文学その2

『青空文庫』にある作品を『Google Translate』で英訳してみました。

木精:森 鴎外(63-112)/112

フランツはどうも木精の事が気に掛かってならないので、また例の岩の処へ出掛けた。

Franz didn't care about Kisei, so he went to the rocks again.

 この日丁度|午過から極軽い風が吹いて、高い処にも低い処にも団がっていた雲が少しずつ動き出した。

Just on this day | A very light wind blew from the afternoon, and the clouds that had gathered in high and low places began to move little by little.

そして銀色に光る山の巓が一つ見え二つ見えて来た。

Then I saw one and two silvery mountain ridges.

フランツが二度目に出掛けた頃には、巓という巓が、藍色に晴れ渡った空にはっきりと画かれていた。

By the time Franz went out for the second time, a ridge called 巓 was clearly depicted in the clear blue sky.

そして断崖になって、山の骨のむき出されているあたりは、紫を帯びた紅に※うのである。

Then, when it becomes a cliff and the bones of the mountain are exposed, it becomes a purple-tinged red *.

 フランツが例の岩の処に近づくと、忽ち木精の声が賑やかに聞えた。

When Franz approached the rock, I heard the voice of Kisei lively.

小さい時から聞き馴れた、大きい、鈍い、コントルバスのような木精の声である。

It is a loud, dull, controllbus-like wood spirit voice that has been heard since childhood.

 フランツは「おや、木精だ」と、覚えず耳を欹てた。

Franz screamed, "Oh, it's Kisei."

 そして何を考える隙もなく駈け出した。

And I started running without a chance to think about anything.

例の岩の処に子供の集まっているのが見える。

You can see children gathering at the rock.

子供は七人である。

There are seven children.

皆ブリュネットな髪をしている。

Everyone has brewnet hair.

血色の好い丈夫そうな子供である。

A tough child with a good complexion.

 フランツはついに見たことのない子供の群れを見て、気兼をして立ち留まった。

Franz finally saw a flock of children he had never seen before and stopped with a sense of urgency.

 子供達は皆じいっとして木精を聞いていたのであるが、木精の声が止んでしまうと、また声を揃えてハルロオと呼んだ。

The children were all listening to Kisei, but when Kisei's voice stopped, they all called Haruroo again.

 勇ましい、底力のある声である。

A brave, strong voice.

 暫くすると木精が答えた。

After a while, Kisei replied.

大きい大きい声である。

It is a loud and loud voice.

山々に響き谷々に響く。

It echoes in the mountains and in the valleys.

 空に聳えている山々の巓は、この時あざやかな紅に染まる。

The mountain ridges towering in the sky are dyed in bright crimson at this time.

そしてあちこちにある樅の木立は次第に濃くなる鼠色に漬されて行く。

And the fir groves here and there are soaked in the gradually darkening gray color.

 七人の知らぬ子供達は皆じいっとして、木精の尻声が微かになって消えてしまうまで聞いている。

The seven unknown children were all listening until Kisei's ass voice became faint and disappeared.

どの子の顔にも喜びの色が輝いている。

The color of joy shines on every child's face.

その色は生の色である。

That color is the raw color.

 群れを離れてやはりじいっとして聞いているフランツが顔にも喜びが閃いた。

Franz, who had left the flock and was still listening, had a joy in his face.

それは木精の死なないことを知ったからである。

That is because I knew that Kisei would not die.

 フランツは何と思ってか、そのまま踵を旋らして、自分の住んでいる村の方へ帰った。

Franz thought, he turned his heels as it was and returned to the village where he lived.

 歩きながらフランツはこんな事を考えた。

Franz thought about this while walking.

あの子供達はどこから来たのだろう。

Where did those children come from?

麓の方に新しい村が出来て、遠い国から海を渡って来た人達がそこに住んでいるということだ。

A new village has been created at the foot of the mountain, and people from distant countries who have crossed the sea live there.

あれはおおかたその村の子供達だろう。

Most of them are the children of the village.

あれが呼ぶハルロオには木精が答える。

Kisei answers the Haruroo that he calls.

自分のハルロオに答えないので、木精が死んだかと思ったのは、間違であった。

It was a mistake to think that Kisei had died because he didn't answer his Haruroo.

木精は死なない。

Kisei does not die.

しかしもう自分は呼ぶことは廃そう。

However, I will not call myself anymore.

こん度呼んで見たら、答えるかも知れないが、もう廃そう。

If you call it this time, you may answer, but it's going to be abolished.

 闇が次第に低い処から高い処へ昇って行って、山々の巓は最後の光を見せて、とうとう闇に包まれてしまった。

The darkness gradually rose from the low to the high, and the mountains showed the last light, and finally it was wrapped in darkness.

村の家にちらほら燈火が附き始めた。

Lights began to light up in the village houses.

(明治四十三年一月)

(January, Meiji 43)

底本:「普請中 青年 森鴎外全集2」ちくま文庫、筑摩書房

Bottom book: "Under construction youth, Ogai Mori complete works 2" Chikuma Bunko, Chikuma Shobo

   1995(平成7)年7月24日第1刷発行

First print issued on July 24, 1995 (Heisei 7)

底本の親本:「筑摩全集類聚版森鴎外全集」筑摩書房

Parent of the bottom book: "Complete Works of Chikuma, Jyuban Ogai Mori Complete Works", Chikuma Shobo

   1971(昭和46)年4月~9月刊

April-September 1971 (Showa 46)

入力:鈴木修一

Input: Shuichi Suzuki

校正:mayu

Calibration: mayu

2001年7月31日公開

Published July 31, 2001

2006年4月28日修正

Revised April 28, 2006

青空文庫作成ファイル:

Aozora Bunko Creation File:

このファイルは、インターネットの図書館、青空文庫(http://www.aozora.gr.jp/)で作られました。

This file was created at Aozora Bunko (http://www.aozora.gr.jp/), an internet library.

入力、校正、制作にあたったのは、ボランティアの皆さんです。

Volunteers were involved in the input, calibration, and production.