精

Kisei

森鴎外

Ogai Mori

 巌が屏風のように立っている。

Iwao stands like a folding screen.

登山をする人が、始めて深山薄雪草の白い花を見付けて喜ぶのは、ここの谷間である。

It is in the valley here that climbers are delighted to find the white flowers of Miyama light snow grass for the first time.

フランツはいつもここへ来てハルロオと呼ぶ。

Franz always comes here and calls him Harloo.

 麻のようなブロンドな頭を振り立って、どうかしたら羅馬法皇の宮廷へでも生捕られて行きそうな高音でハルロオと呼ぶのである。

With a hemp-like blonde head, he was called Harloo with a high-pitched tone that would somehow be captured by the court of Pope Rauma.

 呼んでしまってじいっとして待っている。

I called it and waited for it.

 暫くすると、大きい鈍いコントルバスのような声でハルロオと答える。

After a while, he answered Harloo with a loud, dull, controllable voice.

 これが木精である。

This is Kisei.

 フランツはなんにも知らない。

Franz doesn't know anything.

ただ暖かい野の朝、雲雀が飛び立って鳴くように、冷たい草叢の夕、※が忍びやかに鳴く様に、ここへ来てハルロオと呼ぶのである。

Just like a skylark flying away in a warm field morning, a cold grassland evening, * sneaking in, come here and call it Harloo.

しかし木精の答えてくれるのが嬉しい。

However, I'm glad that Kisei answers.

木精に答えて貰うために呼ぶのではない。

I'm not calling to get Kisei to answer.

呼べば答えるのが当り前である。

It is natural to answer if you call.

日の明るく照っている処に立っていれば、影が地に落ちる。

If you stand in the bright sunlight, the shadow will fall on the ground.

地に影を落すために立っているのではない。

I'm not standing to cast a shadow on the ground.

立っていれば影が差すのが当り前である。

It is natural that a shadow will be cast if you are standing.

そしてその当り前の事が嬉しいのである。

And I'm glad that it's a matter of course.

 フランツは父が麓の町から始めて小さい沓を買って来て穿かせてくれた時から、ここへ来てハルロオと呼ぶ。

Franz came here and called Harloo since his father bought a small pair of shoes from the town at the foot of the mountain and let him wear them.

呼べばいつでも木精の答えないことはない。

If you call it, Kisei will always answer.

 フランツは段々大きくなった。

Franz has grown gradually.

そして父の手伝をさせられるようになった。

And I was able to help my father.

それで久しい間例の岩の前へ来ずにいた。

So I didn't come to the rock for a long time.

 ある日の朝である。

It was one morning.

山を一面に包んでいた雪が、巓にだけ残って方々の樅の木立が緑の色を現して、深い深い谷川の底を、水がごうごうと鳴って流れる頃の事である。

It was around the time when the snow that wrapped the mountain all over remained only in the streets, and the trees of the people's fir trees turned green, and the water roared and flowed through the bottom of the deep and deep valley river.

フランツは久振で例の岩の前に来た。

Franz came in front of the rock in Hisashi.

 そして例のようにハルロオと呼んだ。

And as in the example, I called it Harloo.

 麻のようなブロンドな頭を振り立って呼んだ。

The hemp-like blonde head was shaken and called.

しかし声は少し荒を帯びた次高音になっているのである。

However, the voice has a slightly rough next treble.

 呼んでしまって、じいっとして待っている。

I called it and waited still.

 暫くしてもう木精が答える頃だなと思うのに、山はひっそりしてなんにも聞えない。

I think it's about time Kisei answers after a while, but the mountain is quiet and I can't hear anything.

ただ深い深い谷川がごうごうと鳴っているばかりである。

The deep and deep Tanigawa is just rumbling.

 フランツは久しく木精と問答をしなかったので、自分が時間の感じを誤っているかと思って、また暫くじいっとして待っていた。

Franz didn't ask Kisei for a long time, so I thought he was wrong in his feelings of time and waited for a while.

 木精はやはり答えない。

Kisei still does not answer.

 フランツはじいっとしていつまでもいつまでも待っている。

Franz is waiting forever and ever.

 木精はいつまでもいつまでも答えない。

Kisei will never answer.

 これまでいつも答えた木精が、どうしても答えないはずはない。

Kisei, who has always answered, can't help but answer.

もしや木精は答えたのを、自分がどうかして聞かなかったのではないかと思った。

I wondered if Kisei hadn't heard the answer.

 フランツは前より大きい声をしてハルロオと呼んだ。

Franz called Harloo with a louder voice than before.

 そしてまたじいっとして待っている。

And I'm waiting for you again.

 もう答えるはずだと思う時間が立つ。

There is time to think that I should answer.

 山はひっそりしていて、ごうごうという谷川の音がするばかりである。

The mountain is quiet, and there is only the sound of Tanigawa moving.

 また前に待った程の時間が立つ。

The time was as long as I had waited before.

 聞こえるものは谷川の音ばかりである。

All you can hear is the sound of Tanigawa.

 これまではフランツはただ不思議だ不思議だと思っていたばかりであったが、この時になって急に何とも言えない程心細く寂しくなった。

Until now, Franz had just thought that it was strange and strange, but at this time he suddenly became so lonely and lonely that he couldn't say anything.

譬えばこれまで自由に動かすことの出来た手足が、ふいと動かなくなったような感じである。

It feels like the limbs that I could move freely until now have stopped moving.

麻痺の感じである。

I feel paralyzed.

麻痺は一部分の死である。

Paralysis is a partial death.

死の息が始めてフランツの項に触れたのである。

The breath of death first touched Franz's section.

フランツは麻のようなブロンドな髪が一本一本逆に竪つような心持がして、何を見るともなしに、身の周匝を見廻した。

Franz had the feeling that hemp-like blonde hair was standing upright one by one, and looked around his body without looking at anything.

目に触れる程のものに、何の変った事もない。

Nothing has changed to something that you can see.

目の前には例の岩が屏風の様に立っている。

The rock in front of me stands like a folding screen.

日の光がところどころ霧の幕を穿って、樅の木立を現わしている。

The light of the sun pierces the curtain of fog here and there, revealing a grove of eagles.

風の少しもない日の癖で、霧が忽ち細い雨になって、今まで見えていた樅の木立がまた隠れる。

Due to the habit of a day with no wind, the fog suddenly turned into thin rain, and the fir grove that had been visible until now was hidden again.

谷川の音の太い鈍い調子を破って、どこかで清い鈴の音がする。

Breaking the thick and dull tone of Tanigawa's sound, there is a pure bell sound somewhere.

牝牛の頸に懸けてある鈴であろう。

It would be a bell hanging on the neck of a cow.

 フランツは雨に濡れるのも知らずに、じいっと考えている。

Franz is thinking about it without knowing that it will get wet in the rain.

余り不思議なので、夢ではないかとも思って見た。

It's so strange that I thought it might be a dream.

しかしどうも夢ではなさそうである。

However, it doesn't seem to be a dream.

 暫くしてフランツは何か思い付いたというような風で、「木精は死んだのだ」とつぶやいた。

After a while, Franz seemed to come up with something, and muttered, "Kisei is dead."

そしてぼんやり自分の住んでいる村の方へ引き返した。

Then I vaguely turned back to the village where I lived.

 同じ日の夕方であった。

It was the evening of the same day.